丸駒温泉

平野部でも紅葉シーズンを迎えた北海道ですので、温泉入浴を兼ねちょっとお出かけしました。 今回旅のお供はこちらの「北海道じゃらん」です。 本の価格は400円ですが、今月号は道内の日帰り温泉施設が半額で利用できる割引券が多く付いています。 先ずは国道230号を南へと走行します。 今回目的の温泉は心の中で決めたのですが、私の目の前のバス広告が何か誘っているような感じで気になりま…

続きを読む

小幌駅はすごい駅

日本各地に「すごい駅」と呼ばれる駅があります。 日本を代表する鉄旅界最強の共著がこちらです。 この本は3年前の2016年8月に発刊され私も購入させていただきました。 横見さんとは直接お会いしたことがありませんが、牛山さんとは6年前札幌で直接お会いし鉄道談義させていただきました。 お会いした場所は私が日頃良く利用させていただいている「北のたまゆら桑園店」です。 …

続きを読む

旅のスタイルは年とともに変遷

私の生家は鉄道駅から7kmほど離れていましたが小学4年の時、父に買ってもらった道内時刻表が私を鉄道の世界へと導いてくれました。 そんな思い出深い時刻表は保管状況も悪く無残な姿です。 田舎の農家生まれの私にとって夜の娯楽はこの時刻表を使って歩く「架空の旅」でした。 道内では函館始終発の夜行列車が全盛期の頃です。 北海道から本州へは飛行機もありましたが…

続きを読む

妻が乗りたい列車

JR北海道の経営問題が浮上し色々なアイデアが創出されています。 「乗らないのに残せ!」は過言ですが、鉄道ファン以外の一般人、特に比較的に時間と金銭面で自由度の高い主婦層の方はどんな列車だったら乗ってみたいと思っているのでしょうか? 例えば全く鉄道に興味のない私の妻を事例に書いてみたいと思います。 私の趣味は温泉巡りのため行動範囲や時間に制約されないマイカーが中心となります。 …

続きを読む

昭和から平成そして令和へ 

いよいよ本日は平成最後の日となりました。 30年前の昭和から平成へ遷り変わる時代、我が家ではどんな旅をしていたのか過去の写真を紐解いてみました。 昭和最後の日は「昭和64年1月7日」で平成最初の日は「平成元年1月8日」でした。 我が家記録写真はこの頃、まだ銀塩時代でありその多くがネガの状態で残っており僅かにその一部プリントされていたものをスキャンニングしたのがブログなどで使用してい…

続きを読む

「観光」と私 その1

大学卒業後、私は北海道の建設(道路舗装)業界に就職しました。 当時の北海道はまだまだ未舗装区間や新設道路(バイパス建設含む)が多く舗装業界は元気でした。 また今とは違い建設業を目指す若者も多く存在した時代でした。 今から40年前のことです。 そんな私が「観光」に興味を持ち始めたのはいつ頃からだっただろうと最近振り返っています。 北海道における「建設業」の顧客先(発注元)の多…

続きを読む

北海道150年事業応援企画 「展示博覧会」開催について

私は温泉大好き人間ですが「鉄道」もこよなく愛しています。 そんな訳で、北海道の鉄道とその周辺にある観光資源を研究する団体の一員として活動しています。 その団体名は「北海道鉄道観光資源研究会」です。 http://rail-hokkaido.net/ その研究会が11/10(土)、11/11(日)の二日間、札幌にあります道庁赤れんが庁舎2階会議室で北海道150年事業応援企画として「展示…

続きを読む

イノベーションの本質

「どうしたら地域を元気にできるか?」 「どうしたら地元民が乗らない鉄路を存続できるのか?」 「どうしたら利用客が激しく落ち込んだ温泉を再生できるか?」 これらは北海道の多くの地方で抱える現実問題です。 私も微力ながら自分の生まれ故郷活性化のお手伝いをさせていただいていますが、自分一人の力では限界があり私自身の経験値も少ないため、全国各地の成功事例を参考にさせていただいています。 …

続きを読む

出張帰りに思い出探訪

昔に比べ最近遠方の温泉へ行く機会が減りました。 興味をそそる新しい湯宿ができれば思い切ってでかけてみようと言う気にもなるのですが、最近は休業や廃業のニュースが多く、そして自分自身の体力がなくなったことが遠出しない一番の理由かもしれません。 それでも年に数回は道内の地方へ出張します。 建設関連の仕事で出張することが多いので移動手段は鉄道・バスではなくマイカーが中心です。 先日1泊2…

続きを読む

我が家のゴールデンウィーク回顧録 その1

世はまさまにゴールデンウィークですね。 国内外にお出かけの方も多いことと思います。 子供が社会人になってから昔ほどゴールデンウィークに出掛けることがなくなりました。 温泉好きの我が家ですので子供が小さい頃は道内の温泉を訪ねるのが通例でした。 その後1991年からフェリーを利用して本州の温泉を訪ねるようになりました。 どの旅も楽しかったのですが1993年に訪ねた東北温泉旅行は…

続きを読む

鉄分補給して仕事に活力?

新年度に入り私も本業で道内各地へ出掛けるようになりました。 そんななか鉄道ファンの私としてはJR北海道の路線存続問題、特に空知地方が気になったりしています。 ということで仕事先へ向かう途中、ついつい列車と駅の撮影に立ち寄ってしまいます。 ここは札沼線(学園都市線)豊ヶ岡駅です。 空知にある秘境駅の一つです。 のんびりゆっくりと走行しています。 こうして…

続きを読む

ありがとう、またお会おうね! 特急旭山動物園号

JR北海道では老朽化した車両の廃止が進んでいます。 その中に183系と言われる車両があります。 一般の方には「特急旭山動物園号」と言った方がおわかりになるかと思います。 その「特急旭山動物園号」は3/24(土)、3/25(日)の運行をもってラストランとなりその後廃車となります。 https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/asahiyamazoo/index.…

続きを読む

根室本線不通区間とダイヤ改正で思うこと

先日(3/17)、JR北海道のダイヤが改正されました。 今回のダイヤ改正でJR北海道の駅が1つ廃止となりました。 それは根室本線「羽帯駅」です。 羽帯駅と聞き思い出すのが、5年前乗車した日本一長い時間走行する定期普通列車2429Dです。 滝川駅で乗換時、当時「駅そば」やKIOSKもありましたが今はその両方が撤退しています。 滝川~…

続きを読む

2017年、鉄道関係訪問備忘録

いよいよ今年も残りわずかとなりました。 最近は温泉歩きに加え、ローカル線問題にも微力ながら応援しています。 今年3月4日のダイヤ改正で下記10駅が廃止されました。 【千歳線】 美々駅 【函館本線】 東山駅、姫川駅、桂川駅、北豊津駅、蕨岱駅 【根室本線】 島ノ下駅、稲士別駅、上厚内駅 【釧網本線】 五十石駅 どの駅も私にとって大変…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その22「まとめ」

道庁主催の北海道観光列車モニターツアー「大地の恵み体験1泊2日 最北への旅路・宗谷本線」(Bコース)も旭川駅到着で無事終了となりました。 1日目は旭川駅前より稚内へバスにて7時間、2日目は稚内駅より旭川駅まで9時間の列車旅、とても充実したツアーでした。 そのモニターツアーについて今回私なりのまとめをさせていただこうと思います。 北海道(総合政策部交通政策局交通企画課)が主催する観光…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その21「復路、列車の旅・比布駅」

塩狩駅を出発し塩狩峠を越え比布町へと入ります。 蘭留駅、北比布駅を通過し16:55「比布駅」に到着です。 ここで17分間停車します。 この時期、辺りは真っ暗です。 ツアー参加者の皆さんは跨線橋を渡り駅舎へと向かいます。 駅舎ホームで記念撮影する参加者も多く見受けられます。 比布駅の駅舎は昨年リニューアルされ、その際交流スペースを兼ね…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その20「復路、列車の旅・塩狩駅」

和寒駅を出発して10分、お隣の塩狩駅に停車します。 停車時間は今回のツアーの中では最長の54分間です。 今回のモニターツアーで同じ市町村の中で2つの駅に停車するのは音威子府村の「筬島駅」「音威子府駅」とここ和寒町の「和寒駅」「塩狩駅」の2ヶ所のみです。 塩狩駅にこうしたリゾート列車が乗客扱いする形で停車するのは極めてレアなことです。 今回ツアーにご一緒いただいた石井宏子さんに…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その19「復路、列車の旅・和寒駅」

名寄駅を出発して46分、列車は和寒駅に到着しました。 ここでの停車時間は51分間です。 事前に送られてきたツアー行程にはお隣の塩狩駅停車の記載はありましたが和寒駅は無く、旭川出発時にいただいた行程表に記載があったので急遽ここへの立ち寄りが決まったものと思います。 和寒駅でも跨線橋を渡り駅舎へと向かいます。 跨線橋から停車中の列車を撮ってみました。 …

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その18「復路、列車の旅・名寄駅」

美深駅から19分、名寄駅に到着しました。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/21_nayoro/hq_nayoro_tour/tour.html 停車時間は15分です。 「名寄」と聞いて、皆さんは何を思いかべられるでしょうか? 現在、名寄駅は宗谷本線のみの路線となっていますが、かつては「名寄本線」、「深名線…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その17「復路、列車の旅・美深駅」

音威子府駅から27分、13:09美深駅に到着しました。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/27_bifuka/hq_bifuka_tour/tour.html ここ美深駅では20分間停車します。 駅では美深町ゆるキャラの「美深(びふか)くん・美深(みみ)ちゃん」がお出迎えです。 http://www.town.bifu…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その16「復路、列車の旅・音威子府駅」

筬島駅を12:15に発車し8分後の12:23に音威子府駅に到着です。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/34_otoineppu/hq_otoineppu_tour/tour.html 音威子府駅での停車時間は19分間です。 ここ音威子府駅は平成元年4月30日まで「天北線」がありました。 昭和41年3月の天北線時刻表で…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その15「復路、列車の旅・筬島駅」

列車は天塩中川駅を出発し次の停車駅「筬島駅」に向かいます。 所要時間は32分です。 通常、特急列車は音威子府駅に停車しますが筬島駅に停車することはありません。 しかも筬島駅は棒線ホームですので列車交換することはできません。 そんな駅に今回50分も停車します。 つまり今回は特別扱いになります。 従ってかなりレアな体験ができるという事になります。 天塩中川駅を出発して、昼食用の…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その14「復路、列車の旅・天塩中川駅」

幌延町内最後の駅である問寒別駅通過し、次の駅「歌内駅」から中川町に入ります。 列車は定刻の10:32、天塩中川駅到着です。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/37_teshio-nakagawa/hq_teshionakagawa_tour/tour.html ここで21分間停車します。 ホームへ降りると最初に目に飛び込ん…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その13「復路、列車の旅・秘境駅」

幌延駅を出発し次の停車駅「天塩中川駅」へ向かいます。 幌延町には6つの秘境駅があります。 幌延駅到着前、1つ目の秘境駅である「下沼駅」を通過しました。 今回は観光列車モニターツアーという事もあり秘境駅では最徐行運転していただきました。 幌延~天塩中川間にあと5つの秘境駅があります。 上幌延駅、南幌延駅、安牛駅、雄信内駅、糠南駅です。 雄信内駅では下り普通列車と交換…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その12「復路、列車の旅・幌延駅」

豊富駅を出発し、次の停車駅は「幌延駅」です。所要時間は14分です。 幌延町には「下沼駅」、「幌延駅」、「上幌延駅」、「南幌延駅」、「安牛駅」、「雄信内駅」、「糠南駅」、「問寒別駅」の8駅があります。 http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/ このうち有人駅は「幌延駅」のみです。 残りの駅のうち問寒別駅を除く6駅は「秘境駅」と呼ばれており、幌延町では…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その10「復路、列車の旅・稚内駅」

いよいよ旅の折り返しとなります。 モニターツアー宗谷本線Bコース2日目は稚内駅から旭川駅までリゾート列車「ノースレインボーエクスプレス」での移動となります。 先ずはホテルで名物の朝食をいただく事にします。 ドーミーイン稚内の朝食と言えば・・・ http://www.hotespa.net/hotels/wakkanai/hotel/#anc-01 今年、鮭が不漁…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その9「夜の稚内駅・夜泣きラーメン」

稚内での夕食は新鮮な魚貝類を提供している「北の味心 竹ちゃん」で大満足させていただきました。 今回ツアーにご一緒いただいた東京からのお二人も「真だちの天ぷら」に絶賛でした。 お腹も一杯になりホテルへ戻る前に夜の日本最北稚内駅を散策したいと思います。 夜の稚内駅です。夜はとても幻想的に見えます。 日本最北の駅でもあります。 最北鉄路に美肌の方が佇んでし…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その8「北の味心 竹ちゃん」

日本最北の温泉である「稚内温泉 童夢」を堪能した後はタクシーで市内中心部にある海鮮のお店で夕食です。 夕食のお店を予約したのは私ではなく今回のモニターツアーでご一緒いただいた温泉ビューティ研究家でトラベルジャーナリストである石井宏子さんです。 ■温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト 石井宏子さんHP http://www.onsenbeauty.com/ 北海道人の私…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その7「日本最北の温泉」

旭川駅を出発して約7時間、バスは稚内市中心部に到着しました。 ツアー参加者は宿泊先ホテルへと入ります。 宿泊先ホテルにて滞在中及び翌日の朝食などについて簡単な説明があり各自ルームキーを受け取りチェックインとなりました。 今回のモニターツアーでは夕食が付いていませんので各自夕食をとる事になります。 私を含め今回ご一緒いただいた4名は全員温泉大好きなメンバーですので先ずは温泉入浴した…

続きを読む