北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 名寄出張備忘録 第二弾 その8 「びふか温泉&天塩川温泉」

<<   作成日時 : 2013/05/15 00:31   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

名寄出張第二弾、初日の仕事を終え温泉で汗を流したいと思います。
今回は名寄市の隣町である美深町にある「びふか温泉」に行ってみたいと思います。


美深町にあるといっても、美深町市街地より国道40号を稚内方面へ8km程走行した国道右手にあります。

画像






国道には「道の駅びふか」があります。
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/5/each.htm

温泉は道の駅裏手にあります。

こちらが「びふか温泉」正面です。

画像





それでは入口に向かいます。

画像




入口に何やら張り紙が・・・

画像



「が〜ん!!」


この日は機械設備故障で温泉は営業していません。

名寄から約28km走行して来ましたが徒労に終わりました(笑)



まぁ、普通であればここで名寄へ引き返すところですが、そこは「温泉マン」の私です。
どこか温泉に入らないと収まりがつきません(笑)

ということで、さらに16km北へ向かって走行します。
向かう先は「天塩川温泉」です。
http://www.teshiogawa-onsen.com/



せっかくなので駅巡りもしたいと思います。

立ち寄った駅は「豊清水駅」です。
秘境駅と言われている駅です。



過去にも訪問経験がありますが前回は9月(2009年)でしたので今回4月の写真と比べてみたいと思います。

先ずは駅の正面です。

画像


画像



次に駅舎裏手のホーム名寄方面です。

画像


画像






こうして見比べると秋はのどかな感じがしますが、冬は厳しさを感じ取る事ができますね。



さて、先を急ぎます。

国道40号へ戻り北上します。
国道の案内看板を左折し道なりに進むと温泉があります。

画像



辺りはたいぶ暗くなってきました。

早速中へ入ってみます。

画像




券売機で入浴券(大人400円)を購入します。

画像




券売機を良く見るとレストランの食事券販売と兼用になっています。

レストランの営業時間を見ると20時(ラストオーダー19:30)になっています。
時計を見ると18:20ですので、入浴前に食事をしたいと思います。

画像



メニューで目を惹いたのが「おすすめメニューA」です。
山菜そばとミニいくら丼がセットになっており1,000円です。
これに決定です。

画像




しばし待つとおすすめメニューA」がやってきました。

画像




ここは音威子府村ですのでおそばはあの黒い麺です。

これは美味ですね。


さて温泉に入りたいと思います。

画像





泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉で源泉温度が8.9度しかありませんので加温しています。

画像




露天風呂もありますが冬期間は閉鎖になっています。

画像



それでは一日の疲れを癒させていただきます。

画像




美深で引き返さずここまでやってきた甲斐がありました。


夕食も済み温泉にも入りました。

これから約44kmの道程を安全運転で名寄へ戻りたいと思います。



明日は仕事最終日。

仕事を終えた後はまっすぐ自宅へ戻ります。




翌週は「名寄出張第三弾」ですのでその備忘録をお伝えする予定です。




■「びふか温泉」はこちらです■

大きな地図で見る



■「天塩川温泉」はこちらです■

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





名寄出張備忘録 第二弾 その8 「びふか温泉&天塩川温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる