アクセスカウンタ

北海道人の独り言

プロフィール

ブログ名
北海道人の独り言
ブログ紹介
LOOK
いつも当ブログ「北海道人の独り言」にご訪問いただき誠にありがとうございます。
私、”温泉マン”は温泉大好きであると同時に鉄道大好き人間です。

温泉、鉄道の話題以外に北海道の観光情報について気ままに書き綴っています。

北海道観光マスター、温泉入浴指導員、温泉ソムリエ(★一つ星温泉ソムリエマスター)、温泉観光士です。

当ブログ記事に無関係あるいは不適当と思われるコメントは掲載をお断りいたします。(管理者権限で削除させていただきます)
またブログ記事に対するトラックバック(TB)は管理者の承認処理後の掲載とさせていただいております。記事と無関係な内容もしくは管理者が不適当と認めたTBに関しては掲載をお断りさせていただく事もございますので予めご了承願います。
※本ブログ内の記事、写真、画像等について、無断での使用、転載はご遠慮願います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「温泉」で健康増進
「温泉」で健康増進 私が温泉の世界に入り込んだのは30年前、独立起業した際、精神的ストレスにより1ヶ月間入院生活を余儀なくされ退院時主治医から「温泉歩きでもしたら」とのアドバイスによります。 多くの方は温泉入浴や飲泉が健康に良いことをわかっていても、それが科学的にどのような効果があるかの実証は今まで少なかったのですが最近その研究成果が増えてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 23:13
空知のソウルフード「なんこ」
空知のソウルフード「なんこ」 先日、鉄道に関した会議に出席するため富良野へ行ってきました。 その帰り、昼食をとるため「道の駅うたしないチロルの湯」に立ち寄りました。 http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2066/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/12 10:38
胆振線「蟠渓駅」跡とオサルの湯
胆振線「蟠渓駅」跡とオサルの湯 かつて北海道にあった国鉄胆振線は1986年11月1日、翌年4月の国鉄分割民営化を前に廃止となりました。 胆振線は室蘭本線「伊達紋別駅」と函館本線「倶知安駅」を結ぶ全長83.0km(この他に京極-脇方間7.5kmも存在)の路線でした。 この胆振線は当時地域の足であったことは勿論ですが、鉄道ファンに大変有名な路線でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 13:52
日本一の秘境駅「小幌駅」
日本一の秘境駅「小幌駅」 「小幌駅」・・・ その読み方も含め今までは鉄道マニアしか知らなかった駅が今や全国にその名が知れ渡るようになりました。 「小幌駅」は「こぼろえき」と読みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/28 14:01
我が家「命の水、美郷名水」と「カミホロ荘」
我が家「命の水、美郷名水」と「カミホロ荘」 ちょっと大袈裟な表現ですが、我が家では水道水ではなく湧き水を飲んでいます。 しかもその湧き水は自宅から160km離れた場所にあります。 湧き水を飲むきっかけは、カミさんが尿管結石を患い自宅の水道水を飲まなくなった事に始まります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 15:19
温泉旅館北都
温泉旅館北都 「温泉」に行きたい!!... そう思い立った時、行き先の選択肢は人それぞれいろいろな基準があるかと思います。 距離的なもの、泉質的なもの、眺望(景色・環境)的なもの、湯船の大小・露天風呂の有無等の設備的なもの、料金的なもの、混雑度、そして湯船の温度的なもの等があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 10:11
道南「温泉&鉄道」旅 その8 函館→自宅
道南「温泉&鉄道」旅 その8 函館→自宅 道南1泊2日の旅も今回が最終回となりました。 函館から自宅への帰路についてお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/09 13:58
道南「温泉&鉄道」旅 その7 観光列車「ながまれ海峡号」 後編
道南「温泉&鉄道」旅 その7 観光列車「ながまれ海峡号」 後編 前回、道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」前編として函館駅→木古内駅間をお伝えしました。 今回は木古内駅到着から折り返して函館駅までの模様を後編としてお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/08 08:50
道南「温泉&鉄道」旅 その6 観光列車「ながまれ海峡号」 前編
道南「温泉&鉄道」旅 その6 観光列車「ながまれ海峡号」 前編 今回の道南1泊2日の旅で最大の楽しみは、今年3月26日北海道新幹線開業と同時にJR北海道から江差線を継承した道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」に乗車することです。 http://www.shr-isaribi.jp/ 北海道初の観光列車でしかしもその初便に乗車します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 08:04
道南「温泉&鉄道」旅 その5 赤松街道
道南「温泉&鉄道」旅 その5 赤松街道 お気に入りのレストラン「ケルン」で昼食を終え今宵の宿がある函館市中心部へ向かうことにします。 国道5号を南下します。 七飯町峠下に「北海道昆布館」があります。 http://www.konbukan.co.jp/information/hokkaido.html 函館市は昆布の名産地で、ここ昆布館では近郊で獲れる昆布を試食しみながら購入できるとても素敵な場所です。 カミさんは特に道南で獲れる健康と美容に良い「がごめ昆布」がお気に入りですので立ち寄ってみます。 http://www.k... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 07:40
道南「温泉&鉄道」旅 その4 レストラン ケルン
道南「温泉&鉄道」旅 その4 レストラン ケルン 今回の旅は深夜0時に自宅を出発したので眠気も若干ありましたが、知内温泉入浴でそれは吹っ飛んでしまいました。 時刻は午前10時ですが青函トンネル撮影台を後にし昼食を食べたいと思います。 昼食の場所はカミさんも私もお気に入りのレストランへ向かいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/05 10:47
道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口
道南「温泉&鉄道」旅 その3 青函トンネル北の玄関口 今年3月26日、北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しました。 青函トンネルそのものは昭和63年3月13日に開業していたのですが、それから28年後ようやく青函トンネルに新幹線が走行することとなりました。 青函トンネルの北海道側出入り口は知内町湯の里にあります。 北海道から本州へと向かう新幹線、逆に本州から北海道へとやってきた新幹線を見てみたいと思う方も多いことと思います。 そんなニーズに応えて知内観光協会では「青函トンネル記念撮影台」を設置しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/04 09:14
道南「温泉&鉄道」旅 その2 知内温泉ユートピア和楽園
道南「温泉&鉄道」旅 その2 知内温泉ユートピア和楽園 道南は温泉の宝庫です。道南へ旅するということは温泉を外す事はできません 今回の旅最初の湯は北海道一歴史の古い「知内温泉ユートピア和楽園」に立ち寄りします。 http://www.hakonavi.ne.jp/spa/suburbs/warakuen/ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/03 12:56
道南「温泉&鉄道」旅 その1 深夜出発
道南「温泉&鉄道」旅 その1 深夜出発 今年はお陰様で3月から5月まで超多忙で平日のほとんどが地方出張の連続でまともに旅に出掛ける機会がほとんどありませんでした。 その過密スケジュールも一段落し、自分自身への慰労そしてカミさん孝行を兼ね5/28から1泊2日で道南の旅をすることとなりました。 移動はマイカーで出発は早朝を予定していたのですが、お天気がすこぶる良かったので深夜出発することとなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/02 11:01
朝倉温泉
朝倉温泉 私の温泉歩きは1985年(S60)7月起業独立した際、精神的ストレスにより入院、その後リハビリ目的で始まりました。 最初の頃は札幌近郊の温泉を巡るのみでしたが、徐々に温泉の素晴らしさに目覚め、温泉博士「松田忠徳」先生の本に出会い、湯巡りは北海道全体へと広がって行きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/25 20:44
増毛ノロッコ号 「後編」 増毛駅&比布駅
増毛ノロッコ号 「後編」 増毛駅&比布駅 今年12月4日(日)の運行をもって廃線が決定した留萌本線、「留萌−増毛」間を今年も「増毛ノロッコ号」が運転されました。 「前編」では新琴似駅から留萌駅までの行程をお伝えしましたが、今回はその「後編」をお伝えしたいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/09 14:52
増毛ノロッコ号 「前編」 留萌駅まで
増毛ノロッコ号 「前編」 留萌駅まで 今年のゴールデウィークはどこへも行かない予定でしたが、最近鉄分が薄れている私にとって、今年12月に廃線が決まった留萌−増毛間を走る「増毛ノロッコ号」に乗らないと生涯後悔すると思い出掛けてきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/08 17:08
番屋の湯
番屋の湯 ゴールデンウィーク真っ只中ですが、今年は昨年と違い遠くへ出かけていません。 昨年は知床羅臼まで出かけたのですが、今年は自宅近くの温泉に行くのが精一杯です。 というのも3月、4月と超多忙だったため疲労が残っており、この機会に休息したいと思っているからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 10:41
「天塩川温泉」と「源泉そば」
「天塩川温泉」と「源泉そば」 「温泉」と言えば「源泉掛け流し」が良いと言われていますが、それではそれ以外の温泉価値は低いのでは考えていらっしゃる方も多いかと思います。 しかし温泉には浴用以外に「飲泉」という飲む事による効果もあります。 また飲泉レベルでもなくとも、地元特産品をこの温泉(源泉)を利用して製造するという考え方もあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/01 11:18
仕事前にちょっと立ち寄り
仕事前にちょっと立ち寄り 今月はお陰様で超多忙な月となりました。 本当にありがたいことです。 という事でブログ更新がすっかり滞ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 07:40
「フラヌイ温泉」と上富良野地区湯めぐりチケット
「フラヌイ温泉」と上富良野地区湯めぐりチケット 毎年夏、ラベンダーや名産のメロンで賑わう北海道上富良野町は北海道屈指の名湯が集まっている地域でもあります。 http://www.kamifurano.jp/ この上富良野地区にある温泉施設4ヶ所で利用できる大変お得な「湯めぐりチケット」が4/1から発売となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/06 23:12
「ルーティン」と「五味温泉」
「ルーティン」と「五味温泉」 ラグビー五郎丸選手のポーズで有名になった言葉「ルーティン」。 人それぞれ、いろいろな場面でのルーティンをお持ちかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/26 15:27
温泉と予防医学
温泉と予防医学 私も今年61歳になり今まで以上、健康に気を付けるようになりました。 気を付けると言っても、自分なりに無理なくできる健康法を努めて実践していこう思っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 18:36
北海道新幹線開業まであと1ヶ月
北海道新幹線開業まであと1ヶ月 温泉大好き人間の私ですが鉄道も大好きです。 ここのところ「鉄道」に関した事に足を踏み入れていたためすっかり温泉の話題がありませんでした。 今、北海道では来月26日に開業する新幹線の話題でもちきりです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/27 13:22
「医学博士 松田忠徳先生」長沼町健康講演会
「医学博士 松田忠徳先生」長沼町健康講演会 最近温泉を活用したミニ湯治も増えてきました。 その昔、湯治は温泉を利用して病を治す治療方法の一つでした。 温泉は体に良いとわかっていても、具体的にどのような効果があるのかは今までわかりずらい面がありました。 最近、温泉の研究が進み、実際温泉を活用した健康増進に関する実証も実施されその効果が報告されています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/11 11:10
寂しさを増すローカル線
寂しさを増すローカル線 新年になりバタバタと過ごしていたらあっという間に2月に入り、ブログの方もしばし記事投稿が空いてしまいました。 さて、北海道新幹線、新函館北斗開業まで1ヶ月少々となりました。 新幹線に関しては賛否両論多くの意見があります。 今回の開業に当たり、新幹線の活用やメリットが謳われる反面、在来線の運行本数削減や駅の廃止・無人化と言った、地域にとって新幹線開業を素直に喜べない面も有しているように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/09 10:53
「観光立国ショーケース」
「観光立国ショーケース」 1/29、観光庁から「観光立国ショーケース〜訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースに〜」として国内3都市が選定されました。 http://www.mlit.go.jp/kankocho/news04_000125.html 選定された都市は北海道釧路市、石川県金沢市、長崎県長崎市です。 3都市、それぞれの観光地域での観光立国ショーケース化提案書は前記HP内にリンクあるので参考にされて下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/31 21:09
北海道いしかりファンクラブ スタンプラリー 2016winter
北海道いしかりファンクラブ スタンプラリー 2016winter ついこの間、年が明けたと思ったら1月もあと僅かになりました。 年々、歳を重ねる毎に月日の流れを早く感じるようになりました。 私のブログでは故郷ネタというと今住んでいる石狩市ではなく私の故郷「空知」に関した話題が多いのですが、今回は「石狩市」に関する話題について書いてみたいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/27 04:10
腰痛療養と電気風呂
腰痛療養と電気風呂 昨年還暦を迎え、今まで以上「健康」に留意するようになった気がします。 昨年11月頃から腰の調子が思わしくなくギックリ腰を経験している私としては時としてその再発ではと思っています。 特に昨年末は多くの忘年会にお誘いをいただきながら腰の調子をみながら2ヶ所の忘年会にのみ参加させていただきました。 参加できなかった皆様、大変失礼いたしました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/11 10:57
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます! 明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/04 15:56
今年一年、ありがとうございました
今年一年、ありがとうございました 今年一年の出来事と言えば、私自身「還暦」という節目を迎えた事があります。 まだまだ若いと思っていましたが、あっと言う間にこの年齢に達した感がしています。 今年もそれなりに全道を旅をしました。 中でも世界自然遺産、羅臼町に今年2回も訪問させていただいたのが特に印象に残っています。 http://www.rausu-town.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/31 18:50
2015年を振り返る #4 「温泉ソムリエ認定セミナーinそらち(滝川)」
2015年を振り返る #4 「温泉ソムリエ認定セミナーinそらち(滝川)」 2015年を振り返る、4回目は今年4月滝川市にある「滝川ふれ愛の里」で開催された「温泉ソムリエ認定セミナーinそらち(滝川)」について書かせていただきます。 温泉ソムリエとは、温泉の正しい知識と入浴法を修得した人に与えられる資格で現在全国に9600名を超える有資格者がいらっしゃいます。(投稿時点) http://onsen-s.com/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/29 11:05
2015年を振り返る #3 「トワイライトエクスプレス」
2015年を振り返る #3 「トワイライトエクスプレス」 2015年を振り返る、3回目は「トワイライトエクスプレス」について書かせていただきます。 飛行機が今のように気軽に利用できなかった時代、函館が本州とを結ぶ北海道の玄関口であり全道各地から函館へ向かう長距離の特急、急行、普通列車が運転していました。 北海道から本州へ行く時はほとんどの方が函館まで列車で行き青函連絡線に乗船し青森で再び列車に乗り上野や大阪方面の列車に乗り換えるのが一般的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/24 09:31
2015年を振り返る #2 「711系赤電車」
2015年を振り返る #2 「711系赤電車」 2015年を振り返るの2回目と3回目は鉄道分野から2つの列車(電車)について書いてみたいと思います。 一つは北海道で初めて電化区間が誕生した際に走行した711系、通称赤電車についてです。 もう一つは札幌と大阪間を走行していた寝台列車「トワイライトエクスプレス」についてです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 13:12
2015年を振り返る #1 「豊富温泉」
2015年を振り返る #1 「豊富温泉」 2015年を振り返る、第1回目の今回は温泉分野から北海道豊富町にある「豊富温泉」について書いてみたいと思います。 http://toyotomi-kanko.net/onsen2.htm かつて最北の名湯と言われ多くの湯治客で賑わった温泉地でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/21 12:44
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #40 「ホテル観光かとう(廃業)」
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #40 「ホテル観光かとう(廃業)」 温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズを投稿するきっかけは、過去に訪ねた私の記憶に残る温泉を記録する事が目的でした。 北海道は日本一の温泉地数を誇り、それぞれ風情溢れる温泉が全道各地に存在しています。 しかし今回我が家の記憶に残る記事を書いているうちに多くの温泉が休廃業している事に気が付きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/17 11:10
103年の秘湯、後継者難で幕(蘭越町)
103年の秘湯、後継者難で幕(蘭越町) 最近温泉の休廃業に関する情報が多く伝えられています。 今年10月、蘭越町にある名湯「新見温泉(新見本館、新見温泉ホテル)」が後継者難で廃業するとの情報が伝わってきました。 温泉ファンであれば誰しも信じる事ができず「えっ!!何故?」と疑問を投げかけられたことと思います。 しかしそれは現実のお話しでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/14 11:39
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #39 「ナイタイ高原温泉 亀の子荘(廃業)」
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #39 「ナイタイ高原温泉 亀の子荘(廃業)」 我が家の温泉歩きで記憶に強く残っている温泉がいくつかあります。 接客、設備、食事、ロケーションなど、その要素は種々様々です。 そんな中で今回ご紹介する温泉は訪問時ちょっとしたエピソードがあったので良く覚えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 10:54
温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #29 「釧路湿原駅」
温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #29 「釧路湿原駅」 今回は釧網本線にある秘境駅全国ランキング50位で道内順位21位の「釧路湿原駅」をご紹介させていただきます。(ランキングはこの記事投稿時点のものです) http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/ 「釧路湿原駅」の住所は「北海道釧路郡釧路町字トリトウシ原野南5線27-4」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 09:50
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #38 「旧、ユーパロの湯(夕鹿の湯)」
温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #38 「旧、ユーパロの湯(夕鹿の湯)」 2015年も12月に入り残すところ1ヶ月となりました。 北海道に於いては来春の北海道新幹線開業に伴いローカル線の駅廃止や減便など、暗い話題が次々と飛び込んで来ました。 また温泉業界でも休廃業の情報が各地から届き、温泉経営の大変さも実感する年となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/03 08:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる