北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 生田原からセトセ温泉へ

<<   作成日時 : 2009/08/22 10:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

しばらく鉄道に関した話題が続いたのでこの辺で温泉ネタを書かせていただきます。

今回紹介する温泉は遠軽町にある「セトセ温泉ホテル」です。

山中にある一軒宿で、田舎風情をこよなく愛する私としては大のお気に入り温泉です。


まず、この温泉の場所を地図で確認してみます。

■「瀬戸瀬温泉」はこちらです。


より大きな地図で 瀬戸瀬温泉 を表示




ここを訪れるほとんどの方は国道333号から道道493号奥瀬戸瀬瀬戸瀬停車場線の舗装された9kmの道を利用します。

国道333号入口
↑【国道333号 セトセ温泉入口】

国道333号にある温泉入口を示す案内看板です。


案内看板は遠軽市街方向へ向かって左手にあり、この交差点を右折します。

道道看板
↑【道道493号奥瀬戸瀬瀬戸瀬停車場線】

こちらの道道を9km走行します。




舗装路が終わる地点に温泉はあります。

温泉正面
↑【セトセ温泉ホテル正面】

こちらが温泉正面です。





舗装終点となった道路の先を見ると、ゲートがありさらに狭いですがダート道が続いています。

終点ゲート
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

これは林道ではなく「道道592号湯ノ里生田原停車場線」です。



この道を進むと旧、生田原町(現、遠軽町生田原)に通じています。

しかし、狭小で悪路のため冬期間は通行止となっています。

ちなみ、ここセトセ温泉から生田原へ全線舗装路で迂回した場合とこの道道を利用した場合の距離を比較してみます。

●全線舗装路利用の場合
 ・セトセ温泉→国道333号     9km
 ・国道333号→国道242号分岐  7km
 ・国道242号分岐→生田原 14km
-----------------------------------
       合計           30km


●道道(一部ダート道)利用の場合
 ・セトセ温泉側ゲート→(ダート区間)→生田原側ゲート  8km
 ・生田原側ゲート→(舗装路)→生田原(国道242号)   5.5km
-----------------------------------------------------
       合計            13.5km


以上のように両者には2倍以上の距離差があります。


特に北見・留辺蘂方面からセトセ温泉に来られる場合、この距離差は結構大きいものがあります。


今回私は生田原側にいるので、生田原からセトセ温泉までこの道道利用して訪ねてみたいと思います。

但し、ダート区間である8kmは冬期間通行止になっていることと、通行可能期間であっても悪天候時の通行は控えた方が良いと思います。

特に降雨時は路肩も弱く、道路決壊の可能性があるからです。

通行の際はどなた様も十分に注意の上走行願います。


国道入口
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

こちらが生田原側の道道入口です。




瀬戸瀬23km
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

しばらくは舗装路が続きます。




舗装終点
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

国道242号から5.5km、道路はこの先で右に直角に折れています。




ゲート
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

通行止用ゲートがあり、走行に関しての注意書きがあります。




砂利道
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

こんな感じの狭いダート道が温泉までの約8km続きます。

途中急カーブや急勾配地点もありますのでくれぐれも安全運転を!





窓を開け森林浴でも楽しみながらゆっくりと走行しましょう。

温泉手前
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

湯の元橋と書かれた橋があります。温泉が近い事を感じます。





木陰に温泉建物
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

前方の木陰に建物が見えてきます。





温泉正面
↑【道道592号湯ノ里生田原停車場線】

無事、セトセ温泉に到着です。




ダート道が苦手という方は遠回りになりますが国道経由をお薦めします。

今回の記事が長くなってしまったので温泉の様子は次回記事にてご報告させていただきます。




社団法人北海道観光振興機構「北海道観光ブログコンテスト」に参加中です。
記事をお読みいただいた方は下記バナーをポチっとクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓







それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道人さん、はじめまして。
 最近みつけて、写真がきれいなので楽しく拝見しています。
セトセ温泉は、私も大好きです。私は置戸の『いなだや』というお蕎麦屋さんが
好きで、そことセットでセトセ温泉にに行くことがあります。
 あのダート道も2回ほど通りましたよ。
あそこで、たぬきを見かけたこともあります。
すぐ逃げられましたが、とても可愛いかったです。
 ブログの更新を、楽しみに見ています。
これからも、素敵な情報をおねがいします。
かな
2009/08/23 10:21
●かなさん
初めまして。
ご訪問並びにコメントいただきありがとうございます。

「いなだや」さんは私も知っていますよ。
でもなかなか訪れる機会がありません。

セトセ温泉にあのダート道経由で行かれているのですね。
天気が良い時は森林浴にもなりとても気持ち良いですね。

これからもお時間がありましたら当ブログへまたお訪ね下さい。
今後ともよろしくお願いします。
温泉マン
2009/08/23 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





生田原からセトセ温泉へ 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる