温泉と私 #61 「湯けむりの旅北海道 60/76」  野中温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録60湯目は「野中温泉」訪問記です。 一般的に野中温泉と言われていますが、源泉名としては「雌阿寒温泉」です。 http://www.minkoku.com/yado/top.php?yado_id=7 https://www.facebook.com/Nona…

続きを読む

温泉と私 #60 「湯けむりの旅北海道 59/76」  トムラウシ温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録59湯目は「トムラウシ温泉」訪問記です。 今回紹介する「トムラウシ温泉東大雪荘」は、このシリーズで紹介する76湯の中で、我が家が一番数多く訪ねている温泉で一番思い入れのある温泉です。 http://www.tomuraushionsen.com/ 50年…

続きを読む

温泉と私 #59 「湯けむりの旅北海道 58/76」  瀬戸瀬温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録58湯目は「瀬戸瀬温泉」訪問記です。 今回ご紹介するのは遠軽町にある「瀬戸瀬温泉」です。 http://engaru.jp/asobu-manabu/21kyoutsu/kankousisetu/onsen/seotose-onsen/setose-onsen.h…

続きを読む

温泉と私 #58 「湯けむりの旅北海道 57/76」  丸瀬布温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録57湯目は「丸瀬布温泉」訪問記です。 本で紹介されているのは「丸瀬布温泉(翠明荘)」です。 我が家でもこの「翠明荘」を.訪ねています。 ※「湯けむりの旅北海道」より引用 当時の大変貴重な建物入口写真が「kunityanのブログ」…

続きを読む

温泉と私 #57 「湯けむりの旅北海道 56/76」  カムイワッカ湯滝

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録56湯目は「カムイワッカ湯滝」訪問記です。 今回紹介するのは「カムイワッカ湯滝」です。 http://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/ 私がご説明するまでもなく、全国の温泉、秘湯ファンなら一度は訪ねてみ…

続きを読む

温泉と私 #56 「湯けむりの旅北海道 55/76」  知床温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録55湯目は「知床温泉」訪問記です。 知床と聞くと、オホーツク管内「斜里町ウトロ」と根室館内「羅臼町」を思い出されるかと思います。 しかし当時の知床はどちらかというと「ウトロ」側の方が著名で多くの方が訪れていました。 知床横断道路(国道334号)の…

続きを読む

温泉と私 #55 「湯けむりの旅北海道 54/76」  藻琴山高原温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録54湯目は「藻琴山高原温泉」訪問記です。 本で紹介されているのは「藻琴山高原温泉(銀嶺荘)」です。 本の取材は1985年(S60)11月です。 本の中で紹介されている建物写真です。 ※「湯けむりの旅北海道」より引用 オホーツク…

続きを読む

温泉と私 #54 「湯けむりの旅北海道 53/76」  岩尾別温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録53湯目は「岩尾別温泉」訪問記です。 今回ご紹介するのは「岩尾別温泉(ホテル地の涯)」です。 http://iwaobetu.com/ 「北海道内で宿泊できる秘境温泉は?」 と聞かれれば「岩尾別温泉(ホテル地の涯)」と答える温泉ファンが多い…

続きを読む

温泉と私 #53 「湯けむりの旅北海道 52/76」  芦別温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録52湯目は「芦別温泉」訪問記です。 芦別温泉と聞き、多くの方は芦別スターライトホテルを思い浮かべることと思います。 http://www.starlight-hotel.co.jp/ しかし「湯けむりの旅北海道」で紹介されているのはこちらの「芦別温泉…

続きを読む

温泉と私 #52 「湯けむりの旅北海道 51/76」  幌新温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録51湯目は「幌新温泉」訪問記です。 温泉の発見は早く1907年(M40)頃と言われています。 温泉施設が開業したのは1981年(S56)9月で、オープン当初の名称は町営幌新温泉「パークハウス白樺」でした。 ※「湯けむりの旅北海道」より引用 …

続きを読む

温泉と私 #51 「湯けむりの旅北海道 50/76」  旭温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録50湯目は「旭温泉」訪問記です。 旭温泉は国道232号から6km程山中へ入った行き止まりにあります。 http://asahi-onsen.cocolog-nifty.com/ こちらが温泉建物です。 開業は1978年(S53)です…

続きを読む

温泉と私 #50 「湯けむりの旅北海道 49/76」  愛山渓温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録49湯目は「愛山渓温泉」訪問記です。 今回ご紹介するのは愛山渓温泉(愛山渓倶楽部)です。 1909(明治42)年、4月愛別村字伊加牛の直井藤次郎ほか2名が熊を追って愛山渓温泉を発見とあります。 その後旭川1948(S23)年、旭川林務署により愛山荘ヒ…

続きを読む

温泉と私 #49 「湯けむりの旅北海道 48/76」  白金温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録48湯目は「白金温泉」訪問記です。 本の中で紹介しているのは「白金温泉(白金温泉ホテル)」です。 http://www.shiroganeonsen.com/ 開業は1952年(S27)です。 本の中で紹介しているのは白金温泉ホテル…

続きを読む

温泉と私 #48 「湯けむりの旅北海道 47/76」  上砂川岳温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録47湯目は「上砂川岳温泉」訪問記です。 上砂川岳温泉源泉は、温泉から道道沿いを芦別方面へ約1.5km程入った地点にある、かつての鹿島温泉跡です。 鹿島温泉は1925年(T14)、道庁より認可された湯治場で、多くの炭鉱労働者やその関係者で…

続きを読む

温泉と私 #47 「湯けむりの旅北海道 46/76」  十勝岳温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録46湯目は「十勝岳温泉」訪問記です。 本の中で紹介しているのは「十勝岳温泉(凌雲閣)」です。 https://hpdsp.jp/ryounkaku/ https://ryounkakuonsen.wixsite.com/ryounkaku …

続きを読む

温泉と私 #46 「湯けむりの旅北海道 45/76」  松前温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録45湯目は「松前温泉」訪問記です。 本で紹介されているのは「松前温泉(松前温泉休養センター)」です。 http://matsumae-onsen.com/ 開業は1986年(S61)12月で、本の取材はその翌年1987年3月25日です。 本で建物の…

続きを読む

温泉と私 #45 「湯けむりの旅北海道 44/76」  湯ノ岱温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録44湯目は「湯ノ岱温泉」訪問記です。 本で紹介されているのは「湯ノ岱温泉(上ノ国町 国民温泉保養センター)」です。 「湯ノ岱温泉((上ノ国町 国民温泉保養センター)」、浴槽の様子が本の中で紹介されています。 ※「湯けむりの旅北海道…

続きを読む

温泉と私 #44 「湯けむりの旅北海道 43/76」  鹿部温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録43湯目は「鹿部温泉」訪問記です。 本の中で紹介されているのは「鹿部温泉 鹿部ロイヤルホテル」です。 ■Royal Hotel みなみ北海道鹿部 https://www.daiwaresort.jp/shikabe/index.html 201…

続きを読む

温泉と私 #43 「湯けむりの旅北海道 42/76」  大船下の湯

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録42湯目は「大船下の湯」訪問記です。 私は「硫黄泉」が大好きです。 北海道に数多くの硫黄泉がありますが、私はここ「大船下の湯」の硫黄泉が大好きです。 http://shimonoyu.com/burogu/onsen-simonoyu 開湯は179年前…

続きを読む

温泉と私 #42 「湯けむりの旅北海道 41/76」  神威脇温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録41湯目は「神威脇温泉」訪問記です。 前回ご紹介した「幌内温泉」は北海道南西沖地震の影響で廃業となりましたが、今回ご紹介する「神威脇温泉(神威脇温泉保養所)」は現在も営業中です。 http://unimaru.com/?page_id=3968 ※「…

続きを読む

温泉と私 #41 「湯けむりの旅北海道 40/76」  幌内温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録40湯目は「幌内温泉」訪問記です。 我が家が本格的に温泉歩きをはじめ、北海道の全温泉地を巡ってみたいと思い始め、気付いた事があります。 それは北海道の離島にも温泉が存在することです。 北海道は広大であるとは言え、道路を走行して隅々まで行くことができま…

続きを読む

温泉と私 #40 「湯けむりの旅北海道 39/76」  桜野温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録39湯目は「桜野温泉」訪問記です。 「桜野温泉」紹介前に、前回の記事で「湯けむりの旅北海道」で紹介されている76湯うち半分の38湯を紹介させていただきましたので振り返ってみたいと思います。 前回まで紹介させていただいたのは下記の38湯です。 ★:廃業…

続きを読む

温泉と私 #39 「湯けむりの旅北海道 38/76」  五厘沢温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録38湯目は「五厘沢温泉」訪問記です。 今回ご紹介する「五厘沢温泉 ホテル緑館」を語る上で「北海道振興株式会社」の存在を抜きに語る事はできません。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93…

続きを読む

温泉と私 #38 「湯けむりの旅北海道 37/76」  恵山温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録37湯目は「恵山温泉」訪問記です。 湯けむりの旅北海道で紹介されている「恵山温泉」は「恵山温泉旅館」です。 http://www.n43.net/esan/index.htm 本の取材時は恵山町でしたが2004年(H16)12月1日、合併により函館市…

続きを読む

温泉と私 #37 「湯けむりの旅北海道 36/76」  美利河温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録36湯目は「美利河温泉」訪問記です。 現在「美利河温泉」と言えば今金町にある「クアプラザピリカ」を思いかべるかもしれません。 http://www.kurplazapirika.net/home.html 湯けむりの旅北海道取材の1986年(S61)…

続きを読む

温泉と私 #36 「湯けむりの旅北海道 35/76」  乙部館浦温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録35湯目は「乙部館浦温泉」訪問記です。 「乙部館浦温泉」は乙部町にある温泉で、今回紹介するのは「光林荘」という温泉宿です。 光林荘の開湯は1982年(S57)で、道南地方にあっては比較的新しい温泉施設です。 しかしながら改築のため2014年、光林…

続きを読む

温泉と私 #35 「湯けむりの旅北海道 34/76」  平田内温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録34湯目は「平田内温泉」訪問記です。 湯けむりの旅北海道で紹介されている当時は「国民宿舎ひらたない荘」でした。 開業は1972年(S47)です。 我が家では1990年6月に訪問しています。 駐車場の車を見ると何とも時代を感じます。 …

続きを読む

温泉と私 #34 「湯けむりの旅北海道 33/76」  ワールド温泉牧場

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録33湯目は「ワールド温泉牧場」訪問記です。 今回ご紹介するワールド温泉牧場は森町にあった温泉や乗馬そしてキャンプなどを楽しむ事ができたリゾート施設でした。 過去形になっているのは「ワールド温泉牧場」は廃業となり現在営業していません。 しかし、2年…

続きを読む

温泉と私 #33 「湯けむりの旅北海道 32/76」  濁川温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録32湯目は「濁川温泉」訪問記です。 森町にある濁川温泉には7軒の温泉宿がありますが、湯けむりの旅北海道で紹介されているのは「新栄館」です。 http://kankou.mori.hokkaido.jp/201510/05-0403.html http://m…

続きを読む

温泉と私 #32 「湯けむりの旅北海道 31/76」  見市温泉

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録31湯目は「見市温泉」訪問記です。 今回ご紹介するのは「見市(けんいち)温泉」です。 http://www.kenichi-spa.com/ 場所は旧熊石町、現在は八雲町となっています。 開湯は1868年、まさに江戸時代最後の慶応4年です。…

続きを読む