北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #6 「小田急新宿駅」

<<   作成日時 : 2015/09/14 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

温泉マンの思い出の駅探訪シリーズはどちらかというとローカル駅紹介が多かったと思いますが今回ご紹介するのは大都会新宿にある駅になります。
私は鉄道大好き人間ですが好きなジャンルは「乗り鉄」、「撮り鉄」です。


北海道に住んでいると道外の私鉄に乗車する機会といえばやはり一番は空港と中心部のアクセスになるかと思います。
その際は列車の旅を楽しむと言うよりは移動手段の一つとの観点かと思います。


そんな本州の私鉄の中で小さい頃から一度乗ってみたい電車がありました。

それは「小田急ロマンスカー」です。
http://www.odakyu.jp/romancecar/

しかも単にロマンスカーに乗るのではなく先頭車両最前列に4席しかない展望座席に乗ることです。


今から5年前の2010年(H22)1月東京で会議があり、その会議前に先乗りし箱根の温泉へ行くこととなりました。


都内から箱根と言えば「小田急ロマンスカー」ですね。


私の展望席ゲット作戦は乗車1ヶ月前から始まります。

インターネット時代ですのでネットから予約が可能です。

しかしロマンスカーの一番人気は4席しかない最前列展望ですのでいつも予約で一杯です。

ところがこの時運良く前方最前列左から2番目の席を予約することができました。




さて当日小田急線新宿駅にやってきました。

画像



電車の出発まで時間があるので先ずはデパート内を散策します。

画像



すると偶然にも「冬の北海道物産展」が開催されていました。

画像



店内は大変人気で北海道物産を買い求められるお客様で大混雑です。


しばし物産展を回った後、改札へと向かいます。

画像



乗車前の気持ちは子供の遠足のようにわくわく感一杯です。

幾つになってもこの心は変わりませんね(笑)



私の乗車するロマンスカーはこちらです。

画像




50000型VSEです。

画像


画像



列車に乗り込み最前列の展望席へと向かいます。

画像



ちなみに運転席は2階にあるのですが、運転士さんはどこからのるのでしょうか?

そんな疑問を感じていたら、運転士さんが先頭車両車内に入ってきました。

すると天井から階段が降りてきました。

画像


へぇ〜、こうやって運転席へ行くのですね。勉強になりました



いよいよ出発準備も整いました。

いざ、箱根湯本へ向け出発進行です。





箱根の温泉については後日「温泉マンの温泉訪問備忘録シリーズ」でご紹介できればと思っています。



■ 「小田急新宿駅」はこちらです■





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





温泉マンの思い出の駅探訪シリーズ #6 「小田急新宿駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる