北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 初田牛駅 ※秘境駅

<<   作成日時 : 2009/05/15 07:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 6

国道44号から道道1127号初田牛厚床線を走行すること約6.5km、特に駅入口を示す案内標識もありません。

そこは動物的な感というのでしょうか近くに秘境駅の臭いを感じてきます。(笑)


舗装路から分かれた砂利道の奥にそれらしき姿が見えます。

駅遠景
↑【初田牛駅】

この道の先に駅舎が見えます。





駅近景
↑【初田牛駅】

もう少し近づいてみます。






駅拡大
↑【初田牛駅】

間違いなく、ここは初田牛駅です。





駅舎へ入ってみます。

駅舎内・運賃表
↑【初田牛駅】

近郊駅及び主要駅までの運賃表が掲示されています。






駅舎内・時刻表
↑【初田牛駅】

時刻表です。停車本数が多いのか少ないのか・・・

秘境駅にすれば多い方かもしれません。(笑)






駅ノート
↑【初田牛駅】

駅ノートがあります。

秘境駅訪問の楽しみとしてこの駅ノートの存在があります。





駅ノート最新ページ
↑【初田牛駅】

最新のページには最近ここを訪問された方が綺麗なイラストとその訪問記が書かれていました。






そして何冊かあるノートを見ていくと・・・

おっ! 何と、何と秘境駅生みの親である牛山隆信さんが訪問された時のものが残っていました。

牛山さん訪問記20010310
↑【初田牛駅】

牛山さんは2001年3月10日にここ初田牛駅を訪問されています。



牛山さんの著書「秘境駅へ行こう!」にもこの時の様子が掲載されています。
著書によれば、この時少々風邪気味で体調が思わしくなかったとも書かれています。


私もこの本を購入し食い入るように読ませていただきました。

まだお持ちでない方は下記よりご購入できます。


秘境駅へ行こう!
楽天ブックス
小学館文庫 著者:牛山隆信出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:222p発行年月:2001年08月この


楽天市場 by ウェブリブログ






さて駅舎裏へ行ってみます。

駅舎裏
↑【初田牛駅】

建物に少し錆があるようです。





ホーム全景
↑【初田牛駅】

釧路側から根室方面へ向って撮影してみました。





駅へ来たらここの写真を撮らなくてはなりませんね。

駅名標
↑【初田牛駅】

駅名標です。



私の訪問時は大変天候も良く暖かかったのですが、牛山さんが訪ねられた3月上旬は周辺に雪もある大変寒い時期だったと思います。

でも私と違い牛山さんは列車を利用されての訪問をされており、正に秘境駅訪問の王道を実行されています。

そのパワーには心から敬服して止みません。

私は車を利用しての訪問が中心ですが、北海道内にある秘境駅は取りあえず早期に訪問したいと思っています。
先ずは秘境駅ランキング上位50位以内にある道内21駅を制覇したいと思います。


秘境駅の詳細については下記HPを参照願います。

●「秘境駅へ行こう!」 ホームページ
http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/


次回以降もこの周辺の秘境駅紹介を予定しています。





●「初田牛駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E7%94%B0%E7%89%9B%E9%A7%85


■「初田牛駅」はこちらです。


より大きな地図で 初田牛駅 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
秘境、ひそかな人気
本日付北海道新聞朝刊、札幌圏紙面において「秘境、ひそかな人気」と題して秘境駅の特集記事がありました。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/09/11 11:02
今年の思い出 #6 「初田牛駅」 ※根室市
今年の思い出シリーズをお伝えしていますが今回はいよいよ鉄道の話題です。 以前から鉄道に興味のあった私ですが、スカパーで見た牛山隆信さんの「秘境駅へ行こう!」を見てからすっかり秘境駅ファンになってしましました。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/12/17 08:48
北日ノ出駅
今回は鉄ネタを紹介させていただきます(笑) さて、最近自分はなぜ鉄道に興味を持ったのかと考える時があります。 人間誰しも特定の趣味に嵌ってしまうきっかけがあると思います。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2011/08/15 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
千葉にもJRの久留里線という電車が走っています。
8年ほど前、馬来田という駅の裏に住んでいましたが、線路を横断してホームに上った記憶があります。
他にも、小湊鐵道、いすみ鉄道が有名ですが、小湊鐵道はバスがたくさん走っているので、けっこう有名でした。
sewa
2009/05/16 12:37
●sewaさん
千葉にも秘境駅がありますね。
スカパーで見た事がありますが、いすみ鉄道の「久我原駅」には是非行ってみたいと思っています。
温泉マン
2009/05/16 12:50
初めまして!千葉のP.N永田秀一と申します。
先日、何気にGoogleのイメージ検索で初田牛駅を調べていたら何か見覚えのある画像が出て来たのでクリックしたら、おいらが今年のGWに初田牛駅に訪れた時に書き込んだ駅ノートのページが出ていたのでリンク先からこのブログにやって来ました…
まぁ「旅の恥はかき捨て」とは言いますが…正直、お恥ずかしい限りです。
長年初田牛駅を訪れることを夢見ていたので、駅ノートに思いを書き込んだ時はやや興奮していたのではないかな?と思います。
初田牛駅の駅ノートに書いたことですが、初田牛駅はホント何も無い所にポツンとある静かな駅で、まるで時間が止まってるかの様な気にさせてくれるとても癒される駅でした。
来年も北海道に行く機会に恵まれたら再度訪れたいと思います。

>>温泉マンさま
いすみ鉄道の「久我原駅」行ったことありますよ。
とても静かな駅で某漫画家さんが駅ノートにコメントを残していました。
いすみ鉄道と小湊鉄道はとても個性的な駅が多くてフリー切符を使って
全駅に下車してみるのも楽しいですよ。
永田秀一
2009/10/04 20:59
●永田秀一さん
初めまして。

いやぁ〜偶然ですね。
あの素晴らしいイラストは永田さんがお描きになったものだったのですね。
駅ノートを見たとき最初に目に止まったので思わずシャッターを切ってしまいました。
こうしてコメントいただける事を大変嬉しく思っています。

私はつい最近秘境駅に目ざめた初心者です。
今年のゴールデンウィーク、急遽思い立ち深夜自宅を出発し根室本線を中心に廻ってきました。

本州の秘境駅は今後訪ねてみたいと思っています。
特に「小和田駅」と「久我原駅」は行って見たいと思っています。

こんなブログですがお時間がありましたらまたお訪ね下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。
温泉マン
2009/10/04 21:09
こう言う過去のブログに今更コメントしていいのか悩むのですが…先月北海道旅行に行った友人から聞かされた話なんですが…何でも初田牛駅の駅ノートが何者かに持ち去られた様で「お前の書いた駅ノート無かったよ…」と言われました。
信じられない気持ちでネットで検索してみたら、数箇所のサイトにて「心無い何者かによって初田牛駅の駅ノートが持ち去られている」との記事を見つけました。(どうも8月下旬〜9月上旬頃の様です)おいらの書き込んだページに関しては個人的には何の価値は無いので、どうぞご自由に…って感じですが、おいらが個人的に尊敬している某駅ノートの達人の方の書き込み(イラスト)が見れなくなったのが非常に残念でなりません(もちろん他の方の旅の記録や思い出の書き込みも同様じです)。
どのような理由があるにせよ、この様な人の思い出を奪う様な卑劣な行為は絶対許せません!
幸い駅ノートが無くなっていることに気が付いた方が新しい駅ノートを寄贈しているそうなので、初田牛駅の駅ノートは存続できているそうですが…
失われた過去(思い出)はもう取り戻すことが出来ないと考えると本当に残念でなりません…
こんなことなら全ページをデジカメで撮影しておけばなぁ…と今になって後悔しています。
新たな駅ノートが再び無くなることのないことを願います…。
永田秀一
2009/12/07 02:10
●永田秀一さん
コメントありがとうございます。
コメントを読み驚いています。

本当に日本人のマナーというか道徳観はどこへいってしまったのでしょうか・・・

私も全ページは写真に収めていません。
永田さんのイラストと達人が書かれた部分のみです。

本当に残念でなりません。

※永田さんが書かれた部分のノート写真がご入り用であればメールでお送りさせていただきますのでご連絡下さい。
温泉マン
2009/12/07 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





初田牛駅 ※秘境駅 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる