「食と観光でデザインする」Vol.2

2/1(木)倶知安町で北海道開発局小樽開発建設部主催、「食と観光でデザインする」Vol.2が開催されました。 このシンポジウムは一昨年2月に第1回が開催されました。 第1回目に私の友人数名がパネリストとして登壇するという事もあり参加させていただきましたが大変有意義でした。 今回の第2回目も同じパネリストの方が登壇するということでしたので再び参加させていた…

続きを読む

2017年、温泉訪問備忘録(温泉名正解動画)

今年も残すところ約一週間となりました。 当ブログ「北海道人の独り言」にご訪問いただき誠にありがとうございました。 今年私は「生活習慣病(糖尿病)」予備軍になり、勝手に自分自身で「温泉療養」を始めました。 今までも泉質をあれこれ気にしながら入浴していましたが、今年はより一層気に掛け「ミニ湯治」感覚で温泉入浴してきました。 特に「飲泉」を心がけるようになりました。 私の生まれ故…

続きを読む

2017年、温泉訪問備忘録(クイズ形式?)

いつも当ブログ「北海道人の独り言」に訪問いただき誠にありがとうございます。 還暦を過ぎ体力の低下も否めない現状ですが「生活習慣病(糖尿病)」予備軍になり、今まで以上に健康を意識するようになりました。 今までも泉質を気にしながら入浴していましたが、最近はより一層気に掛けるようになりました。 特に「飲泉」を心がけるようになりました。 全国的にも「飲泉」が許可された温泉施設は数少な…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その22「まとめ」

道庁主催の北海道観光列車モニターツアー「大地の恵み体験1泊2日 最北への旅路・宗谷本線」(Bコース)も旭川駅到着で無事終了となりました。 1日目は旭川駅前より稚内へバスにて7時間、2日目は稚内駅より旭川駅まで9時間の列車旅、とても充実したツアーでした。 そのモニターツアーについて今回私なりのまとめをさせていただこうと思います。 北海道(総合政策部交通政策局交通企画課)が主催する観光…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その21「復路、列車の旅・比布駅」

塩狩駅を出発し塩狩峠を越え比布町へと入ります。 蘭留駅、北比布駅を通過し16:55「比布駅」に到着です。 ここで17分間停車します。 この時期、辺りは真っ暗です。 ツアー参加者の皆さんは跨線橋を渡り駅舎へと向かいます。 駅舎ホームで記念撮影する参加者も多く見受けられます。 比布駅の駅舎は昨年リニューアルされ、その際交流スペースを兼ね…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その20「復路、列車の旅・塩狩駅」

和寒駅を出発して10分、お隣の塩狩駅に停車します。 停車時間は今回のツアーの中では最長の54分間です。 今回のモニターツアーで同じ市町村の中で2つの駅に停車するのは音威子府村の「筬島駅」「音威子府駅」とここ和寒町の「和寒駅」「塩狩駅」の2ヶ所のみです。 塩狩駅にこうしたリゾート列車が乗客扱いする形で停車するのは極めてレアなことです。 今回ツアーにご一緒いただいた石井宏子さんに…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その19「復路、列車の旅・和寒駅」

名寄駅を出発して46分、列車は和寒駅に到着しました。 ここでの停車時間は51分間です。 事前に送られてきたツアー行程にはお隣の塩狩駅停車の記載はありましたが和寒駅は無く、旭川出発時にいただいた行程表に記載があったので急遽ここへの立ち寄りが決まったものと思います。 和寒駅でも跨線橋を渡り駅舎へと向かいます。 跨線橋から停車中の列車を撮ってみました。 …

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その18「復路、列車の旅・名寄駅」

美深駅から19分、名寄駅に到着しました。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/21_nayoro/hq_nayoro_tour/tour.html 停車時間は15分です。 「名寄」と聞いて、皆さんは何を思いかべられるでしょうか? 現在、名寄駅は宗谷本線のみの路線となっていますが、かつては「名寄本線」、「深名線…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その17「復路、列車の旅・美深駅」

音威子府駅から27分、13:09美深駅に到着しました。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/27_bifuka/hq_bifuka_tour/tour.html ここ美深駅では20分間停車します。 駅では美深町ゆるキャラの「美深(びふか)くん・美深(みみ)ちゃん」がお出迎えです。 http://www.town.bifu…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その16「復路、列車の旅・音威子府駅」

筬島駅を12:15に発車し8分後の12:23に音威子府駅に到着です。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/34_otoineppu/hq_otoineppu_tour/tour.html 音威子府駅での停車時間は19分間です。 ここ音威子府駅は平成元年4月30日まで「天北線」がありました。 昭和41年3月の天北線時刻表で…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その15「復路、列車の旅・筬島駅」

列車は天塩中川駅を出発し次の停車駅「筬島駅」に向かいます。 所要時間は32分です。 通常、特急列車は音威子府駅に停車しますが筬島駅に停車することはありません。 しかも筬島駅は棒線ホームですので列車交換することはできません。 そんな駅に今回50分も停車します。 つまり今回は特別扱いになります。 従ってかなりレアな体験ができるという事になります。 天塩中川駅を出発して、昼食用の…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その14「復路、列車の旅・天塩中川駅」

幌延町内最後の駅である問寒別駅通過し、次の駅「歌内駅」から中川町に入ります。 列車は定刻の10:32、天塩中川駅到着です。 http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/37_teshio-nakagawa/hq_teshionakagawa_tour/tour.html ここで21分間停車します。 ホームへ降りると最初に目に飛び込ん…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その13「復路、列車の旅・秘境駅」

幌延駅を出発し次の停車駅「天塩中川駅」へ向かいます。 幌延町には6つの秘境駅があります。 幌延駅到着前、1つ目の秘境駅である「下沼駅」を通過しました。 今回は観光列車モニターツアーという事もあり秘境駅では最徐行運転していただきました。 幌延~天塩中川間にあと5つの秘境駅があります。 上幌延駅、南幌延駅、安牛駅、雄信内駅、糠南駅です。 雄信内駅では下り普通列車と交換…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その12「復路、列車の旅・幌延駅」

豊富駅を出発し、次の停車駅は「幌延駅」です。所要時間は14分です。 幌延町には「下沼駅」、「幌延駅」、「上幌延駅」、「南幌延駅」、「安牛駅」、「雄信内駅」、「糠南駅」、「問寒別駅」の8駅があります。 http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/ このうち有人駅は「幌延駅」のみです。 残りの駅のうち問寒別駅を除く6駅は「秘境駅」と呼ばれており、幌延町では…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その10「復路、列車の旅・稚内駅」

いよいよ旅の折り返しとなります。 モニターツアー宗谷本線Bコース2日目は稚内駅から旭川駅までリゾート列車「ノースレインボーエクスプレス」での移動となります。 先ずはホテルで名物の朝食をいただく事にします。 ドーミーイン稚内の朝食と言えば・・・ http://www.hotespa.net/hotels/wakkanai/hotel/#anc-01 今年、鮭が不漁…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その9「夜の稚内駅・夜泣きラーメン」

稚内での夕食は新鮮な魚貝類を提供している「北の味心 竹ちゃん」で大満足させていただきました。 今回ツアーにご一緒いただいた東京からのお二人も「真だちの天ぷら」に絶賛でした。 お腹も一杯になりホテルへ戻る前に夜の日本最北稚内駅を散策したいと思います。 夜の稚内駅です。夜はとても幻想的に見えます。 日本最北の駅でもあります。 最北鉄路に美肌の方が佇んでし…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その8「北の味心 竹ちゃん」

日本最北の温泉である「稚内温泉 童夢」を堪能した後はタクシーで市内中心部にある海鮮のお店で夕食です。 夕食のお店を予約したのは私ではなく今回のモニターツアーでご一緒いただいた温泉ビューティ研究家でトラベルジャーナリストである石井宏子さんです。 ■温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト 石井宏子さんHP http://www.onsenbeauty.com/ 北海道人の私…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その7「日本最北の温泉」

旭川駅を出発して約7時間、バスは稚内市中心部に到着しました。 ツアー参加者は宿泊先ホテルへと入ります。 宿泊先ホテルにて滞在中及び翌日の朝食などについて簡単な説明があり各自ルームキーを受け取りチェックインとなりました。 今回のモニターツアーでは夕食が付いていませんので各自夕食をとる事になります。 私を含め今回ご一緒いただいた4名は全員温泉大好きなメンバーですので先ずは温泉入浴した…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その6「こうほねの家」

サロベツ湿原センター散策路から見た夕日がとても綺麗でしたが、海岸線へ出ればもっと最高かと思います。 バスは湿原センターを後にして西へと走行し海岸線の道路へ戻ります。 バス車内からの夕日がとても綺麗です。 海岸線の道道稚内天塩線に出るとまさに落日直前でした。 バスは海岸線を北上し稚内市へと入ります。 本日最後の立ちより先は「浜勇知展望休憩施設(こう…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その5「サロベツ湿原センター」

「道の駅てしお」を出発し、バスは国道232号から道道106号稚内天塩線へ入り北上します。 この道道は日本海を左手に眺めながら海岸線を走行する、道内でも屈指の絶景路線です。 天塩を出発後前方右手に何か見えてきました。 「オトンルイ風力発電所」です。 https://pucchi.net/hokkaido/trippoint/otonruiwp.php 風力発電が28基連続…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その4「道の駅てしお」

羽幌町では名物の「甘エビ」をメインにした昼食をいただき大満足でした。 そして、同行したお仲間と短時間でしたが温泉にも入り羽幌を堪能させていただきました。 さて、バスは引き続き国道232号を北上します。 国道沿線にはところどころ羽幌線の遺構があります。 写真はかつて羽幌線の列車が走行していた初山別村にある「金駒内陸橋」です。 ※写真は2年前撮影したものです。 橋梁の…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その3「はぼろ温泉サンセットプラザ」

道の駅おびら鰊番屋で15分立ち寄った後は、昼食会場となる羽幌町へと向かいます。 羽幌町の名物と言えば水揚げ日本一を誇る「甘えび」です。 旅の行程表にも「名産品である甘エビをメインにした特製弁当」とあります。 観光モニターツアーで地元名物を外す訳にはいきませんね。 さて、どんな昼食が待っておいるか楽しみです。 バスは順調に走行し、昼食会場の「はぼろ温泉サンセットプラザ」に到着しま…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その2「旭川駅→道の駅おびら鰊番屋」

モニターツアー集合場所である旭川駅で参加者全員の受付が終了しこれから出発式が行なわれます。 今回のモニターツアー主催者を代表して上川総合振興局、渡辺明彦局長からご挨拶がありました。 今までこうした団体ツアーに参加した経験がありますが、ここまで盛大な出発式に出会ったのは初めてです。 道庁の力の入れようが伝わってきました。 盛大に鏡割りで御祝いです。 鏡割り…

続きを読む

北海道観光列車モニターツアー乗車記 その1「自宅→旭川駅」

月日の流れも早いですね。もう11月に入り、今年も残すところ2ヶ月となりました。 先日、JRとバスを利用したモニターツアーに参加してきましたので備忘録としてブログに残したいと思います。 昨年11月18日、JR北海道は「当社単独では維持することが困難な線区について」を発表しました。 https://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/161215-4.pdf#page=1&z…

続きを読む

「かまだ屋」&「まるかつ」

2つの名前を聞き、ピンッと来た方はかなりの「空知通」かと思います。 「かまだ屋」さんは岩見沢市、「まるかつ」さんは滝川市、どちらのお店も空知にあり地元から愛される「うどんとそば」のお店です。 「かまだ屋」さんは岩見沢市内に4店舗を構え自家製麺を提供しています。 http://iwamizawashi.info/takara/kamadaya.html 「まるかつ」さんは滝川市…

続きを読む

大阪からの友人(ハローCQ、メリット5)

大阪在住の温泉とアマチュア無線のお仲間が来道されていました。 数日前から道央をレンタカーで旅行中で、最終日札幌に宿泊し翌日千歳でレンタカーを返却とのことですので、ランチと温泉をご案内させていただきました。 ランチはどこにしようか迷いましたが由仁町の「東京ホルモン」にしました。 http://tokyohorumon.com/ ちょっと怪しい感じで写真を撮りましたが決して怪しいお店…

続きを読む

プレミアムきのこ汁(きのこ王国)

最近、北海道名物の一つに、きのこ王国の「100円きのこ汁」を挙げられる方も多いことと思います。 http://www.kinoko-oukoku.com/ 以前は税込み100円でしたが現在は消費税込みの108円となっていますが、それでも多くのファンがいらっしゃる人気のきのこ汁です。 先日我が家癒し旅で登別温泉へ行った帰り道、大滝本店に立ち寄ってみました。 いつ…

続きを読む

オンリーワンの魅力

北海道は言わずと知れた農業王国です。 特に野菜などは獲れたてを「生」でいただくのが一番です。 とは言え「生」のままではなかなか食べられないという方も多いことと思います。 そんな方向けに私が拘っているドレシングがあります。 長沼町にあるファームレストラン「ハーベスト」横のショップで販売しているオリジナルドレシングです。 http://n-harvest.net/%e3%83%95…

続きを読む

「青春18きっぷ」の旅

9/4(日)、久し振りに「青春18きっぷ」を利用して日帰り旅をしてきました。 今までJR北海道の「一日散歩きっぷ」を利用して日帰りを旅を何度か経験していますが、「青春18きっぷ」の旅はかれこれ10年以上振りになるかと思います。 この手のきっぷを有効利用するためには、なるべく早朝、できれば始発の列車でスタートするのがベストです。 ということで始発の列車に乗車するため手稲駅にやってきま…

続きを読む