北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #27 「千走川温泉」

<<   作成日時 : 2015/10/14 06:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

島牧村は隠れた名湯の多い村です。
宮内温泉を訪ねたらその後多くの方が訪ねる一軒宿があります。
それは「千走川(ちはせがわ)温泉」です。
http://www.vill.shimamaki.lg.jp/kanko/onsen#%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%81%9B%E5%B7%9D



我が家初訪問は前回ご紹介した宮内温泉と同じ1991年3月31日に訪問しています。

残雪が多いですね。
こちらが宿正面です。

画像





この時の写真が残っていないので、2013年6月に訪問した際の写真で紹介させていただきます。

この時は前回ご紹介した宮内温泉から民有林道千走線を通って千走川温泉へ行ってみました。

画像




大変狭い道ですので一般の方は一旦国道229号へ出て向かうルートをお薦めします。





林道は車一台分の幅員しかなくカーブが多いので対向車が良く見えません。

画像




林道を7km少々進むと左手に林道分岐点があります。

画像


この入口は秘湯ファンであれば知っているあの究極の秘湯「金花湯」入口です。

1990年代は金花湯手前2kmまで車で行けた時代でした。
懐かしい思い出です。

今では徒歩でしか行く事ができず片道6時間以上の道程となっています。




さらに進むと広い道に出ます。

画像


左折すると賀老の滝へ通じる道です。



この道を右折します。

すぐ右手に千走川温泉があります。

画像




こちらが玄関になります。

湯銭を支払い浴槽へと向かいます。

画像




こちらが内風呂です。

泉質は「ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉」で茶褐色の湯が何とも温泉気分をそそってくれます。

画像




露天風呂もあります。

温泉は道路沿いにありますが交通量が極めて少ないのでとても静かな環境で入浴できます。

画像



それでは失礼して入浴させていただきます。

画像


キシキシ感一杯のお湯です。

目に緑、新鮮な空気とフィトンチッド効果、そしてお湯が体に染み通ります。


島牧は本当に名湯揃いです。



■ 「千走川温泉」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
未湯の私には大変参考になりました。次に島牧に出向く時に伺います。ありがとうございます。
五代
2015/10/14 09:31
>五代さん、こんにちは。
次回是非お立ち寄り下さい。
温泉マン
2015/10/14 12:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ #27 「千走川温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる