北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #10 「湯けむりの旅北海道 9/76」  千走川温泉 

<<   作成日時 : 2018/08/05 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録9湯目は「千走川温泉」訪問記です。

皆さん、「千走川温泉」・・・

正しくお読みになれますか?


正解は「ちはせがわおんせん」と読みます。
http://www.vill.shimamaki.lg.jp/category/detail.php?category=tourism&content=111

場所は島牧村(しままきむら)にあります。
http://www.vill.shimamaki.lg.jp/


道の駅よってけ島牧から6.4km、山中に入った場所にあります。
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/588/




島牧中心部より国道を左折すると案内看板があります。

画像

画像



案内看板にあるとおり狭い道(?)になっていますので注意して走行しましょう。

交通量は極めて少ないですがスピードの出し過ぎに注意しましょう!
ちなみに温泉まで舗装路となっています。

画像

道外の方にとって、この程度の道は狭いと言わないかもしれませんが・・・





1991年3月訪問時の写真です。

画像



その後2013年6月に再訪しています。

画像



内風呂の様子です。

画像



そしてこちらが露天風呂です。

画像



温泉前に道路がありますが交通量が少ないため静かな環境でゆっくりと入浴を楽しむ事ができます。

画像




もし
「千走川温泉の魅力って何ですか?」

と聞かれたら

私は
「静けさと爽やかな空気」

と答えます。


正直「静けさと爽やかな空気」と言えば道内多くの温泉で感じる事ができることと思います。

しかし千走川温泉にはココでしか感じる事ができない不思議なオーラがあり一度訪ねるとまた来てみたいと思わせてくれます。


その不思議な要素について私なりに分析すると・・・

・公共交通機関では来ることができない場所だが車だと比較的容易に来られる
・山奥の秘湯だとダート道だったりするがココは全面舗装路になっている
・急勾配の山道はなく平坦路を走行でき危険箇所もない
・ヤマベのフライと塩降り焼き、ニジマスの刺身が絶品
・近郊に道内を代表する多くの名湯・秘湯がある


etc...


例えば

「こうした条件に合致する道内の温泉が何処にありますか?」

と聞かれたら、私は即答できません。

ということはココが道内でも希少な環境にある温泉に他ならないという事です。





温泉前の道路を山中へ入ると「賀老の滝」があります。
しかし、滝へ通ずる遊歩道の危険性が判明したため今年度は通行禁止になっています。
http://www.vill.shimamaki.lg.jp/category/?category=tourism


また、龍神様の御神水と呼ばれる「ドラゴンウォーター」も有名です。
賀老の滝に注ぐ川の岩の割れ目から湧いています。
http://www.vill.shimamaki.lg.jp/category/detail.php?category=tourism&content=107

画像




今回のシリーズでご紹介させていただいた「モッタ海岸温泉」も島牧村にある温泉です。
https://makiken.at.webry.info/201807/article_8.html


そして島牧村には「宮内温泉」もあります。
https://guunaionsen.jimdo.com/

画像



そういえばこんな温泉も島牧村にありましたが、湯量枯渇により短期間の営業で閉鎖となりました。

画像



そして2000年近くまでは温泉周辺まで車で行けた究極の秘湯も島牧村にあります。
ここがその入口です。

今は片道6時間以上、徒歩でなければ行くことはできません。そしてこの界隈はヒグマ生息地帯です。

画像




自然豊で名湯がありそして海の幸、川の幸が美味しい島牧村へ出掛けてみてはいかがでしょうか?



■「千走川温泉」はこちらです。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #10 「湯けむりの旅北海道 9/76」  千走川温泉  北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる