北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己研修の旅 #28 「飯山線の旅 後編 豊野駅へ」

<<   作成日時 : 2012/06/29 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自己研修の旅も終わりに近づいてきました。
今回、旅に同行いただいた方の心遣いで戸狩野沢温泉駅から豊野駅まで飯山線に乗車させていただく時間を与えていただきました。本当にありがたいことです。
飯山線は初めて乗車する区間のため大変楽しみです。



乗車11分でこの路線の名称になっている「飯山駅」に到着です。

画像





飯山駅を出発すると前方に高架橋が見えてきました。

画像



2014年度開業予定の北陸新幹線です。

現在長野駅まで開業しているため一般的に長野新幹線と呼ばれています。

2014年度の開業で「飯山駅」にも新幹線駅ができるのですが、そのため既存の駅舎が300m程長野寄りに移設されるようです。




左手に千曲川が見えてきました。

画像



千曲川は長野県側の名称で新潟県に入ると信濃川と呼ばれます。

陸続きで県境のない北海道ではちょっと不思議な感じです(笑)


田舎育ちの私にはこうしたのどかな風景を眺めながら列車に乗車すると心がとても癒されます。




戸狩野沢温泉駅から27分、替佐駅に到着です。

画像



私が乗った列車が到着すると到着に合わせホーム内に「おぼろ月夜」のメロディが流れました。

残念ながらその時の音楽を録画し忘れたのですが、しばらくすると下り列車が入線して来ましたので録画してみました。


■JR東日本 飯山線「替佐駅」ホームメロディ■




「おぼろ月夜」はここ替佐駅のある中野市出身の文学者「高野辰之」氏の出身地とのこと。


でも、初めてこの地を訪れる者にとってこのメロディは嬉しいですね。



列車内に路線図が掲示されていました。

画像



下車予定の豊野駅までの中間地点という感じでしょうか・・・




周りの風景を眺めているうちに下車予定である豊野駅の1つ手前の駅までやってきました。

画像



初めて乗った路線と言うこともあり、あっという間の感じです。




戸狩野沢温泉駅から9駅、46分の乗車で豊野駅に到着です。

画像




車で併走いただいた同行者の方と再びここで合流します。

画像



この後は長野市内に立ち寄りその後都内へ向かう事になります。


自己研修の旅も次回が最終回となります。




■飯山線「替佐駅」はこちらです■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





自己研修の旅 #28 「飯山線の旅 後編 豊野駅へ」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる