「一日散歩きっぷ」の旅 #4 登別~東室蘭~長万部

「一日散歩きっぷ」の旅4回目は、登別駅から東室蘭駅を経由して長万部駅までをお伝えします。

登別駅13:29発室蘭行普通列車に乗車し東室蘭駅まで行きます。

乗車20分ほどで東室蘭駅到着です。

s-640-DSC_1726.jpg


ここでは7分の待ち合わせで長万部行普通列車が接続となります。

s-640-DSC_1727.jpg


ここから東室蘭までも「H100系」になります。

s-640-DSC_1728.jpg



東室蘭駅から長万部駅へは1時間32分の乗車となります。

この列車はあの日本一の秘境駅「小幌駅」に停車します。

s-640-20210403_151012.jpg

s-640-DSC_1735.jpg


今回、5~6名の方が下車されました。

この列車で小幌駅に下車すると35分間の滞在で東室蘭駅の列車で戻ることができます。

そのためこの列車で小幌駅を訪ねる方が多くなっています。


列車は定刻15:28に長万部駅に到着しました。

s-640-DSC_1740.jpg


今乗ってきた列車です。

s-640-DSC_1747.jpg


跨線橋を渡り一旦改札をでます。

s-640-DSC_1748.jpg



次に乗車する列車は16:38発小樽行で、1時間少々待ち時間がありますので、長万部温泉で入浴させていただきます。

駅を出て左手に進むと、温泉への近道である歩道橋(跨線橋)の場所へ出ます。
今回は、かなやの「かにめし」を調達してから向かいたいと思います。

s-640-DSC_1749.jpg


購入後、一本線路寄りの道を歩くと温泉近道に到着です。

s-640-DSC_1750.jpg


この歩道橋(跨線橋)を越え線路反対側へ向かいます。

s-640-DSC_1751.jpg



歩道橋(跨線橋)から長万部駅を望みます。

s-640-DSC_1753.jpg


この光景から長万部駅が大変重要な駅であることが窺えます。


大きな空き地があります。

s-640-DSC_1754.jpg


ここにはかつて長万部機関区扇形車庫と転車台がありました。
1976年(S51)、国土地理院航空写真にそれが写っています。

https://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=876769&isDetail=true


歩道橋を渡りきるとそこに長万部温泉郷があります。


次回は長万部温泉郷入浴をお伝えします。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント