北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS マイカーの旅 #7 「大歩危駅(おおぼけえき)」

<<   作成日時 : 2008/07/26 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

祖谷のかずら橋を後にし今宵の宿へ向かいます。
といっても今宵の宿は愛媛県道後温泉です。しばらく付近を観光しながら向かう事にします。


ここ一帯は祖谷渓(いやけい)と言われる景勝地です。


道路もカーブの連続で、起伏も大変激しいのです。

祖谷渓の道路事情
↑【祖谷渓の道路事情】

私が大変好きな風景です。
我が家先祖のルーツである富山県五箇山に似た感じを受けました。





今回私は祖谷温泉訪問にあたり国道32号をJR祖谷口駅側から県道32号の狭い道を走行しましたが、少し遠回りになりますがこちらの県道45号を利用した方が走りやすいかと思います。




本州を旅していつも思うのですが、急な傾斜地に家々が建っている姿は北海道ではお目にかかることがありません。

急傾斜地に建つ家々
↑【急傾斜地に建つ家々】

北海道にはない風景です。
歴史の深さを感じます。






さて当ブログにお訪ねいただいている方は良くご存じかと思いますが、私温泉マンの趣味は第一に温泉ですが、実はその他に鉄道マニアでもあります。

起伏の激しい県道を走行し国道32号手前にさしかかりました。

ここに今回紹介した祖谷渓観光を鉄道で訪ねる際の玄関口「大歩危駅(おおぼけえき)」があります。

大変小さな駅ですが特急列車が停車する主要駅なのです。

大歩危駅前
↑【大歩危駅】

写真を撮ろうとすると客待ちしていたタクシーの運転手さんが気さくに声を掛けてくれました。




「駅の中へ入って撮ったらいい〜」



その声に促され、私は駅の中へ・・・

構内から駅舎を見る
↑【大歩危駅構内から駅舎を見る】

駅舎屋根に大きく駅名が書かれていました。





駅名標
↑【大歩危駅 駅名標】

駅に来たらまず駅名標の撮影です。

駅名標は駅訪問の証です。






高知方面
↑【大歩危駅 高知方面】

線路の様子を見てみます。

こちらは高知方面になります。





香川・徳島方面
↑【大歩危駅 香川・徳島方面】

こちらは香川・徳島方面なります。





かずら橋下車案内
↑【大歩危駅 かずら橋下車案内】

今回私はマイカーで旅していますが、前回紹介のかずら橋等を鉄道を利用する場合はここ大歩危駅で下車し駅前よりバスで行く事ができます。






渓谷の橋と清流
↑【大歩危駅 渓谷の橋と清流】

駅のすぐ脇を清流吉野川が流れています。





時刻表
↑【大歩危駅 時刻表】

小さな駅ですが観光地鉄道玄関口ですので特急列車が停車します。






切符自販機
↑【大歩危駅 切符自販機】

駅員さんは常駐しておらず、切符に自販機がありました。





撮影後先ほどのタクシーの運転手さんとしばらく話し込んでしまいました。


さぁさぁ今宵の宿、道後温泉へ向かう事にします。




住所は
〒778-0105
徳島県三好市西祖谷山村字徳善


●「大歩危駅」紹介ページ ※JR四国駅コミ
http://www.jr-eki.com/kakueki/ooboke/index.html



■「大歩危駅」はこちらです。










それでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大歩危駅の虎太朗退任 シバイヌ「助役」
大歩危駅で2年4カ月にわたり「助役」として観光客らに親しまれたシバイヌの虎太朗(雄、4歳10カ月)が10日引退し、駅で退任式があった。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/11/13 09:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
西祖谷から、さらに、さらに山奥にある、東祖谷の二重かずら橋、野猿、いやしの温泉郷、日本一の観光周遊モノレール とかは、行かれなかったんですね。この辺も、なかなか興味深いですよ。次回来ることがあれば、お薦めなので、是非、行ってみてください。きっとその頃には、四国の秘境 山城大歩危妖怪村 も充実してるかもしれません。
yado
URL
2008/07/26 18:44
●yadoさん
今回は時間の関係でここまでとなりました。
その奥は次回の楽しみにとっておきます。
田舎育ちの私にとって山間の風景はとても癒されました。
四国観光もその奥深さがわかりました。
温泉マン
2008/07/26 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





マイカーの旅 #7 「大歩危駅(おおぼけえき)」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる