北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道観光列車モニターツアー乗車記 その10「復路、列車の旅・稚内駅」

<<   作成日時 : 2017/11/12 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ旅の折り返しとなります。
モニターツアー宗谷本線Bコース2日目は稚内駅から旭川駅までリゾート列車「ノースレインボーエクスプレス」での移動となります。
先ずはホテルで名物の朝食をいただく事にします。


ドーミーイン稚内の朝食と言えば・・・
http://www.hotespa.net/hotels/wakkanai/hotel/#anc-01

画像



今年、鮭が不漁のため「いくら」が高騰しています。

と言うことでここぞとばかりいただきました。

画像


飲物もご当地を感じるものが置かれていました。これってとても嬉しいですね。

画像

画像



朝食後は一旦部屋に戻りチェックアウトの準備です。


部屋の窓からフェリー出航の様子が見えました。

画像



この日、天候は思わしくないとの予報ですがどうなるでしょうか。

先ずは稚内駅へ向かいます。徒歩2分ほどです。
http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/53_wakkanai/hq_wakkanai_tour/tour.html


私と同じく復路を列車利用となる参加者の皆さんが稚内駅に集合しています。

画像



何やら窓際に多くの皆さんが集中しています。

画像



そうです、稚内駅と言えば日本最北の駅ですので、この写真は外せません。

画像



ホームには稚内市のゆるキャラ「出汁之介」「りんぞうくん」がスタンバイです。
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000128
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/sangyo/kanko/rinzou.html

画像



今回のツアー参加者(宗谷本線Bコース)には出発時記念乗車券が配布されました。

画像



この乗車券がなくても稚内駅から復路の列車には乗車できます。あくまでも記念品として主催者の方がご用意いただいたものです。

こうした心遣いがとても深く印象に残ります。


さて、ホームへと向かいます。


横断幕で歓迎です。とっても嬉しいです。

画像


そして今回乗車する「ノースレインボーEXP」が入線です。

鉄道ファンのみならず参加者の多くがカメラを向けます。

画像

画像



それでは列車に乗り込むことにします。

画像

画像


列車は定刻8:32、稚内駅を多くの方のお見送りをいただきながら旭川に向け発車しました。

昨日の往路は7時間かけバスで稚内へやってきました。

復路は9時間かけ途中下車しながら旭川駅へと向かいます。


列車は出発後お隣の南稚内駅を通過します。

画像



列車内は二人掛けに席に一人利用ですので大変ゆったりとしています。

画像




さらに列車はハイデッガータイプで窓も広く視線も高い位置ですので車窓が抜群です。

今回ご一緒いただいたこちらの方もご満足いただいているようです。

画像




復路は往路のバスと違い車内アナウンスがあります。


やがて列車は右手に宗谷本線で唯一「海」が眺められる区間を通過します。

画像





さて、復路では途中の沿線駅でいろいろなお出迎えが用意されているようです。

どんな出会いが待っているかとても楽しみです。



※今回の日本最北の駅、稚内駅で強く感じた事があります。

それはここからJR最南端の駅「西大山駅」まで、のんびりと列車旅がしたいという事です。

画像


画像



「日本最○○端の駅」ってやっぱり魅力一杯ですね。

画像

画像

画像


「ななつ星」、「四季島」、「瑞風」に乗るよりも稚内発西大山行(指宿行)に生きている間に乗れたらと思っています。


稚内駅から西大山駅まで3,095km。

一週間ほど掛けてのんびりと行きたいですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






北海道観光列車モニターツアー乗車記 その10「復路、列車の旅・稚内駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる