北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS マイカーの旅 #49 「出雲坂根駅(JR木次線)」

<<   作成日時 : 2008/09/04 01:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回出題しました「鉄道クイズ」解答は島根県奥出雲町にある「出雲坂根駅(いずもさかねえき)」でした。
JR西日本木次線(きすきせん)にある駅です。


なぜこの駅が鉄道ファンに人気なのでしょうか。

国道の駅入口を示す案内板にその答えが書かれています。

国道案内看板
↑【出雲坂根駅】

延命水 スイッチバック」と書かれています。


まずスイッチバックについて紹介します。

ここ出雲坂根駅が鉄道ファンの間で有名な訳は、全国に3ヶ所しかない類型1スイッチバックが採用されている駅だからです。

類型1とは・・・

勾配を緩和するために、本線上で列車の進行方向を逆転させるもので停車場に停車せずに通過することはできない型式


類型1が存在する3ヶ所とは・・・

1.立野駅JR豊肥本線
2.出雲坂根駅JR木次線
3.出山信号場大平台駅上大平台信号場箱根登山鉄道鉄道線


※勾配緩和方法としてはスイッチバック方式以外にループ線方式もあります。
  しかしループ線方式は周辺の立地条件の制約も多く採用は少なくなっています。
 代表的な例としては肥薩線、矢岳駅〜大畑駅(単線・大畑方へ下り勾配、スイッチバック併用)があり、日本三大車窓にもなっています。


駅正面
↑【出雲坂根駅】

こちらが「出雲坂根駅」です。





沿線スポット
↑【出雲坂根駅】

駅舎に沿線スポットの案内看板がありました。

ここ出雲坂根駅の標高が564m、隣の三井野原駅は標高726mです。
その差162mあります。ちなみに両駅の駅間は6.4kmです。





スイッチバックと延命水のある駅
↑【出雲坂根駅】

駅舎入口上部に「歓迎 スイッチバックと延命水のある駅」と書かれています。






時刻表
↑【出雲坂根駅】

時刻表には1日上下各4本の列車が運転とされています。
ただしその内1本は日祝日、期間限定の運行列車です。






改札を出てみます。

駅名標
↑【出雲坂根駅】

初めて訪ねる駅に来たらまず最初に「駅名標」を撮ります。

駅名標を見ると右手方向の隣駅が「みいのはら」と表示になっています。



ホーム右手を見てみます。

右方面は行き止まり
↑【出雲坂根駅】

実はこちら側から列車がやって来ることはありません。
この線路はこの駅で行き止まりになっています。





反対側を見てみます。

改札を出たところ
↑【出雲坂根駅】

改札口を出て左側の様子です。

ここ出雲坂根駅の広島方面の隣駅は「三井野原駅(みいのはらえき)」で島根方面の隣駅は「八川駅(やかわえき)」です。

しかし、その両方面の列車は同方向から入線し同方向へ出発します。




「えっ!」


と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


つまり出雲坂根駅はスイッチバック方式を採用している駅なのです。

広島方面の隣駅「三井野原駅」との標高差が162mあるため3段式のスイッチバックで標高差を緩和しています。

画像

↑【スイッチバックイメージ図】

両駅間のイメージはこんな感じです。







三井野原方面から入線
↑【出雲坂根駅】

三井野原駅方面から列車がやって来ました。

写真右手奥に2段目から3段目へのスイッチバックポイントがあります。






乗車するお客様は1人
↑【出雲坂根駅】

乗降客は大変少なく、出雲坂根駅では1名の方が乗車(降りた人はなし)されただけでした。






八川方面へ出発
↑【出雲坂根駅】

列車はこの駅で進行方向を変え、今度は八川駅(島根方向)へ出発しました。
通過する列車内を見ると乗客は先ほど乗車された方1名のみでした。







それでは、出雲坂根駅における入線・出発をご覧下さい。

■出雲坂根駅(駅構内での最終スイッチバック)







出雲坂根駅は鉄道ファンの間でスイッチバックのある駅として有名ですが、もう一つ「延命水」のある駅としても有名です。


駅・延命水説明
↑【出雲坂根駅】

「延命水」の由来が書かれています。





写真の文字が読みにくいので再掲させていただきます。

奥出雲の銘水
出雲坂根の延命水の由来
(島根県仁多郡横田町坂根)
 ここからわき出る水は、清水堀と呼ばれ、寿命百年の古狸がいたのは延命の水がもたらしたものだと村人たちは言い伝え、村人たちもまた長寿の霊水と称して飲用したという。
 又、横田町のたたら製鉄を岡山・広島方面に運ぶ途中、馬子たちはここに足を止めて水でのどをうるおしたと今に伝えられる。
 駅のホームに夏は冷たく冬は温かい水がわき出ている。三井野原の稚児神社(水の神様)から分霊を受けて延命神社を建立し延命水祭を行っている。
 この延命水は島根県の名水百選に選定されている。(暮らしの清水)


駅・延命水の湧いている場所
↑【出雲坂根駅】

ホームのハズレにその古狸がいました。

その足下から名水がわき出しています。





駅・延命水・柄杓で1杯
↑【出雲坂根駅・延命水】

私もそれに肖りたく備え付けの柄杓で一杯いただくことに・・・
冷たくて美味しいです。

これで私の寿命もかなり延びた事でしょう。





延命神社
↑【出雲坂根駅・延命水】

大変小さな「延命神社」があります。





延命水ご利用の皆様へ
↑【出雲坂根駅・延命水】

どこの土地にもマナーの悪い輩がいるのですね。困ったものです。






さてこれらを見て私も「延命水」を汲んで帰り飲んでみたいという方も多いかと思います。

しかし駅構内に於いてポリタンク等を利用した延命水の水汲みを禁止しています。

延命水をお持ち帰りになりたい方は・・・

延命水大きな看板
↑【延命水】

出雲坂根駅前の国道をはさんだ場所に大きく

「延命水」

と書かれた看板があります。






階段を下りる
↑【延命水】

看板脇の階段を国道下へ下りて行きます。






水汲み場所
↑【延命水】

ポリタンクや焼酎・ウィスキーの大きなペットボトルへの水汲みはこちらで行います。





水汲み状況
↑【延命水】

この日は平日にも関わらず多くの方が延命水を汲みに来られていました。






実は私はこういう事もあるだろうと思い、焼酎の空きペットボトル(4L)を1本車に積んでいました。

水汲み場所
↑【延命水】

水の流量が多いのであっという間にペットボトル一杯になりました。





水汲み完了
↑【延命水】

水汲み完了です。
北海道へこの名水を持ち帰る事にします。






さぁ、スイッチバックと延命水で有名な出雲坂根駅をあとにしたいと思います。

今来た国道183号を引き返します。

それでは、ここ出雲坂根駅からお隣の三井野原駅まで、奥出雲おろちループ全線を撮影したビデオ映像をご覧下さい。


■奥出雲おろちループ(国道314号出雲坂根駅〜三井野原駅)






さて、三井野原駅も閑散とした山間にあるローカル駅です。

駅裏
↑【三井野原駅】

こちらが駅の正面と思い走行して来たら実は駅裏でした。






駅正面
↑【三井野原駅】

こちらが駅正面です。





駅名標
↑【三井野原駅】

ここでも駅名標を撮影します。






出雲坂根方面
↑【三井野原駅】

こちらは先ほどまでいた出雲坂根駅方面です。






油木(広島)方面
↑【三井野原駅】

そしてこちらが油木駅(広島県)方面です、






駅前スキー場・旅館
↑【三井野原駅】

私が訪問した時、駅周辺は大変閑散としていました。

しかしこの駅前にはスキー場があるのです。





駅前スキー場・旅館2
↑【三井野原駅】

駅周辺には数件の旅館があります。

きっと冬には賑わうことでしょう。




■温泉マン一口メモ

駅とスキー場が直結している場所としてはガーラ湯沢駅が有名です。

北海道では夕張駅前にマウントレースイスキー場があります。




さて、これから一旦中国自動車道東城ICへ向かい次の立ち寄り先である岡山県湯原温泉へ向かいます。



●「出雲坂根駅」 ※wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%9D%82%E6%A0%B9%E9%A7%85

住所は島根県仁多郡奥出雲町八川


■「出雲坂根駅」はこちらです。





■「三井野原駅」はこちらです。








それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



なかのひと





マイカーの旅 #49 「出雲坂根駅(JR木次線)」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる