北海道観光列車モニターツアー乗車記 その1「自宅→旭川駅」

月日の流れも早いですね。もう11月に入り、今年も残すところ2ヶ月となりました。
先日、JRとバスを利用したモニターツアーに参加してきましたので備忘録としてブログに残したいと思います。

昨年11月18日、JR北海道は「当社単独では維持することが困難な線区について」を発表しました。
https://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161215-4.pdf#page=1&zoom=auto,-70,847

ここままの状態で鉄道事業を続け赤字を垂れ流しにしていると2020年度にJR北海道は経営破綻してしまうという事のようです。


この発表後、各方面から多くの意見が飛び出しました。

その詳細については多くの議論が交わされていますので申し訳ありませんが今回この場では割愛させていただきます。


それを聞いた北海道ではJR北海道路線存続に向け、その施策の一つとしてJR九州を始め道外の鉄道会社で運行され人気を博している「観光列車」に注目し「北海道観光列車旅行者動向調査モニターツアー」を実施することとなりました。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stk/kanko_train_tours.htm


公募入札の結果、モニターツアー委託先は「日本旅行」となりました。
http://www.nta.co.jp/kokunai/hokkaido/monitor/


私は、10/28(土)、10/29(日)で催行された「大地の恵み体感1泊2日最北への旅路・宗谷本線」(【旭川発~稚内~旭川着、片道バス使用】)に参加して「きました。

この宗谷本線ツアーには2つのルート設定されています。

画像



私が参加したのは「往路」がバスで「復路」が鉄道のBコースです。



早朝自宅をバスで出発し札幌駅へ向かいます。

画像



嬉しいことにお天気は最高です!!

画像



今回のツアーをとても楽しみにしていて気持ちが高ぶっていたこともあり朝早く目が覚め予定よりも早いバスに乗車し札幌駅に到着しました。

画像



今回のモニターツアー出発地は旭川駅ですので旭川までの「Sきっぷ」を購入します。

画像




旭川迄であれば旭川駅終着の特急ライラックやカムイで行くのが通常ですが、ここは敢えて稚内行「宗谷」に乗車します。

画像


画像


画像



4号車自由席窓際に無事着席できました。


出発後、お決まりのポイントで撮影です(笑)

画像



旭川までは1時間20分程の移動時間ですが、列車ならではの旅ということで・・・

はい!! 「呑み鉄」開始です

画像



この日のお天気は最高で車窓を楽しみながら大好きな日本酒をいただきます。

実は、現在私は糖尿病予備軍ですが、モニターツアー2日間だけは忘れる事に決めました


列車はやがて私の生まれ故郷である「妹背牛駅」を通過です。

画像

画像


駅名標を入れて撮ろうと思っていたのですが少し酔いが回っていたのでうまくいきませんでした(^_^;)


そうこうしているうちに列車は旭川駅に到着です。


駅通路、7番線ホームに臨時列車案内が表示されていました。

画像

画像



一旦改札口を出て、ツアー集合場所に向かいます。

集合場所はまだ準備中でした。

何やら凄い事が始まりそうな予感です

画像



程なくして今回のモニターツアーに参加される東京から友人も旭川空港から旭川駅に到着し、ツアー受付開始となりました。

画像



これからモニターツアー出発式が行われます。


1泊2日間のバス&観光列車旅、どんな出会いが待っているでしょうか?


とても楽しみです。


※次回、その2から実際のモニターツアー状況をお伝えしたいと思います。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック