北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 厚床駅 ※難読地名解答あり

<<   作成日時 : 2009/05/13 10:25   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

釧路から国道44号を根室に向け走行すると釧路町、厚岸町、浜中町と通過し根室市に入ります。
根室市に入ると国道近くにJR根室本線の厚床駅があります。


21年前、北海道全湯巡りの際ここを訪れています。

厚床駅1988年7月
↑【厚床駅 1988年7月】

21年前の駅舎です。


当時はそれなりの人で賑わっていましたが、今は閑散とした感が否めません。


そして駅舎も新しい建物になっています。

厚床駅2009年5月
↑【厚床駅】

こちらが今回訪問時の新しい駅舎です。




厚床駅は現在無人駅となっています。

駅舎内窓口
↑【厚床駅】

駅窓口が残っています。

中に人影が・・・


実はJRの駅業務自体は無人駅扱いなのですが、ここの窓口におられるのは根室交通のバス案内所の方です。


バス運行系統図
↑【厚床駅】

駅舎内にはバスの運行系統図が掲げられています。





バス時刻表
↑【厚床駅】

バス時刻表もあります。





実は厚床駅はかつて鉄道の分岐駅だったのです。

駅舎裏にその跡が残っています。

旧標津線分岐跡
↑【厚床駅】

ここ厚床駅から中標津駅を経由し根室標津駅まで標津線が運行していました。





標津線時刻表
↑【昭和42年4月号時刻表】

昭和42年4月号の時刻表です。


鉄道ファンの方はご存じかと思いますが「西別駅」は1976年(S51)12月1日、「別海駅」に名称変更されています。

別海町にはこの標津線の駅が多く存在しました。

標津線(本線・標茶駅間)には、泉川駅、光進駅、西春別駅、上春別駅が、そして標津線(支線・厚床駅間)には、奥行臼駅、別海駅(旧西別駅)、平糸駅、春別駅、

奥行臼駅に別海村営鉄道風連線が運行していました。
軌間762mmの簡易鉄道です。

この簡易鉄道整備に北海道開発局が関与していた時代もあったのです。
まだまだこの地域の道路整備が遅れていた時代です。

その後急速に道路整備が進み1971年4月1日廃線となってしまいました。

鉄道ファンとしてはその廃線跡の旅も楽しみの一つです。




さてその標津線も1989年(H元)4月30日に廃止されバス転換されました。

多くの方は列車からマイカーへと交通手段が変化していきました。

そんな私もこうしてこの駅を訪問しているのもマイカーがあるお陰なのですね。



さて、ホームへ出てみます。

釧路方面ホーム
↑【厚床駅】

釧路方面の様子です。





根室方面ホーム
↑【厚床駅】

こちらは根室方面です。

旧標津線の線路跡が隣のホームに見えます。





駅名標
↑【厚床駅】

そして駅へ来たら駅名標ですね。



本来、駅訪問は列車に乗車し来るべきところですが、北海道のローカル線の場合列車では多くの駅を巡る事は大変困難です。

しかしその困難さが鉄道を利用して訪ねる人の希少性を高めています。





話は変わりますがこの駅に来ると10数年前の出来事を思い出してしまいます。

当時別海町にあったお客様を車で訪問する途中、突如車が不調になり通常走行できなくなりました。
オートマチックミッションの不具合のようで低速での走行しかできないのです。

当時この界隈は携帯電話不感地帯で公衆電話がある厚床駅へ戻ってきたのです。

駅前からJAFに電話したところしばらく時間を要するので厚床駅まで待っていてほしいとのことでした。


1時間近く駅前広場に車を停め待っていました。

駅前広場
↑【厚床駅】

この駅前広場でJAF救援車をじっと待っていたのです。


その後JAF救援車が到着し車を釧路のディーラーさん運んでいただきました。

と言っても釧路まで約80kmあります。
JAFの会員でしたがもちろんサービス距離を遙かに超えてしまいます。

しかし、私の車は車検後1週間しか経っておらず後日この料金はディーラーさんが負担してくれました。

釧路までの道中JAF救援車の運転手さんとしばしお話しをしながらの移動となりました。




さて、厚床からは国道44号を離れ道道を経由し根室へ向かいます。

それは、JR根室本線にある秘境駅に立ち寄るためです。

さて、どんな秘境駅が待っているのでしょうか。




●難読地名クイズ解答

前回出題させていただいた難読地名・・・

「火散布」「ひちりっぷ」と読みます。

画像
↑【国道44号 厚岸町内の道路標識】








●「厚床駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E5%BA%8A%E9%A7%85



■「厚床駅」はこちらです。


より大きな地図で 厚床駅 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は実家が根室なので、次の秘境駅がわかりました。
ズバリ別**駅ですね。
露天風呂マニア
2009/05/13 17:00
秘境とか秘湯とか大好きなのでコメントしにやってきました。厚床駅前は昔よく通っていたのですが駅へ立ち寄ったコトは無かったので、こういう形で拝見できてよかったです。近くにある厚床中学校の前ではしつこいくらいに速度取締りが行われています。次の駅はボクの大好きな○□牛駅かな?
じゅん☆
2009/05/13 18:44
●露天風呂マニアさん
そうでしたか、根室がご実家なのですね。

実は次の秘境駅は別**駅の一つ手前なのです。
温泉マン
2009/05/13 22:20
●じゅん☆さん
お久しぶりです。
厚床駅を懐かしんでいただきありがとうございます。

次の秘境駅は・・・はい!、○□牛駅です。(大正解です!!)

ただ次の記事はその一歩手前の風景に関した記事になります。(笑)


※今回の道東の旅で時間があれば20年振りに薫●温泉へ行こうかと思いましたが、時間がなく断念しました。
しばらく行かないうちに周辺の事情が大きく変わっているみたいですね。
じゅん☆さんの記事によれば現在林道は通行止で車での訪問ができないと拝見しました。

とすれば4kmを徒歩になりますね。
できればじゅん☆さんとご一緒頂ければと思っていますが・・・
できれば一度私宛メールいただければ超嬉しいです。
温泉マン
2009/05/13 22:29
あー、○□牛駅に別**駅ですかー。
今厚床に住んでいるんですが、○□牛小と別**小、他にも7校ぐらいが厚床小に統合されているそうですヨ
SAKURA
2009/11/02 17:58
余計だったかもしれませんが・・・。
SAKURA
2009/11/02 18:00
●SAKURAさん
ご訪問並びにコメントをいただきありがとうございます。

学校の統廃合も進行しているようですね。
私が通っていた田舎の小学校も現在は廃校になってしまい記念碑しか建っていません。

>余計だったかもしれませんが・・・。
いえいえそんな事はありませんよ。
今後も何かお気づきになった事があったらどんどんとコメントをお寄せ下さい。

今後ともよろしくお願いします。
温泉マン
2009/11/02 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





厚床駅 ※難読地名解答あり 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる