アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「フェリー」のブログ記事

みんなの「フェリー」ブログ

タイトル 日 時
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その28(最終回) 「まとめ」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その28(最終回) 「まとめ」 6泊7日で巡った今回の「東北湯めぐりと鉄分補給の旅」を27回にわたり訪問記を綴ってきました。 今回の旅のきっかけは日本源泉かけ流し温泉協会が年に1回、加盟する協会員温泉地で開催している「源泉かけ流し全国温泉サミット」が今年は山形県の湯田川温泉で開催されるためそれに参加することでした。 http://www.gensen-kakenagashi.jp/ 温泉サミットのみ参加するのはもったいないので、ついでに山形県の名湯・秘湯を巡ろう考えていたら、いつしか訪問したい温泉が秋田県、岩手県にも及ぶ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 09:06
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その27 「月岡温泉、新潟フェリーターミナル」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その27 「月岡温泉、新潟フェリーターミナル」 「東北湯めぐりと鉄分補給の旅」もいよいよ終盤に差し掛かりました。 今回の投稿が旅の行程レポートとしては最後になり、次回は今回の旅、総括の予定です。 県境の駅「小国駅」立ち寄りを終え再び「国道113号」を西へと進行します。 ちなみに「国道113号」は新潟県新潟市と福島県相馬市を結ぶ総延長239.1kmの重要幹線道路です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 09:10
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その26 「米坂線と道の駅」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その26 「米坂線と道の駅」 小野川温泉から県道234号を北上し途中県道233号に合流します。 その後国道121号(舘山バイパス)に入りJR東日本米坂線と平行して走る国道287号を目指します。 米坂線跨線橋手前右手に「さくらんぼ」の直売所がありました。 そういえば山形県と言えばこの時期「さくらんぼ」が旬のフルーツですね。 ということで購入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 08:22
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その25 「小野川温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その25 「小野川温泉」 「新高湯温泉 吾妻屋旅館」さんに入浴し、これで米沢八湯のうち、「滑川温泉」、「姥湯温泉」、「五色温泉」、「大平温泉」、「新高湯温泉」の5ヶ所を制覇しました。 最近は年齢的な事もあり連続して多くの湯に入れなくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 08:41
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その24 「新高湯温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その24 「新高湯温泉」 駐車場から徒歩でしか行けない「大平温泉」の余韻が残っているなか、「新高湯温泉」へ向け車を走らせます。 地図で見ると「大平温泉 滝見屋」さんと「新高湯温泉 吾妻屋」さんとは直線距離で2km程しかありません。登山道があるようですが車の場合はかなり迂回しないと辿り着くことができません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 08:56
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その23 「大平温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その23 「大平温泉」 米沢八湯である「五色温泉」に入浴しました。これで、「滑川温泉」、「姥湯温泉」、「五色温泉」と米沢八湯のうち3ヶ所入った事になります。 次は4ヶ所目となる「大平温泉 滝見屋」さんへ向かいます。 http://takimiya.blogdehp.ne.jp/ 地図で見ると直線的には近いのですが、大きく迂回して行きます。走行距離は約40km少々です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/17 07:10
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その22 「五色温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その22 「五色温泉」 米沢八湯の一つで山形県を代表する秘湯「姥湯温泉 枡形屋」の湯にも入ることができました。 姥湯温泉さんの露天風呂自体、正直他の秘湯と比べ特段驚く大きさや泉質という訳ではありませんが、温泉のある場所、つまりここに到達するまでのプロセスが北海道人の私にとって北海道では体験できないものだけに驚きと感動がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 09:06
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その21 「姥湯温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その21 「姥湯温泉」 米沢八湯の一つである秘湯「滑川温泉 福島屋」さんを後にして次の立ち寄り先も同じく米沢八湯の秘湯「姥湯温泉 枡形屋」さんへ向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/15 00:27
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その20 「滑川温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その20 「滑川温泉」 「峠駅」そして「峠の力餅」へ立ち寄り明日の購入予約させていただきましたので、今宵の宿である滑川温泉「福島屋」さんへ向かいたいと思います。 先程下りて来た道を今度は上って行き分岐点まで戻ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/14 05:37
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その19 「峠駅と峠の力餅」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その19 「峠駅と峠の力餅」 盛岡で「老舗白沢せんべい店」に立ち寄り義父へお土産を購入しました。 そろそろ高速に乗って次の目的地へ移動したいと思います。 盛岡市中心部から東北自動車道「盛岡南IC」へ向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 06:00
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その18 「いわて沼宮内駅と白沢せんべい」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その18 「いわて沼宮内駅と白沢せんべい」 「藤七温泉」では私の大好きな硫黄泉をじっくり堪能させていただきました。 当初予定では、八幡平アスピーテラインを岩手県側へ下りて行き、「松尾八幡平IC」から乗り「福島飯坂IC」までを東北自動車道で移動する行程でした。 この日、玉川温泉を当初予定より早めに出発したので、若干時間に余裕ができたので高速道路はもう少し先から乗りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 05:01
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その17 「藤七温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その17 「藤七温泉」 「ふけの湯」を満喫した後は八幡平アスピーテラインを東に進みます。 やがて秋田県と岩手県の県境に到着します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 07:37
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その16 「ふけの湯」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その16 「ふけの湯」 今回の東北旅で楽しみにしていたのが「岩盤浴」です。 玉川温泉では天候に左右されない「屋内岩盤浴」設備もありますが、やはり「岩盤浴発祥の地」の由来となった天然岩盤浴を堪能できたことを嬉しく思います。 22年前のゴールデンウィーク時は日帰りでの利用で何かと混雑し慌ただしかったのですが今回は天候にも恵まれじっくりと堪能する事ができました。 正直、これが体にどれだけの効果があるかは定かではありませんが、「プラシーボ効果」もあり自分自身がその効果を信じる事が一番かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 06:22
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その15 「玉川温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その15 「玉川温泉」 「秋田内陸縦貫鉄道」訪問を終え今宵の宿である「玉川温泉」へ向かいたいと思います。 http://www.fukenoyu.jp/ 打当温泉「マタギの湯」から今やって来た道を戻り国道105号を南下し県道321号へ入ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 07:38
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その14 「秋田内陸縦貫鉄道」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その14 「秋田内陸縦貫鉄道」 乳頭温泉郷湯めぐりも「休暇村」入浴により全部を制覇する事ができました。 これより当初予定になかった「鉄分補給」のため「秋田内陸縦貫鉄道」へと向かいます。 http://www.akita-nairiku.com/ できれば一駅でも乗車体験できればとHPで時刻表を調べたところ今回無理のようですが最寄りの「羽後中里駅」で列車の撮影ができそうなので向かいたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/07 08:23
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その13 乳頭温泉郷湯めぐり「休暇村」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その13 乳頭温泉郷湯めぐり「休暇村」 乳頭温泉郷湯めぐりも、いよいよ最後の一つ「休暇村」を残すのみとなりました。 朝一番、宿泊先だった「鶴の湯」にはじまり、孫六温泉、黒湯温泉、蟹場温泉、大釜温泉、妙の湯と連続して巡ってきました。 「湯めぐり帖」は一年間有効ですが一年以内にもう一度来られるか疑問ですので少々湯あたり気味ですが全湯制覇していきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 09:14
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その12 乳頭温泉郷湯めぐり「妙の湯」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その12 乳頭温泉郷湯めぐり「妙の湯」 乳頭温泉郷湯めぐりもあと2ヶ所を残すのみとなりました。 次に訪れるのは「妙の湯」です。 http://www.nyuto-onsenkyo.com/taenoyu.html 24年前、マイカーで家族旅をした際「鶴の湯」と「妙の湯」の2ヶ所に立ち寄りました。 その中で「妙の湯」での事がとても印象に残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 20:50
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その11 乳頭温泉郷湯めぐり「大釜温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その11 乳頭温泉郷湯めぐり「大釜温泉」 乳頭温泉郷「湯めぐり帖」で宿泊先の「鶴の湯」以外の6湯制覇をめざし回っていますが「孫六温泉」、「黒湯温泉」、「蟹場温泉」と3湯を連続していると流石に湯あたり気味になってきました。 少し休憩時間を取れば良いのですが、時間を無駄にしたくない私は引き続き「大釜温泉」へとやってきました。 http://www.nyuto-onsenkyo.com/ookama.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 06:32
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その10 乳頭温泉郷湯めぐり「蟹場温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その10 乳頭温泉郷湯めぐり「蟹場温泉」 朝、鶴の湯をチェックアウトして乳頭温泉郷「湯めぐり帖」を利用して「孫六温泉」、「黒湯温泉」と巡って来ました。 次に向かうのは「蟹場温泉」です。 http://www.nyuto-onsenkyo.com/ganiba.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 09:01
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その9 乳頭温泉郷湯めぐり「黒湯温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その9 乳頭温泉郷湯めぐり「黒湯温泉」 渓谷沿いの「孫六温泉」は心身共に癒される大変素晴らしい温泉でした。 鉄筋コンクリート造りと違い木造の施設であり温泉と自然の一体感で温もりを感じました。 そして浴室は脱衣室を含め清潔感に溢れていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 19:24
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その8 乳頭温泉郷湯めぐり「孫六温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その8 乳頭温泉郷湯めぐり「孫六温泉」 今回念願叶い、鶴の湯「本陣」に宿泊する事ができました。 24年前家族で来たときは、「鶴の湯」と「妙の湯」の2ヶ所を日帰り利用させていただきました。 今回、乳頭温泉郷宿泊者限定の「湯めぐり帖(1800円)」を購入しましたので、これで乳頭温泉郷全ての湯を巡りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 04:34
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その7 「泥湯温泉と乳頭温泉鶴の湯」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その7 「泥湯温泉と乳頭温泉鶴の湯」 秋田の大自然の湯「川原毛大湯滝」にやって来たら是非立ち寄りたい秘湯があります。 それは泥湯温泉「奥山旅館」です。 http://doroyu.sakura.ne.jp/ 残念ながら昨年7月火災が発生し今年日帰り入浴専用として再開となりました。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160713_43058.html 秘湯ファンとしては是非立ち寄りたいと思いますので向います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 07:36
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その6 「川原毛大湯滝」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その6 「川原毛大湯滝」 今回の旅はタイトルにもありますが、「温泉&鉄分補給」です。 マイカーの旅という事もあり寄り道の多い旅となっています。 これは列車と違い車ならではの旅の醍醐味でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 00:04
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その5 「高屋駅、新庄駅、及位駅」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その5 「高屋駅、新庄駅、及位駅」 温泉サミットワークショップは大変盛り上がって最後まで参加させていただきたかったのですが、次の予定もありますので中抜けさせていただき湯田川温泉を後にして秋田県の秘湯を目指し車を走らせます。 先ずは湯田川温泉にあるガソリンスタンドで給油です。 自宅出発前に給油以来276km走行してきました。 燃費は約13km/Lです。古い車としてはまずまずかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 06:41
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その4 「第13回源泉かけ流し全国温泉サミットin湯田川温泉」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その4 「第13回源泉かけ流し全国温泉サミットin湯田川温泉」 湯野浜温泉下区共同浴場で源泉かけ流しの湯を堪能させていただき今宵の宿であり 「第13回源泉かけ流し全国温泉サミットin湯田川温泉」開催地である山形県の名湯「湯田川温泉」に向かいます。 http://www.yutagawaonsen.com/ 初めて訪れる温泉地ですので大変楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 06:35
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その3 「湯野浜温泉下区共同浴場」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その3 「湯野浜温泉下区共同浴場」 秋田港下船後、秋田市内通勤時間帯の渋滞により「由利高原鉄道」への到着がギリギリになりましたが何とか「薬師堂」〜「矢島」間を往復乗車する事ができました。 http://www.obako5.com/ 水田地帯を駆け抜ける鉄道に、私の生まれ故郷である北海道空知地方を彷彿させてくれ心癒される時間でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 11:10
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その2 「由利高原鉄道」
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その2 「由利高原鉄道」 秋田港7:35、定刻に到着しましたが下船後由利高原鉄道の始発駅「羽後本荘駅」へ車を走らせましたが朝の通勤時間帯と重なり思うように進む事ができません。 羽後本荘駅9:04発の列車に間に合うかどうか微妙になってきました。 この日はスケジュールの都合でこの列車に乗らなければ全線往復乗車する事ができません。 これを逃すと一部の区間乗車もしくは最悪の場合車で本社のある矢島駅に向かう事になってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/06/27 15:41
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その1
東北湯めぐりと鉄分補給の旅 その1 6/18日(日)は父の日でしたが、私へのプレゼントはカミさんが今回の旅を許してくれた事です。 山形県湯田川温泉で開催される「第13回源泉かけ流し全国温泉サミットin湯田川温泉」に参加するのが主目的ですが、せっかくの機会ですので東北の温泉めぐりと鉄分も補給したく6泊7日の行程となりました。 http://www.gensen-kakenagashi.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 21:55
東日本フェリー
東日本フェリー 北海道と本州を結ぶフェリー航路を運行していた東日本フェリーが昨日の最終便を最後にフェリー事業から撤退しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/01 16:32
マイカーの旅 #11 「国道九四フェリー」
マイカーの旅 #11 「国道九四フェリー」 東京ラブストーリーロケ地であった梅津寺駅に立ち寄り、ひととき昔の余韻に浸ることができました。 さあ現実に戻り、ここ四国を離れ九州へ向かいます。 しまなみ街道経由で陸路からも行けますが、走行距離が長く時間も多く要しますのでフェリーを利用することにします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/30 00:28
マイカーの旅 #1 「新日本海フェリー」
マイカーの旅 #1 「新日本海フェリー」 昨日(正確には一昨日夜)よりいよいよ温泉マンマイカーの旅はスタートしました。 涼しい北海道の風に浸りながら車を小樽港へと走らせます。 小樽港には午後10時過ぎに無事到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/16 00:05
本州旅立ちに向けて #2
本州旅立ちに向けて #2 本州へ出発の日まであと3日となりました。 昨日車のオイル交換をしました。 あとは当日無事に小樽港へ行くのみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/11 00:41

トップへ | みんなの「フェリー」ブログ

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道人の独り言 フェリーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる