産業用無人ヘリコプター

「産業用無人ヘリコプター」と言うよりは、今では「ドローン」という方が一般的にはわかりやすい時代になりました。 1985年7月、私はそれまで勤めていた土木コンサルタント会社を辞めコンピュータソフト開発会社を起業しました。 その直後、何気なく見ていたNHKテレビに映しだされた1機の無人ヘリコプターに私は深く吸い込まれてしまいました。 その無人ヘリコプターは広大な畑で農薬散布を実施していました。…

続きを読む

地域まちづくりと鉄道 その1 「伊豆急行編」

昨年11月18日、JR北海道は 「当社単独では維持することが困難な線区について」 を発表しました。 発表内容の詳細はコチラをご参照願います。  ↓↓↓ http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161215-4.pdf http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161215-5.pdf この発表以来、当該路線沿線自治体では…

続きを読む

岩内の夜景と天然温泉「サンサンの湯」

この時期、久し振りに岩内町で仕事をしてきました。 午後4時過ぎにこの日の仕事が終了し一旦宿泊先のホテルに戻り一休みします。 宿泊先ホテルに温泉も大浴場もないので町にある温泉へと出掛けることにします。 岩内町は言わずと知れた温泉の町なのです。 http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/?page_id=603 今宵は熱い湯で有名な「サンサンの湯…

続きを読む

銀塩写真とデジタル写真

今年61歳になった私は昔の懐かしい写真を見る事が最近多くなりました。 我が家写真が銀塩からデジタルなったのは1997年10月、オリンパス社から発売になった「CAMEDIA C-1400L」を購入してからです。 ※オリンパスHPより引用 価格は128,000円、当時かなり高価な物でしたので個人ではなく会社の研究開発用として購入しました。 また記録用のメディアが今ではほと…

続きを読む

「ルーティン」と「五味温泉」

ラグビー五郎丸選手のポーズで有名になった言葉「ルーティン」。 人それぞれ、いろいろな場面でのルーティンをお持ちかと思います。 今年も連泊で出張先の名寄で初日の仕事を終え、その後下川町の「五味温泉」へと行ってきました。 http://gomionsen.jp/ 出張先でお気に入りの温泉に行くことが私の「ルーティン」です。 五味温泉の泉質は「含二酸化炭素-ナトリウム…

続きを読む

Occi Gabi winery(Yoichi town)

3月に入り本業である建設技術者向け講座が本格化し出張続きの日が多くなりました。 先日は岩内町での講座を控え移動途中にある余市町のワイナリに立ち寄ってみました。 私の生まれ故郷である空知地方も現在ワインでその名が知られるようになってきました。 http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/ttk/index.htm 今回立ち寄ったのは余…

続きを読む

松田忠徳先生講演会in長万部温泉

今年長万部温泉が開湯60周年と言うことで温泉教授松田忠徳先生の記念講演会があったので参加してきました。 主催者は長万部観光協会です。 今回の企画を担当された中村さんとは、昨年9月から今年1月まで「北の観光まちづくりリーダー養成セミナー」を一緒に学んだ同期です。 http://kitakan-seminar.jimdo.com/ 先ずはその中村さんにお会いするた…

続きを読む

湯ごもりの宿「アダージョ」

3月に入り本業である建設技術者向けのIT講座が本格化し出張続きの日々を過ごしています。 先週も岩内へ2日間で13時間の講座を担当させていただきました。 本来であればその後自宅の石狩へ戻るところですが、翌日土曜日に長万部で開催される講演会に参加するため帰宅をとりやめ近郊に宿泊する事にしました。 いつもであれば私の大好きな国民宿舎「雪秩父」に泊まるところですが、雪秩父は現在日帰り専用の…

続きを読む

北の観光まちづくりリーダー養成セミナーを終えて

昨年9月、自分の生まれ故郷の衰退を何とかしたいとの思いで「北の観光まちづくりリーダー養成セミナー」に参加しました。 http://kitakan-seminar.jimdo.com/ http://makiken.at.webry.info/201409/article_3.html あれから5ヶ月、年が明け1月18日最後のセミナーが開催されました。 観光に関する分析手法やケース…

続きを読む

石狩市砂箱

新年最初の投稿となります。 昨年6月母が亡くなり喪中の我が家ですので年頭のご挨拶は失礼させていただきます。 さて、私の住む石狩市は今年例年に比べ大雪となっています。 道路脇は除雪された雪山が築かれており道幅が狭いことに加え見通しも悪く運転には最新の注意が要求されます。 北海道では道路交差点近くに写真にあるような砂箱が置かれている光景を多く見る事ができます。 この砂箱は、…

続きを読む

「観光」について考える

数年前から本業の「建設IT」関連に加え「地域観光活性化」について関わりを持たせていただくようになりました。 そのきっかけは自分の生まれ故郷の過疎化が急速に進行し町の中心部もシャッター街になりつつあり、そんな姿を見て少しでも町を活性化できないかと考えるようになりました。 いわゆる「郷土愛」というものかもしれません。 私の生まれ故郷は北海道空知(そらち)管内妹背牛町です。 3…

続きを読む

eシルクロード大学 温泉講話 「温泉をもっと知ろう!!」

昨日はeシルクロード大学という場で「温泉」に関して講話させていただきました。 eシルクロード大学は北海道大学名誉教授、青木由直先生が主宰される勉強会です。 http://esre.sblo.jp/ 青木先生から講話の依頼をいただき過去の講座を担当された講師の先生を拝見し思わず「うっ!」と声を発してしまいました。 各業界で活躍されていらっしゃる著名人の方ばかりで、私如きがこのような場でお話…

続きを読む

スパ&カーサ函館(天然温泉はこだて大森の湯) 

先日久し振りに函館へ出張してきました。 メインの訪問先は工事現場の事務所で、打ち合わせは夕方の時間帯が都合が良いと言われたのですが、函館で活躍している友人の会社にも立ち寄ってみたいと思いその友人社長に電話をすると「お昼でも一緒に食べましょう」との事になり早朝出発する事にしました。 本当は1泊したいところですが翌日予定があるので今回は日帰り出張となります。 出発の早朝、朝刊見ると函館…

続きを読む

eシルクロード大学 温泉講話

今年は温泉に関する資格を取得させていただいた年となりました。 2月に「温泉入浴指導員」、5月に「温泉ソムリエ」、9月に「温泉観光士」と3つの資格を得る事ができました。 資格取得のきっかけは、温泉巡りをする中で少しは温泉知識を知った上で回るとより楽しいですし、周りから温泉に関した事を聞かれた際に正しい知識をアドバイスさせていただきたかったからです。 3つの資格に共通しているのは「温泉に関した…

続きを読む

占冠 湯の沢温泉「四季の森」 

先日、「地元学」を学ぶセミナーのため占冠村を訪問しました。 今回占冠村を訪ねるにあたり立ち寄ってみたい場所がありました。 それは村内でただ一ヶ所の天然温泉「湯の沢温泉」です。 かれこれ20年近く前我が家の北海道温泉めぐりでも立ち寄っているのですが、それからすっかりご無沙汰していました。 ネットで調べると今は指定管理者が運営する「四季の森」としてリニューアルしているようです。 …

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その9 「東京散歩 part2 温泉銭湯」

旧東海道におけるイベント立ち寄りを終えこれから都内の温泉銭湯へと移動します。 実は会場近くに温泉銭湯があるのですが営業時間が15時からですので、後でここへ戻ってくることとしイベント会場から最寄り駅である京急新馬場駅へ向かいます。 この駅を利用するのは初めてになります。 電車を下記のように乗り継ぎます。 新馬場駅(京急)→品川駅(京急)→品川駅(JR…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その8 「東京散歩 part1」

今回「温泉観光士」資格取得のため4泊5日の出張に出掛けましたが、いよいよ北海道へ戻る最終日となりました。 帰りの飛行機は羽田18:50のADOですので、それまでの時間都内を散策して羽田に向かいたいと思います。 今回の出張で結構な手荷物がありますので先ず羽田空港のコインロッカーに荷物を預けるため宿泊先ホテルの池袋から空港リムジンに乗ります。 バスに乗りビックリしたのが各座席にコンセン…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その7 「草津温泉 part4(最終日)」

今回3泊4日の行程でやってきた草津温泉、温泉観光士講座の旅も最終日の野外実習を残すのみとなりました。 草津温泉に来てから入った温泉は、「白旗の湯」、「宿(はなみづき)の温泉」、「西の河原露天風呂」、「御座之湯(石之湯)」、「大滝乃湯」、「地蔵の湯」です。 この日は昨日の雨とうってかわり素晴らしいお天気になりました。 今回草津温泉最後の入湯は朝一番に御…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その6 「草津温泉 part3」

草津温泉に来たら無料で入れる共同浴場にも入っておきたいですが、有料の日帰り温泉施設三ヶ所にも入湯しておきたいと思います。 その三ヶ所とは御座之湯、西の河原露天風呂、大滝乃湯です。 この三ヶ所を巡るには「ちょいな三湯めぐり手形」が便利です。 http://onsen-kusatsu.com/blog/santo.html 草津に来てから宿の温泉を除けば入浴したのは到着し…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その5 「草津温泉 part2」

草津温泉到着の日は湯畑見物と温泉入浴は「白旗の湯」のみでした。 今回宿泊している素泊まりの宿「はなみづき」にも源泉掛け流しの温泉があります。 宿に浴室は1ヶ所のみで、宿泊者は浴室入口にチェックイン時に渡される札を掛けて入浴します。 私は早朝4時40分に入浴させていただきました。 脱衣室にきちんと温泉分析表が掲示されています。 こちらが宿にある貸切風呂です。 …

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その4 「草津温泉 part1」

JR吾妻線長野原草津口より最終バスに乗車し草津温泉までやってきました。 私にとっては5回目の草津温泉ですが、初めて公共交通機関でやってきました。 同行者の方は初の訪問になります。 今回草津にやってきた主目的は「温泉観光士」の資格取得のためです。 http://www1.m.jcnnet.jp/rsa2003/RSA7.html 温泉に関した資格には下記のものがあります。 …

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その3 「JR吾妻線」

伊香保温泉で約2時間温泉街を探訪させていただきました。 今回伊香保露天風呂に入浴しました。 http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/onsen/rotemburo.html 日帰り専用の温泉として「石段の湯」もありますが時間の都合で入浴しませんでした。 http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/onsen/is…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その2 「伊香保温泉」

大崎駅から電車を乗り継ぎ渋川駅までやってきました。 これから伊香保温泉へ渋川駅前から路線バスで向かう事にします。 http://www.ikaho-kankou.com/ 前回も書かせていただきましたが、東京都内(新宿)から伊香保温泉までは高速バスが運行しており乗換もなく温泉街まで乗車できます。 たしかに伊香保温泉に行く事だけを目的とすれば高速バスの利用が断然…

続きを読む

温泉観光地実地体験の旅 その1 「湘南新宿ライン」

出張続きのためブログ更新がすっかり空いてしまいました。 今回も23日から27日まで温泉観光地の実地体験のため群馬の名湯2ヶ所を訪問します。 新千歳空港からエアドゥに乗り羽田空港に降り立ち、その後京急、JRを乗り継ぎ大崎駅にやって来ました。 大崎にやって来たのは、ここから湘南新宿ラインに乗り高崎まで行くためです。 高崎まで急いで行くのであれば東京駅から新幹線を利用すれば良いのですが今回…

続きを読む

災害支援

時間が経つほど今回の震災の大きさに驚愕しています。 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 多くの皆様が言われているように「今自分にできること」を自問自答する毎日です。 そんな事もありしばしブログ投稿をお休みしておりました。 さて、昨日仕事で滝川市へ向かう道央道で災害支援の横断幕を付けた自衛隊の車10数台とすれ違いました。 報道によるとまだまだ安否不明…

続きを読む

高校同期会と健忘症

年度末は何かと忙しくブログ更新も滞ってしまいました。 仕事も一区切りついたので記事をアップしたいと思います。 といってもまともなブログネタがないので、先日開催された高校の同期会について書かせていただきます。 私が高校を卒業したのはかれこれ30数年前になります。 先月26日、すすきのを会場に開催されました。 集まったのは40名少々。結構な人数の集結となりました。 …

続きを読む

九州旅行計画

最近道外へ出張した際、その土地の友人や知人の方のご厚意で近郊の温泉を訪ねる事が多くなりました。 昨年は東京の友人の方のお世話になり群馬名湯の旅をさせていただきました。 そして今年は鹿児島を中心にした九州名湯の旅を密かに計画している私温泉マンです。 鉄道ファンでもある私ですので温泉だけでなく鉄道の旅もそれに組み入れたいと思っています。 そんな訳…

続きを読む

排雪

本日は久し振りに晴れ渡ったお天気になりました。 先日までの降雪により札幌近郊、特に北部の地方の道路脇は雪山と化しあちらこちらで交通渋滞が発生しています。 排雪が遅れているのは短期間に降雪が集中したことと、排雪に必要な重機やダンプトラックの不足があります。 これには昨今の建設不況により建設業の倒産や廃業が少なからず影響しています。 建設業に対し最近国民から厳しい視線が浴びせられてい…

続きを読む

「空知シーニックバイウェイ」構築の勉強会

本日は私が書かせていただいてる2つのブログのコラボ記事とさせていただきます。 昨日岩見沢に於いて『「空知シーニックバイウェイ」構築の勉強会』 が開催されました。 シーニックバイウェイ(Scenic Byway)とは、景観・シーン(Scene)の形容詞シーニック(Scenic)と、わき道・より道を意味するバイウェイ(Byway)を組み合わせた言葉です。地域と行政が連携し、景観や自然環境に配…

続きを読む

雪のない東京が羨ましい

毎年1月下旬は仕事関係のイベントが東京で開催されるため出かけていたのですが、昨年からそのイベントがなくなってしまいました。 昨年はイベント開催はありませんでしたが全国にいる仲間が東京へ集結し土木施設の見学会等を実施し互いの友好関係を深めたのでした。 今年はそれもなく何となく寂しさを感じている私です。 さてここ最近の大雪で悩まされている者にとって、テレビニュース…

続きを読む