東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その6 「川原毛大湯滝」

今回の旅はタイトルにもありますが、「温泉&鉄分補給」です。
マイカーの旅という事もあり寄り道の多い旅となっています。
これは列車と違い車ならではの旅の醍醐味でもあります。

奥羽本線「及位駅」で昼食として山形を代表する駅弁「牛肉どまん中」を大変美味しくいただきました。
http://www.shinkineya.com/bentou/

閑静な無人駅で食べる人気駅弁は格別な感があります。


さて、及位駅を後にして秋田県の秘湯「川原毛大湯滝」に向かいます。
http://www.city-yuzawa.jp/midokoro02/711.html


「川原毛大湯滝」は北海道で言えば「カムイワッカの滝」のような場所で大自然(滝)がそのまま温泉なっている所です。


この日は雨模様ですので現地の状況によっては入浴を中止するかもしれません。


途中、道の駅おがち「小町の郷」に立ち寄ります。
http://www.michinoeki-ogachi.co.jp/


その後国道13号から県道51号へと入ります。




画像



県道51号を山中へと進行します。

画像

画像




しばし道なりに進行し途中から狭い道を4km程登って行きます。
※お天気が雨だったことと狭い道の運転のため途中の写真がありませんのでGoogleストリートビューでご確認願います。










やがて右手に駐車場が見えてきます。




ここが川原毛大湯滝駐車場です。

画像



駐車場到着時も雨が降り続いています。


川原毛大湯滝への道は雨の影響をそれほど大きく受けていない様子ですので入浴を決行させていただきます。


川原毛大湯滝へはこちらの建物横の入口から徒歩でのみ(約15分)で可能となっています。

画像



駐車場と川原毛大湯滝の位置関係です。







温泉分析書が掲示されています。

泉質は「酸性-含二酸化炭素・鉄(II)-塩化物泉」です。

画像



平日の雨模様と言うこともあり駐車場には私の車1台のみです。


何かあっても携帯も圏外ですので安全に気を付けて行って来たいと思います。

画像




出だしは比較的平坦な歩きやすい道となっています。

画像

画像



渓谷美が良いですね。

画像

画像



比較的平坦だった道も急な下り坂になってきました。

画像

画像

画像



やがて木々の間から滝の音と滝が見え隠れしてきました。

脱衣小屋らしきものも見えています。

画像



歩くこと15分、川原毛大湯滝に到着です。

画像



脱衣小屋は滝に向かって左手手前奥の小高い場所にあります。

画像



雨が降っていなければ、その辺で服を脱ぐのですが、今回は脱衣所を利用させていただきます。

画像

画像



ここ川原毛大湯滝は水着着用での利用となっています。


脱衣所から湯滝の方へ降りていきます。

画像



大湯滝の湯壷の全体像を少し離れた場所からの写真で確認するとこんな感じです。

画像


画像




それでは失礼して入らせていただきます。

画像


画像


湯温は38度程度と温めです。

7月以降になるともう少し熱い湯になるとのこと・・・

帰りは来た道を登りながら戻る事になります。

無事駐車場に戻り、念願の湯に入れた事をとても嬉しく思っています。


さて、この後はこの近くにある秘湯に立ち寄った後、本日の宿泊先の宿へ向かいたいと思います。


その模様はその7へ続きます。




※6/21(水)、この記事での走行距離 「及位駅(奥羽本線)」→「川原毛大湯滝」 36km

■ 「及位駅(奥羽本線)→「川原毛大湯滝(駐車場)」までの走行ルート■










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック