北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速料金1000円の旅 道南編 #9 「鹿部温泉 亀の湯」

<<   作成日時 : 2009/04/14 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

高速料金1000円の旅・道南編、9回目は「鹿部温泉 亀の湯」をご紹介します。
ようやく今回の旅で初めての温泉入浴になります。(笑)

前回ご紹介の「しかべ間歇泉公園」すぐ近くに温泉銭湯があります。

温泉銭湯「亀の湯」です。

亀の湯には専用駐車場もありますが、しかべ間歇泉公園から100m程の距離なので車はそのまま公園駐車場に置いて歩いて行く事にします。

道路看板遠景
↑【温泉銭湯 亀の湯】

道路沿いに「亀の湯」を示す看板があります。






看板近景
↑【温泉銭湯 亀の湯】

何となく風情を感じる看板です。






正面
↑【温泉銭湯 亀の湯】

亀の湯正面です。見るからに銭湯ですね。




入口の戸を開けるとチャイムが鳴り、奥の部屋からおばちゃんが出てきました。

番台
↑【温泉銭湯 亀の湯】

湯銭420円を払うとおばちゃんはまた奥の部屋へ戻って行きました。




この時、男湯には私一人でした。
札幌近郊でもこの手の銭湯がありますがあまり行かなくなりました。

脱衣所から浴槽を見る
↑【温泉銭湯 亀の湯】

しかし、ここは紛れもなく源泉掛け流しの温泉です。





浴槽
↑【温泉銭湯 亀の湯】

浴槽は内湯1ヶ所のみです。





掛け流し状況
↑【温泉銭湯 亀の湯】

温泉は掛け流しされています。






源泉溜め
↑【温泉銭湯 亀の湯】

浴槽横に源泉溜めがあります。




温度を計ってみます。

源泉溜め69.5度
↑【温泉銭湯 亀の湯】

何と69.5度もあります。




浴槽の温度も計ってみます。

湯温47.0度
↑【温泉銭湯 亀の湯】

がびーん!! 47.0度もあります。




いくら熱い湯が好きな私でもこの温度は・・・

でも、草津や野沢温泉でも熱い湯は経験しています。

それと道南の人は熱い湯に慣れているようなのでこんなに熱いのかもしれません。
湯の川温泉界隈にある銭湯は50度という所もある位ですから・・・

ともかく一度入ってみることにします。

筆者入浴
↑【温泉銭湯 亀の湯】

とにかく熱い!!


※実は正面からの写真もありますがとても見せられる表情ではありませんので後ろ姿で失礼いたします。


温泉分析表93.0度
↑【温泉銭湯 亀の湯】

温泉分析表には源泉温度が93.0度と書かれています。




加水案内
↑【温泉銭湯 亀の湯】

当然加水しないと入れる状態ではありません。




温泉ファンの間で鹿部温泉は名湯として良く知られていますが、一般の方にはちょっと馴染みがないかも知れません。

日頃適温の湯にしか入った事のない方は是非この高温の湯をお楽しみ下さい。(笑)

今回紹介した「亀の湯」以外に鹿部町には銭湯や温泉旅館で日帰り入浴をやっていますのでそちらの方もどうぞご利用下さい。

●鹿部町内の温泉・宿泊施設(鹿部温泉観光協会HPより)
http://shikabe.net/sk/modules/tinyd10/content/index.php?id=16


住所は
北海道茅部郡鹿部町鹿部30-10

入浴料金:大人420円 中人140円 小人70円 ※銭湯料金です。
営業時間:詳細をお聞きしてくるのを忘れました。

TEL 01372-7-2300
※駐車場あり


■「亀の湯」はこちらです。


より大きな地図で 鹿部温泉 を表示









それでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
群馬県の草津町温泉
群馬県の草津町温泉についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 ...続きを見る
草津温泉情報ナビ
2009/04/16 19:21
長万部温泉 
「長万部温泉」・・・ 名前の通り長万部にある温泉です。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2009/11/06 13:35
鹿部ロイヤルホテル(温泉スタンプラリー30湯目)
ホテル恵風を後にして、いよいよ自宅へ戻ります。 何とかもう一ヶ所温泉へ立ち寄って行きたいと思っていますが、時刻は既に17:35分を回っています。 ...続きを見る
北海道人の独り言
2011/09/11 19:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
温泉マンさん、こんにちは。
「亀の湯」、良いですよね。温泉銭湯で独占浴できるので、お得感です。
ところで☆が2007’10月に立ち寄ったときの温泉分析書の申請日が「平成3年3月26日」で、面白いことを発見。
平成3年3月26日付けの源泉温度は91℃、湧出量は毎分20リットル。自噴なので・・・・分析しなおしたか、17年で泉温・湧出量とも変化したのですね。やっぱり温泉は生き物です。
ぴかリン
2009/04/22 19:24
●ぴかリンさん
さすが目の付け所が違いますね。

逆に言うとこれこそが本当に生きている温泉の証なのですね。
あの熱さも尋常ではないですが・・・
温泉マン
2009/04/22 19:30
こんにちは。
湯量が豊富で出しっぱなしの温泉ってあつすぎるところが多いですよね。
草津も渋温泉も結構熱いです。
もも(毛穴吸引にはまってます)
URL
2009/08/27 21:07
●もも(毛穴吸引にはまってます)さん
初めまして。
北海道では函館を中心に道南方面は熱い湯が多いです。
草津は我が家もお気に入りです。
温泉マン
2009/08/28 08:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





高速料金1000円の旅 道南編 #9 「鹿部温泉 亀の湯」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる