北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国まんなか千年ものがたり

<<   作成日時 : 2017/05/05 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の鉄道仲間の方が今年4月から運行を開始したJR四国の観光グルメ列車「四国まんなか千年ものがたり」のチケットをゲットできたとSNSで紹介がありました。
現在このチケットは大変取りづらいプラチナチケットになっています。

http://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/


走行路線が四国を代表する景勝地、吉野川の渓谷沿いを走行し、しかも鉄道ファンの間で有名な秘境駅「坪尻駅」に運転停車でありますが立ち寄るというマニア垂涎のルートです。

しかも列車乗車料金と車内でのお食事をセットにしても10,000円以下という大変リーズナブルであり、これが人気にならない理由が見当たりません。

この列車は「多度津駅」と「大歩危駅」を1日1往復するもので、片道ごとに販売されます。


実はこの「大歩危駅」のある祖谷渓と言われる景勝地に9年前マイカーで訪れています。

その時の主たる目的は大歩危近くの祖谷渓にある秘湯「祖谷温泉」に入浴するためです。
http://www.iyaonsen.co.jp/

何故この温泉を訪ねたのかと言えば、北海道にも大自然に囲まれた温泉が数多く存在しますが、ここ祖谷温泉には名物「ケーブルカー」でなければ行けない露天風呂があります。
http://www.iyaonsen.co.jp/bath/

画像



私は川のせせらぎを聴きながら入る露天風呂が大好きです。

画像



ケーブルカーに乗り露天風呂へ行くというスタイルの温泉は北海道にはありません。

そう言った意味でもここに入浴すると心底癒されます。


祖谷温泉近くには、これまた北海道にはない歴史を感じる「かづら橋」があります。
https://www.awanavi.jp/feature/kazurabashi.html

画像

画像








そしてかずら橋から大歩危駅に向かう途中、これまた北海道ではお目にかかれない光景に遭遇し思わず車を止めシャッターを切りました。

画像

画像

このような山中に家があれば、冬期間北海道では除雪も困難で通行不能になりますね。

その後「大歩危駅」に立ち寄りました。

駅前で客待ちしていたタクシー運転手の方が気さくに声を掛けてくれました。

画像


運転手さんにどこから来たのかを尋ねられ、北海道から来たことを告げると「その昔、会社の旅行で洞爺湖温泉に行ったことありとっても楽しかった思い出がある」と、しばし北海道の話題に花が咲きました。

ここ大歩危駅は無人駅ですが観光スポットが多数存在する最寄り駅という事もあり特急列車全てが停車します。

画像

画像


そしてホームにも出てみました。

画像


こちらは下り高知方面です。

画像


そしてこちらは上り多度津方面です。

画像



今回の観光列車運行により大歩危駅には多くの方が訪れることと思います。

画像



さて、歴史という点で北海道は四国に勝てませんが、大自然と温泉そしてグルメという観点では四国を上回る優位性を有していると思います。


それを鑑み「北海道型観光(グルメ)列車」はどうあるべきかの「ヒント」が見えてきた感じがしています。


そもそも北海道では冬期間のやっかいものであった「雪」は貴重な観光資源と化します。


そして一部路線では「流氷」や「タンチョウ」時には「鹿との衝突(笑)」も体験できます。

「ウニ」と言えば夏の北海道をイメージしますが、北海道内におけるウニ漁は地域によってその期間が大きく違います。
特に「羅臼のウニ」は1月〜6月が漁期で、この時期(現在も)大粒のウニを味わう事ができます。
http://www.jf-rausu.jp/uni/


また根室本線沿線にはかつて空知の炭鉱地帯であった赤平市、芦別市、歌志内市では当時の炭鉱マンが愛したソウルフード、「がんがん鍋」「ガタタン」「なんこ」があります。

http://akabirakankoukyoukai.jp/gangannabe/
https://takikawa.mypl.net/special_pages/?cmd=gatatanmap_takikawa
http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000016.html


滝川市には味付きジンギスカン発祥の地である「松尾ジンギスカン本店」があります。
http://www.matsuo1956.jp/shop/takikawa/

富良野市には北海道を代表するワインがあり、南富良野町には高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地である「幾寅駅(幌舞駅)」があり今も駅舎内に残されています。

http://www.furanowine.jp/
https://pucchi.net/hokkaido/trippoint/ikutora.php


そして「新得駅」は道内有数の蕎麦処であり美味しいお蕎麦を堪能する事ができます。
https://www.shintoku-town.net/food/soba/index.html


根室本線にはかつて「日本三大車窓」と言われて旧狩勝線を思い起こすことができる廃線跡施設「狩勝高原エコトロッコ鉄道」もあります。
http://ecotorocco.jp/

現役路線にSLを運行させる事には大変なハードルが存在します。
しかし、法的には廃線跡などに走らせる場合は遊園地の列車と同じでそのハードルも極めて低くなります。

できれば旧狩勝線跡にSLを走らせたらとっても素晴らしい事ですね。


さて、この北海道にどんな観光グルメ列車が運行されるかとても楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





四国まんなか千年ものがたり 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる