硫黄泉もいいけど、やっぱり強酸性泉が大好き!!

温泉には色々な泉質があり温泉を訪ねる目安の一つになっています。
私は現在、糖尿病予備軍です。
できれば温泉の力を借りて克服できたら最高ですねww

という事で本来私は大の硫黄泉ファンなのですが、自分の身体を考慮し「酸性」の湯、それも「強酸性泉」に入浴するようにしています。


日本一の酸性泉は皆さんご存知の通り秋田県にある「玉川温泉」です。
https://www.tamagawa-onsen.jp/

そのPHは「1.12」です。

s-1280-玉川温泉_P6230071.jpg

玉川温泉温泉分析書.JPG
※「日本温泉協会」HPより引用


玉川温泉は温泉入浴もさることながら「岩盤浴」が一番効果的です。
これは現地を訪ねた者にしかわかりません。

s-1280-P6230044-矢印.jpg


そして日本で2番目の酸性泉と言われるのが大分県にある「塚原温泉」です。
https://www.tukaharaonsen.jp/

s-SANY0067.jpg
s-1280-22_塚原温泉20080718_温泉受付.jpg


いくら強酸性泉が好きだからといって、北海道から秋田県や大分県を訪ねることは困難です。


しかし!!

北海道にも強酸性泉の名湯が存在します。

それは道東、弟子屈町にある「川湯温泉」です。
https://www.masyuko.or.jp/kawayu_m/


宿泊のお勧めは「欣喜湯」です。
https://www.kinkiyu.com/

s-1280-欣喜湯_P1300368.jpg


こちらの写真はリニューアル前の浴槽です。

s-1280-欣喜湯_2013-06-26 04.47.32.jpg
s-1280-欣喜湯_P6250032.jpg


そのPHは「1.8」です。

s-1280-2015-11-01 11.32.48.jpg


この湯を宿に泊まることなく日帰り利用可能です。
https://www.masyuko.or.jp/introduce/kawayukoshu_y/

s-1280-2015-11-01 11.31.07 HDR-1280.jpg
s-1280-2015-11-01 11.50.04.jpg


やっぱり川湯温泉はただならぬ温泉ということがわかります。


今月久しぶりに宿泊させていただきます。


温泉だけでなく各種アミューズメント豊富な弟子屈町に皆さん訪ねてみませんか?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント