北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温故知新の旅 #11 「水無海浜温泉」

<<   作成日時 : 2009/06/30 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

恵山岬に来たら旧椴法華村にあるあの無料露天風呂「水無海浜温泉」にも立ち寄ってみたいと思います。

「御崎浜の湯」「水無海浜温泉」は道道635号元村恵山線上に位置しておりその距離は2km(直線だと1.5km)もありません。

しかし、「御崎浜の湯」から恵山岬方面へ進むとまもなく行き止まりになってしまいます。

御崎で行き止まり
↑【道道635号元村恵山線 御崎で行き止まり】



この先、道路は未開通であるため一旦国道278号へ戻り迂回しないと辿り着く事ができません。
その迂回距離は約20kmとなります。

迂回地図







国道278号へ戻ったあとは旧椴法華村市街より道道231号椴法華港線へ入ります。

道道231号椴法華港線
↑【道道231号椴法華港線 水無海浜温泉方面】




3km程入ると今度は道道635号元村恵山線を右手に入ります。
少し狭小で急峻な道路を登って行きます。

道道分岐点
↑【道道635号元村恵山線 水無海浜温泉方面】



北海道と言えばどこでも広い道路を想像されるかと思いますが、海岸線の漁師町にはこのような狭い道路が数多く存在します。


坂を登り切ると広い道路へ出ます。

右手にホテル恵風(けいぷ)入口に差し掛かります。

恵風入口
↑【水無海浜温泉】




露天風呂付き客室もある立派なホテルで、いつも予約満杯の超人気ホテルです。
日帰り専用の入浴施設もホテル1階にあります。


恵風正面
↑【水無海浜温泉】

ホテル正面の様子です。この日は少し霧がかかっていたので靄っています。




ホテル前を通過し海岸ある露天風呂へ向かいます。

駐車場への一方通行
↑【水無海浜温泉】

道路が狭いので、今は一方通行にしているようです。





海岸線の道
↑【水無海浜温泉】

左手に太平洋を見ながら進みます。





露天風呂の看板
↑【水無海浜温泉】

露天風呂を示す看板があります。




まもなく右手に駐車場を示す案内が見えてきます。

駐車場
↑【水無海浜温泉】

奥が広くなっている駐車場です。





とっていいのは写真だけ・・
↑【水無海浜温泉】

まさに観光名所にぴったりの看板です。





露天への坂道
↑【水無海浜温泉】

露天風呂へはこの坂を海岸へ下って行きます。



我が家が前回訪問したのは18年前ですが、この辺りは驚く程綺麗に整備されていました。

18年前訪問した際の写真です。

1991年8月の様子
↑【水無海浜温泉 ※1991年8月】

昔は石がゴロゴロした自然の海岸線そのままでした。





脱衣所と案内看板
↑【水無海浜温泉】

何やら案内看板と建物があります。





入浴可能時間表
↑【水無海浜温泉】

最初の案内看板は入浴可能時間表です。



看板を拡大して見ると・・・

入浴可能時間表・拡大
↑【水無海浜温泉】

2009年7月の入浴可能時間表です。



ここは海岸線にある露天風呂ですので潮の干満により浴槽が海中に沈み入浴できない時間があります。

函館市では1年間の入浴可能時間をHP上でも情報提供しています。

★2009年入浴可能時間表(※函館市椴法華支所HPより)
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/todohokke/html/mizunashi2009.pdf



次の案内看板はここ「水無海浜温泉」についての説明が書かれています。

温泉に関する説明板
↑【水無海浜温泉】




そしてあの茶色の建物は・・・

脱衣所
↑【水無海浜温泉】

男女別に分かれた脱衣所です。





それでは露天風呂を見てみましょう。

露天風呂全景
↑【水無海浜温泉】

これが椴法華名物の「水無海浜温泉」です。



今回私はまもなく潮が満ち始めまもなく海中に沈む直前に来ました。
若干湯船に海水が入り始めていました。

湯温38.9度
↑【水無海浜温泉】

湯温も38.9度と温めです。長時間入浴可能は温度ですね。




それではいつものように私も入らせていただきます。
今回は女房がカメラマンです。(笑)

温泉マン入浴
↑【水無海浜温泉】

何とも極楽気分です!!



画像
↑【水無海浜温泉】



今回は事前に入浴可能時間を調べずにやって来ましたが、偶然にも入浴できたのが大変ラッキーでした。


それでは入浴目線で海中風呂の様子を動画でご覧下さい。

■ 水無海浜温泉 ※動画 ■



ここは函館市が管理していますので特に利用制限がありませんが、高波や悪天候時の使用は危険ですので控えた方が良いですね。

ルールとマナーを守り楽しく利用しましょう。




●函館市役所椴法華支所公式ホームページ
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/todohokke/

■「水無海浜温泉」はこちらです。


より大きな地図で 水無海浜温泉 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
もしかして次の記事になるかもしれない・・と思ってコメントを控えていたのですが、
温泉マンさんが1991年にここを訪問された際、曙荘には入浴されたのでしょうか?
もしかしたら当時の様子が見られるかもしれないと思い、期待しておりました(笑)
手持ちの資料でも小さな露天風呂の写真が載っているのみでして・・。
もしご存知でしたら、いつかお話をお聞かせいただきたいです^^
のん
2009/07/01 22:10
●のんさん
こんばんは。
曙荘は残念ながら立ち寄った記憶がありません。
実は過去の写真は訪問先全部を写していた訳ではなく、また撮っていたとしてもネガの状態のまま残っている物も多くあります。
本当は一度きちんと整理したいと思っていますが、なかなかその時間がありません。
ということで今回はご期待に沿えず申し訳ありません。
温泉マン
2009/07/01 22:56
入浴できたようでよかったですね。
引き潮過ぎると温泉温度が高すぎて入浴ができないってこともあるようです。
かりん
2009/07/08 20:55
●かりんさん
偶然満潮前ギリギリで入浴できました。

満ち潮でなければもっと入っていたかったのですが・・・
温泉マン
2009/07/08 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





温故知新の旅 #11 「水無海浜温泉」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる