北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温故知新の旅 #19 「セトセ温泉」

<<   作成日時 : 2009/08/23 09:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

前回の記事では生田原方面から道道のダート道を利用しセトセ温泉到着までをお伝えしました。

今回は温泉の様子をお伝えします。

最初にここを訪ねたのは1991年夏で、その後2回訪問していますので今回で4回目となります。

我が家から約240km離れた大変遠くにある温泉ですが、しばらく訪れていないと無性に入りたくなる温泉の一つです。

今回は次の仕事先訪問までに若干時間があったのと天気がとても良かったので立ち寄ってみました。

温泉正面
↑【セトセ温泉】

昔も今も変わらない温泉正面の様子です。





温泉看板
↑【セトセ温泉】

自然噴出温泉純度100%と書かれた看板が温泉前にありました。





バス停
↑【セトセ温泉】

1日2本と少ないですが町営バスがここまで運行しています。





玄関
↑【セトセ温泉】

こちらが玄関です。





フロント
↑【セトセ温泉】

フロントで入浴料500円を支払い浴室へ向かいます。





休憩室への階段
↑【セトセ温泉】

浴室はフロント右手に進みます。





休憩室
↑【セトセ温泉】

この先の階段を上ると休憩室があります。





浴室への廊下
↑【セトセ温泉】

浴室へは階段を上がり左手の廊下へ進みます。






男湯のれん
↑【セトセ温泉】

手前が男湯です。





女湯のれん
↑【セトセ温泉】

廊下奥が女湯になります。





脱衣室
↑【セトセ温泉】

こちらが脱衣室になります。コイン式のロッカーはありません。
貴重品はフロントに預けると良いでしょう。






湯気の中の浴槽
↑【セトセ温泉】

浴室のドアを開けると湯気で先が靄っていました。





休憩室に数名の方が休んでいましたが、浴槽には誰もいませんでした。

浴槽全景
↑【セトセ温泉】

露天風呂はなく、浴槽はこの内湯のみです。






41.7度
↑【セトセ温泉】

湯温は41.7度とそれほど熱くありません。





それでは貸切状態で久し振りの名湯をじっくりと堪能させていただきます。

温泉マン入浴
↑【セトセ温泉】

何とも言えない至福のひとときです。




湯に入ったり浴槽脇で休憩しながらを繰り返し、思わず長湯してしまいました。

あんまりのんびりしていると次の予定が押してしまいます。

次回はいつ来ることができるでしょうか。

きっとしばらく時間が経つと、また入りたくなるに違いありません。




社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓






●日帰り入浴
営業時間は8:00〜20:00
定休日:毎週水曜日
大人 500円 小学生200円 幼児100円
TEL 0158-44-2021

■「セトセ温泉」はこちらです。


より大きな地図で 瀬戸瀬温泉 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本日 皆様が寛いで居る所にお伺いして申し訳ありませんでした。
かなり迷惑だったのではと今考えると、冷や汗物です。
笑顔で迎えてもらい感謝 そして今でも興奮気味 笑い

温泉マンさんには、おみやげも頂き感謝しており、
これからも宜しくお願いします。
どこで誰に会うか分かりませんね、私も温泉仕様(防水)の名刺作らなくては
いわ
2009/08/23 20:12
●いわさん
先ほどは大変お疲れ様でした。
今回はゆっくりとお話しできず残念でした。
またいずれかの機会にお話しできればと思っています。

本当に本日は楽しいひとときを提供いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

※後日ブログ記事にアップ予定です。
温泉マン
2009/08/23 20:51
数回泊まったことがあります。
ぬるぬるすべすべの、まさに温泉って言うようなお湯だったと記憶しています。
それに、温泉以外のお湯もなかったような・・・
また、行きたいなあ。
ちょーろー
2009/08/24 12:45
●ちょーろーさん
残念ながら私は泊まった事がありません。

ここの泉質は温泉ファンならずとも納得の湯です!!
温泉マン
2009/08/25 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温故知新の旅 #19 「セトセ温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる