北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速料金1000円の旅 道南編 #5 「駒ヶ岳駅」

<<   作成日時 : 2009/04/10 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高速料金1000円の旅・道南編、5回目の今回はJR「駒ヶ岳駅」をご紹介します。
最近当ブログは温泉より鉄道ネタが多くなっております。

温泉記事を期待してご訪問いただいている皆様、大変申し訳ございません。

今回の旅後半では温泉に立ち寄っていますので今しばらくお待ち願います。


さて今回の道南日帰りの旅ですが、当初私と女房の二人を予定していたのですが、急遽女房が自宅でゆっくりしていたいと言い出したので、ドライバーを兼ねて鉄道ファンである代わりの同伴者を連れて来ました。

したがって今回往復600kmを超えるドライブとなりますが、かなりの部分をそのドライバーが担ってくれるので私は助手席で優雅に撮影に専念できました。
(あとで記事内にそのドライバーが登場します。)


森駅で「いかめし」を購入後、再び国道5号へ戻り大沼・函館方面を目指します。

今回長万部ですでに「かにめし」を食べているので、「いかめし」は持参したクーラーボックスへ入れ、あとでいただく事にします。

正面に駒ヶ岳
↑【国道5号を大沼方面へ・・・】

正面に駒ヶ岳が綺麗に見えてきました。




私及び今回ピンチヒッターとして同伴したドライバーは共に大の鉄道好きです。

したがって、そのまま駅名となっているJR駒ヶ岳駅に立ち寄ることにします。


本来、駒ヶ岳駅正面へは国道5号から町道を迂回し遠回りしなければなりません。

そこで、駅舎裏手に出る近道を進みます。

国道5号からの道
↑【JR駒ヶ岳駅】

こちらは駒ヶ岳駅裏手に出る裏道です。




オープンスペースがあるので車を止め歩いて駅舎へ向かいます。

駅舎と駒ヶ岳
↑【JR駒ヶ岳駅】

駒ヶ岳と駒ヶ岳駅です。何とも絵になる景色です。





いつもの事ですが、駅へ来たら駅名標の撮影です。

駅名標
↑【JR駒ヶ岳駅】

こちらが駒ヶ岳の駅名標です。





駒ヶ岳駅は無人駅です。

駅舎と跨線橋
↑【JR駒ヶ岳駅】

ここ駒ヶ岳駅には跨線橋があります。



このような跨線橋がある小規模駅が最近少なくなっています。

多くはホーム内にミニ遮断機が設置され、線路を横断するタイプとなっています。

ここ駒ヶ岳駅は特急列車の通過も多く、その速度が速いため安全上跨線橋を利用するようになっていると思われます。

その跨線橋を渡ってみます。

跨線橋から森方面を見る
↑【JR駒ヶ岳駅】

森方面を見た様子です。






跨線橋から大沼・函館方面を見る
↑【JR駒ヶ岳駅】

大沼・函館方面を見た様子です。





railwaypianist
↑【JR駒ヶ岳駅】

今回の同伴者でドライバーでもある通称「railwaypianist」が写っています。




駅舎正面に回ってみます。

駅舎正面
↑【JR駒ヶ岳駅】

こちらが駒ヶ岳駅正面です、





時刻表
↑【JR駒ヶ岳駅】

駅舎内にあった時刻表です。





いろいろと写真を撮っていると列車接近を知らせる警報音が鳴り始めました。

北斗8号通過
↑【JR駒ヶ岳駅】

函館行特急「北斗8号」が通過して行きました。





駅舎前に何やら案内看板があるので近づいて見ます。

駒ヶ岳山麓をたどる道(維新の道)
↑【JR駒ヶ岳駅】

北海道自然歩道、「駒ヶ岳山麓をたどる道」と書かれています。



皆さん、こんな自然歩道が整備されていることを知っていましたか?

もちろん私は知りませんでした。(笑)

※長距離自然歩道、北海道自然歩道HPより抜粋

長距離自然歩道は、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しくかつ安全に、国土の優れた風景地等を歩くことにより、沿線の豊かな自然や歴史、文化に触れ、国土や風土を再認識し、併せて自然保護に対する意識を高めることを目的とするもので、自然景観や文化財等に恵まれた既存の道路を、標識等の整備によりネットワーク化した長距離の自然歩道です。
 環境省が計画し、各都府県が事業主体となって整備を進めており、昭和45年(1970年)の東海自然歩道に始まり、これまで九州・中国・四国・首都圏・東北・中部北陸・近畿と8つの自然歩道が整備されています。(平成17年度以降は国立公園内の路線は環境省が整備します。)

 全国で9番目となる北海道自然歩道は、平成15年に計画が策定され、整備がはじまりました。計画路線の延長距離は4,585kmで全国最長。天然林主体の広大な森林や湿原といった豊かな自然景観、広大な牧場や畑、防風林といった牧歌的な田園風景など北海道を代表する地域の歴史的・文化的資源等を結ぶ歩道のネットワークを構築するものとなっており、整備が完了すれば、全国の長距離自然歩道の総延長距離は約2万6千kmに及ぶこととなります。


こんな素晴らしい歩道が整備されているのですね。


でもほとんどPRされていないので知らない方も多いかと思います。

実際このルートを歩かれてこの駅に到着したら、温泉で一汗流したいと思いませんか。

ここ駒ヶ岳駅から約4.5kmの場所に町営の温泉施設「駒ヶ峯温泉ちゃっぷ林館」があります。

せっかく自然歩道の案内看板を設置しているのなら温泉施設の案内看板も併設しても良いのではないでしょうか。

やっぱり北海道人って商売下手というかサービス精神が不足していますね。

今や健康ブームですので大いにこのような体験コースを活用してみてはいかがでしょうか。



長距離自然歩道は北海道以外では全国8ヶ所に点在しています。

北海道以外の長距離自然歩道の整備地区は下記URLを参照願います。
http://www.env.go.jp/nature/nats/shizenhodo/index.html


次回訪問は車ではなく列車を利用し、この自然歩道散策が良いかも知れません。

メタボな私にはそれが一番かもしれません。(笑)



●「駒ヶ岳駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%92%E3%83%B6%E5%B2%B3%E9%A7%85



■「駒ヶ岳駅」はこちらです。


より大きな地図で 駒ヶ岳駅 を表示









それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





高速料金1000円の旅 道南編 #5 「駒ヶ岳駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる