北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境省の指定色

<<   作成日時 : 2011/06/27 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

国立公園内、特に特別地域及び特別保護地区内に於ける建築物や構築物に対しては自然保護法により種々の規制があります。



例えばコンビニエンスストアのシンボルマークと言えでも、勝手な色を使用する事はできません。



前回立ち寄った層雲峡温泉にある「セブンイレブン」「セイコーマート」も例外ではありません。


次の写真をご覧下さい。

決してカメラの色彩設定を間違えた訳ではありません。


一瞬ここは違うコンビニであるような錯覚に陥ってしまいます。

画像


画像




広告灯も規制されているため、通常であれば店舗入口にある電光式のロゴマークのポールもありません。



従ってここにセブンイレブンがあるとは気付かずに通過される方もいらっしゃいます。


苦肉の策として道路入口にロゴマークがペイントされた軽トラックが駐車しています。

もしこの軽トラが廃車だった場合撤去の対象となってしまいますが、これはあくまでもお店の配送車が駐車場に駐車しているという扱いのようです。7

画像




ここセブンイレブンから少し離れた温泉街に「セイコーマート」があります。

もちろん道路入口にあのロゴマークの案内ポールはありません。

画像


画像





この辺りを走行される皆さんへ

層雲峡にはコンビニがありますのでどうぞご利用下さいね。
知らないと通過してしまう可能性があるかと思いますw




さて、店舗ロゴの色も焦茶色系が指定されていましたが、ガードレールや橋の高欄色も同様に指定される場合があります。


こちらは道道2号洞爺湖登別線のカルルス付近です。

画像




このように焦茶色系となっています。

画像



何気なく走っている道路でも、こうして見ると結構面白い事例がたくさんありますね。


どうぞ安全運転を!!





■「層雲峡温泉」 ※層雲峡観光協会ホームページ
http://www.sounkyo.net/



■「層雲峡温泉」はこちらです■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
層雲峡のセイコマは何度か利用したことがありますが、通常の店舗と違ってシックな佇まいで妙に景観にマッチしていたのを覚えています。
景観対策としてガードレールや電柱などがこげ茶色などのに塗られているのはよく目にしますが、携帯電話の地上基地局にも景観対策を施したものがあるのを温泉マンさんはご存知でしょうか?
通常は白、又は灰色や薄いクリーム色をした基地局のプレハブ建物(キュービクル)ですが、自然保護地域や景観保護地域などに基地局を設置する場合は、ガードレール同様、こげ茶色などに塗装をしなくてはいけないそうです。当然金網フェンスもこげ茶色に塗られ、周りの景観とマッチするように配慮されていたりします。
面白い基地局になるとアンテナが載った鉄塔も茶色に塗られ、さらに鉄塔を木にみせかけた「擬木(ぎぼく)鉄塔」などもあったりします。
こういう環境対策をおこなってる公共施設やインフラ設備をみると「おぉ〜!!金かかてるなぁ…」って個人的に思っちゃうと同時にちょっとだけ嬉しくなってしまいます。
通常の工事より手間もお金もかかりますがこういうちょっと「高級」な施設って何かいいですよね。
永田秀一
2011/06/27 23:48
●永田秀一さん
携帯電話の基地局もそうですね。それと次回以降の記事に登場しますが非常電話ボックスも焦茶色系になっています。
たしか焦茶色系に指定されているのは、人間だけでなく動物的に対する視野保護もあると聞いた事があります。
私の本業は土木屋なので過去に阿寒国立公園内で構築物の建設経験がありますw
温泉マン
2011/06/28 03:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





環境省の指定色 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる