小幌駅はすごい駅

日本各地に「すごい駅」と呼ばれる駅があります。 日本を代表する鉄旅界最強の共著がこちらです。 この本は3年前の2016年8月に発刊され私も購入させていただきました。 横見さんとは直接お会いしたことがありませんが、牛山さんとは6年前札幌で直接お会いし鉄道談義させていただきました。 お会いした場所は私が日頃良く利用させていただいている「北のたまゆら桑園店」です。 …

続きを読む

日本全国・鈍行列車ランキング

本日も鉄道の話題です。 最近当ブログでご紹介している「秘境駅」。 広島県在住の牛山隆信さんが全国の秘境駅を探訪され、その秘境度をランキングをされています。 ●秘境駅へ行こう! http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/ 本日そのHPを読むとTOPページに気になる文字が・・・ 「日本全国・鈍行列車ランキング(試行版)を公…

続きを読む

北秩父別駅 ※秘境駅

今月11日の北海道新聞朝刊札幌圏紙面において「秘境、ひそかな人気」と題して秘境駅の特集記事がありました。 秘境駅探訪家の牛山隆信氏が留萌本線「北秩父別駅」を訪問した時の様子を伝えていました。 「北秩父別駅」は牛山隆信氏が付けられた全国秘境駅ランキング第59位に位置付けられています。 先日、彼岸入りの日に故郷へ墓参りに行った帰りに立ち寄ってみました。 私…

続きを読む

姫川駅 ※秘境駅

シルバーウィークに入りましたね。 連休中の天気は概ね良好のようですので、外へお出掛けになる方も多いのではないでしょうか。 さて、そんな天気の良い日は「秘境駅」探訪が良いですね。(笑) まぁ、そんな事を考えるのは鉄道マニアの人間だけかもしれませんが・・・ 今回ご紹介する秘境駅は函館本線にある「姫川駅」です。 それでは地図をご覧下さい。 …

続きを読む

秘境、ひそかな人気

本日付北海道新聞朝刊、札幌圏紙面において「秘境、ひそかな人気」と題して秘境駅の特集記事がありました。 中でも日本一の秘境駅である「小幌駅」は全国の秘境駅ファン注目の駅です。 秘境駅とは辺りに民家もなく静寂な中にぽつんと存在し乗客の乗り降りも少ない駅を指します。 秘境駅の詳細に関しては下記サイトをご参照願います。 ■「秘境駅へ行こう!」ホームページ http://hp…

続きを読む

上白滝駅

久々に鉄道ネタをお送りします。 網走・北見方面から旭川・札幌方面へ行く場合、以前は距離的に短い国道39号を利用する方が多かったのですが、途中にある石北峠は急勾配・急カーブが続き、特に冬期間はスリップ事故が多発する危険地帯でした。 その後旭川(正確には比布町)から、白滝・丸瀬布・遠軽を経由し紋別へ至る旭川紋別自動車道が計画され、並行してあった国道333号のバイパスとして多くの方が利用す…

続きを読む

絵笛駅(日高本線) ※秘境駅

ここしばらく昔訪問した温泉の回顧編をお伝えしてきました。 温泉大好き人間の温泉マンですが、鉄道も大好きなのでこちらの話題も書いてみたいと思います。 先月上旬日高地方へ出張した際、JR北海道日高本線にある秘境駅に立ち寄ってみました。 その駅とは「絵笛(えふえ)駅」です。 秘境駅ランキング全国34位です。 この日は最高の天気でした。 ↑【絵笛駅へ】 …

続きを読む

豊ヶ岡駅 ※秘境駅

今回は空知からロングテールな情報をお伝えします。 ITを活用した地域情報発信を行う場合、選りすぐられた情報ばかりを提供するのではなく地域に存在する隠れた穴場スポット等が含まれている事も大変重要なポイントになります。 世の中には一般の方からはちょっと理解し難い趣味をお持ちの方や物事に興味を持ち感動する方がいます。 例えば温泉の世界では通常一般の方が訪れる事のない「秘湯・野湯」と言った…

続きを読む

花咲駅 ※秘境駅

GW期間中に行った道東の旅をレポートしていますが、少し記事に変化がなくなってきたので少し前倒しで掲載し、次の記事に移行したいと思います。 そうしなければ温泉の記事がなかなか登場しませんので・・・(笑) 北海道で三大ガニと言えば、タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニですが、四大ガニと言った場合これに花咲ガニが加わります。 花咲ガニはここ根室界隈が漁獲地のカニです。 トゲトゲ感の風貌が特徴…

続きを読む

昆布盛駅 ※秘境駅

今回の道東の旅で必ず立ち寄ってみたい駅がいくつかありました。 古瀬駅、初田牛駅そして今回紹介する昆布盛駅です。 いずれも秘境駅と呼ばれている駅です。 今回紹介する「昆布盛駅」にも多くの秘境駅ファンが訪れています。 昆布盛駅前を道道142号根室浜中釧路線が走っています。 私は昆布盛漁港がある市道側から今回やってきました。 ↑【昆布盛駅】 昆布盛漁港側から来…

続きを読む

古瀬駅 ※秘境駅

ゴールデンウィーク期間中はどこへも出かけない予定でしたが、私の旅好きの虫が騒ぎ始めたので、5/3深夜に自宅を出発し道東の旅へ出発しました。 もちろん温泉に入る予定もありますが、一番の目的は道東にある秘境駅を訪ねることです。 秘境駅とは、牛山隆信氏が名付け親で、日本全国の鉄道路線に現存する周囲に人家の少なく大自然の真っ只中にあるような駅を指します。 また牛山氏はその秘境駅に対し独…

続きを読む

北豊津駅

引き続き秘境駅に関する話題です。 秘境駅の多くはごく限られた人しか利用していない場合がほとんどです。 したがって通学生や通院・買い物等、いつも顔なじみの方の利用が多くなっています。 このように秘境駅を訪問しても滅多に乗降客とお会いする機会がないのですが、今回は偶然地元の方とお会いする事ができました。 今回紹介する秘境駅は函館本線にある北豊津駅です。 長万部駅から函館…

続きを読む

小幌駅 後編

小幌駅レポートの後編です。 乗車して来た列車は汽笛を残しトンネルの奥へと走り去って行きました。 そしてこの時この無人駅にいるのは私一人だけとなりました。 小幌駅はトンネルとトンネルの間に存在する駅です。 (地形的環境からすれば新幹線の新神戸駅的感じです(笑)) 駅構内の様子をお伝えします。 ↑【小幌駅】 上り方向(長万部・函館方面)を見たトンネルの様子で…

続きを読む

小幌駅 前編

この駅名を聞いて今回ご紹介する駅がどのような類の駅なのかがわかった方はかなりの鉄道オタクです。 そうなんです。私も大の鉄道ファンなんです。(オタクの域にはまだ達していません)(笑) 記事が長くなりますので前編、後編の2回に分けてお伝えします。 私は勝手にそのオタク度を下記のように分類しています。 (低)   ← オタク度 → (高)    「鉄道ファン」 → 「…

続きを読む