北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌国際大学オープンカレッジ #2

<<   作成日時 : 2009/10/30 12:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

先週の第1回目のオープンカレッジに続き、昨日第2回目の講座を受講してきました。



会場ひな壇




今回のテーマは・・・

第2回テーマ案内


『北海道のグローバルな「観光力」を探る』です。



さて、どんなお話をしていただけるのでしょうか。


今回のパネリストの方をご紹介します。


北海道いい旅研究室編集長でエディターある「舘浦あざらし」さんです。

あざらし




そして北海道で温泉を語る場合はこの方ですね。


札幌国際大学観光学部教授で旅行作家でもある「松田忠徳」さんです。

松田先生




そしてコーディネーターは札幌国際大学理事長の「和野内崇弘」さんです。

和野内理事長






冒頭、コーディネーターである和野内理事長さんからパネリストのお二方に次の質問が投げかけられました。



「北海道観光の何が悪いのか・・・」




トップバッターとして松田教授がこの難問に答えます。


松田教授からは大変難しい問題であると前置きしながら多角的見地からその問題点を指摘されましたが、その中で私は次の2点が強く印象に残っています。


1.官依存型体質
2.道民の観光産業に対する意識欠如


そしてこれらの問題点は行政サイドにも責任があるが、全国一とも言える「観光力」ポテンシャルを有する北海道は、本当の意味で

「自分の町を良くするために何を努力しているのか」

と言う事を今考え直さなければならないと指摘されました。


全くその通りであると思います。





また北海道における産業別生産額の認識が必要であるともお話されました。

道外の方に

「北海道の主たる産業は何ですが?」

と質問すると多くの方が

「農業」と答えるそうです。



実際の統計資料によれば、北海道の農業生産額は約1兆円、水産業は3千億円、ところが観光産業は1兆3千億を超え、これに関連した輸送機関等の生産額を加えると2兆円近い生産額になるとのことです。

つまり北海道の現状は観光産業で支えられている事になるのです。






次に舘浦あざらしさんから同様の問いかけに対しお答えがありました。
(多くの点を述べられていましたが、私が印象に残っているものだけを書かせていただきます)

1.温泉街風情の破壊
2.ジャーナリズム功罪(偏重)
3.旅行エージェントの影響
4.旅館・ホテルの囲い込み
5.現地出身者や現地人の人材育成

etc...


ただ、私はこの全てが悪いとは思っていません。


特に2と3の点については観光客誘致に寄与している部分も多大にあります。

私は棲み分けの問題かと感じています。



喧々諤々の議論が交わされ2時間の講義時間があっという間に過ぎてしまいました。



最後にコーディネータの和野内理事長から、北海道はその実態である主産業が観光であるながら北海道の部局に「観光」を全面に押し出している部局がトップ部局になっていない点を指摘され、道立の観光大学設置を提言されていました。

また北海道経済活性化を願うのであれば、道民一人一人が「我が町を良くしたい」という意識と何らかの継続した活動や行動力が必要であるとも指摘されました。


私もこれには同感です。


私も道民の一人として微力ではありますが地域活性化に向けた活動を継続していきたいと思っています。







さて、今回のパネリストが松田教授と舘浦あざらしさんと聞き、私は秘蔵の本を会場に持参しました。

いずれも私が温泉歩きを始めたきっかけとなった著書です。


1冊目はこちらです。

湯けむりの旅北海道


松田教授が旅行作家をされていた1987年8月25日に発行された「湯けむりの旅北海道」です。

北海道内の名湯・秘湯が76ヶ所紹介されています。

現在では廃業や休業、あるいは入浴禁止になっている懐かしい温泉も掲載されています。




今回、講義終了後松田教授の元へ持参しサインをいただきました。

松田先生サイン


松田先生からも「懐かしい本ですね〜」とお言葉をいただきました。

これは私が温泉マンとして暗躍することとなった大切な本です。
サインをいただき我が家の家宝にしたいと思います。(笑)




そしてもう一冊の方はこちらです。

舘浦あざらしさんが発行された「北海道いい旅研究室1」つまり創刊号です。

現在は販売されていませんので貴重な1冊となっています。



あざらしさんに

「この本にサインお願いします」

とお願いしました。

北海道いい旅研究室1



「いやぁ〜懐かしい本持ってますね・・・表紙にサインしっちゃっていいんですか。売れなくなりますよ(笑)」

と言われましたが



「思いっきり表紙に書いて下さい」とお伝えすると・・・

あざらしサイン


こんな感じになりました。



とにかく今回も大変楽しく有意義な講義でした。


関係者の皆さん、大変ありがとうございました。


来週も開催されますが、私は地方出張と重なりそうなので参加できないかもしれません。

残念!!










社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓







それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
温泉の神様の失敗 ※舘浦あざらし
先日札幌国際大学オープンカレッジに参加した際、会場で渡された資料の中に、当日パネリストであった舘浦あざらしさんが出版記念のトークショーとサイン会が近日開催されるとありました。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/11/02 09:48
北海道観光の何が悪いのか・・・ 「人の待たせ方?」
本日は北海道観光に対する辛口の意見を書かせていただきます。 今回は写真の掲載がありません。ご了承願います。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/11/14 07:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は有名人さんばかりだったんですね。温泉マンさんの喜んでいる顔が浮かびます。(笑)

けれど北海道ってこんなにも観光がウエイトを占めているんですね。初めて知りました。
もぐら
2009/10/30 12:42
●もぐらさん
今回の講師陣は北海道で温泉を語る上で知らない人はいない程の有名人です。(笑)

私が近年観光に力を入れている事がこれでご理解いただけたでしょうか。(爆)
温泉マン
2009/10/30 12:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





札幌国際大学オープンカレッジ #2 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる