北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 名寄出張備忘録 第三弾 その8 「生野駅」

<<   作成日時 : 2013/06/05 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「秘境駅」・・・
私が秘境駅という存在を知ったのはCS放送でした。
10数年前、JRAの電話投票会員に当選し(昔はJRA電話(ネット)投票会員になるには抽選でした)、同時にCS放送のライブ中継を見るため専用チューナーを購入しました。
最初は競馬中継を見るだけでしたが、その後興味あるチャンネルを複数契約して見る事になりました。その中に「旅チャンネル」がありました。



元々、温泉をはじめ旅をすることが大好きでしたので「旅チャンネル」をいつも楽しく見ていました。
http://www.tabichan.jp/



番組の中に「秘境駅」に関した番組がありました。

「秘境駅」の名付け親である牛山隆信さんが1回の番組(30分)で2つの秘境駅を紹介し、その秘境度をポイント化して解説するというものです。


鉄道ファンでもある私はこの番組を見てすっかり秘境駅に魅了されてしまいました。

テレビ番組だけで物足りず、牛山隆信さんの秘境駅に関する著書2冊も購入しました。


秘境駅へ行こう! 小学館文庫 / 牛山隆信 【文庫】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル実用・ホビーフォーマット文庫出版社小学館発売日2001年08月ISBN978409


楽天市場 by 秘境駅へ行こう! 小学館文庫 / 牛山隆信 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


もっと秘境駅へ行こう! [ 牛山隆信 ]
楽天ブックス
小学館文庫 牛山隆信 小学館発行年月:2003年08月01日 予約締切日:2003年07月25日 ペ


楽天市場 by もっと秘境駅へ行こう! [ 牛山隆信 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



秘境駅の多くは北海道に存在するため、いつしか温泉巡りの途中に立ち寄るようになりました。


牛山隆信さんは「秘境駅へ行こう!」というサイトを開設されており、ここで全国の秘境駅を1位から200位までランキングして紹介しています。

http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/



ランキングは時々順位変動することがありますが、私がこのサイトを知った10数年前から1位の駅に変化はありません。

どんなランキングでも1位は気になるものです。


第1位の秘境駅はJR北海道室蘭本線にある「小幌(こぼろ)駅」です。

この存在を知ってからは居ても立っても居られず、5年前の10月下旬、小幌駅訪問を決行しました。

小幌駅は駅に通じる陸路がないため一般の訪問者は列車に乗らなくては到達できません。
早朝の列車に乗るため自宅を朝4時過ぎに出発しました。

礼文駅から乗車し小幌駅で50分滞在の後再び礼文駅に戻って来るという行程でした。

画像


画像




この時小幌駅で下車したのは私一人で、現地小幌駅でも私以外の人影はありません。

画像




※私の小幌駅訪問記は下記記事を参照願います。
http://makiken.at.webry.info/200810/article_27.html

http://makiken.at.webry.info/200810/article_28.html




この小幌駅訪問以来、私の秘境駅巡りは加速していきます(笑)


その後多くの秘境駅を探訪しました。

今回紹介する生野駅を訪ねたのは3回目で、以前も一度ブログで紹介させていただいていますが改めてレポートさせていただきます。

画像






生野駅は小幌駅と違い車で簡単に訪ねる事ができます。

しかもすぐ近くを国道242号が走っています。

画像





それでもここが秘境駅と呼ばれるのは時刻表を見ればすぐわかりますね。

画像





本来、駅である以上必ず列車が停車します。

しかし、その停車本数が少ない事に魅力を感じるファンがいるのです。


最近では鉄道マニアばかりでなく一般旅行者の方がこうした秘境駅に立ち寄る姿を見かける事もあります。


「何もない・・・」

それは最大の癒しであり多くの人に感動を与えているのかもしれません。



■「生野駅」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





名寄出張備忘録 第三弾 その8 「生野駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる