鉄道の旅は何故楽しいのだろう

小学4年生の時、田舎町の書店で購入した1冊の鉄道時刻表が私を鉄道の世界へと迷い込ませてくれました。 田舎の水田農家で暮らす私にとって娯楽と言えばテレビを見たり漫画を読んだりでした。 テレビは一家に一台しかない時代ですので、自分の好きな番組をいつも見られた訳ではありません。 三世代が同居する農家でしたのでチャンネル権は一番長老の祖母が握っていました。 (祖父は私が4歳の時他界しました) …

続きを読む

「温泉」で健康増進

私が温泉の世界に入り込んだのは30年前、独立起業した際、精神的ストレスにより1ヶ月間入院生活を余儀なくされ退院時主治医から「温泉歩きでもしたら」とのアドバイスによります。 多くの方は温泉入浴や飲泉が健康に良いことをわかっていても、それが科学的にどのような効果があるかの実証は今まで少なかったのですが最近その研究成果が増えてきました。 さて、温泉好きが高じて最近「温泉」に関した講話機会を…

続きを読む

空知のソウルフード「なんこ」

先日、鉄道に関した会議に出席するため富良野へ行ってきました。 その帰り、昼食をとるため「道の駅うたしないチロルの湯」に立ち寄りました。 http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2066/ 歌志内はかつて炭鉱で栄えた町です。 その時代食べられていた料理が道の駅でいただくことができます。 それは「なんこ」です。 …

続きを読む

増毛ノロッコ号 「後編」 増毛駅&比布駅

今年12月4日(日)の運行をもって廃線が決定した留萌本線、「留萌-増毛」間を今年も「増毛ノロッコ号」が運転されました。 「前編」では新琴似駅から留萌駅までの行程をお伝えしましたが、今回はその「後編」をお伝えしたいと思います。 留萌駅での停車時間30分を利用しお買い物をしたあとは再び増毛ノロッコ号に乗り増毛駅へと向かいます。 旭川出発からず~と内陸を走ってきましたが、留萌…

続きを読む

「天塩川温泉」と「源泉そば」

「温泉」と言えば「源泉掛け流し」が良いと言われていますが、それではそれ以外の温泉価値は低いのでは考えていらっしゃる方も多いかと思います。 しかし温泉には浴用以外に「飲泉」という飲む事による効果もあります。 また飲泉レベルでもなくとも、地元特産品をこの温泉(源泉)を利用して製造するという考え方もあります。 先日名寄に出張した折り、音威子府村にある「天塩川温泉」に行ってきました。 http://…

続きを読む

北海道いしかりファンクラブ スタンプラリー 2016winter

ついこの間、年が明けたと思ったら1月もあと僅かになりました。 年々、歳を重ねる毎に月日の流れを早く感じるようになりました。 私のブログでは故郷ネタというと今住んでいる石狩市ではなく私の故郷「空知」に関した話題が多いのですが、今回は「石狩市」に関する話題について書いてみたいと思います。 普段、私はFacebookでの情報アップが多く、先日FB友達を通じて私の地元である石狩市に関したス…

続きを読む

今年一年、ありがとうございました

今年一年の出来事と言えば、私自身「還暦」という節目を迎えた事があります。 まだまだ若いと思っていましたが、あっと言う間にこの年齢に達した感がしています。 今年もそれなりに全道を旅をしました。 中でも世界自然遺産、羅臼町に今年2回も訪問させていただいたのが特に印象に残っています。 http://www.rausu-town.jp/ 羅臼町には私の大好きな秘湯や食そして自然がありま…

続きを読む

元祖らうすハモ丼

今回の知床ツアーでは、久し振りに岩尾別温泉にも立ち寄る事ができ何よりも天気に恵まれ知床峠では快晴の下、羅臼岳を背景に最高の記念撮影もできました。 また羅臼では「シマフクロウ観察」、「秘湯相泊温泉入浴」、「観光船によるシャチ観察」等、ここ羅臼ではなければ体験できない経験をさせていただく事ができました。 観光船下船時刻は11時過ぎ、知床羅臼1泊2日の旅もあっという間に終わりを告げようとしてい…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #9 最終回「そらち湯めぐりバスツアー」 札幌移動・すすきの編

「そらち湯めぐりバスツアー」、最終回は空知の名湯4ヶ所の入湯を終え札幌へ向かいます。 今回空知にある「妹背牛温泉ペペル」→「えべおつ温泉」→「なんぽろ温泉ハート&ハート」→「ながぬま温泉」と源泉かけ流しの湯を巡ってきました。 今回は時間の都合で立ち寄れませんでしたが岩見沢市北村にある「北村温泉」も源泉100%かけ流しの温泉です。 ながぬま温泉を出発し…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #8 「そらち湯めぐりバスツアー」 ながぬま温泉編

「そらち湯めぐりバスツアー」、4ヶ所目最後は「ながぬま温泉」です。 http://www.nitto-sougyou.co.jp/naganuma/naganuma-spa/naganuma-onsentop.html なんぽろ温泉からは20分少々で到着です。 バスは温泉前に到着です。 到着後はお決まりの集合写真撮影です。 ながぬま温泉でも日帰り…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #7 「そらち湯めぐりバスツアー」なんぽろ温泉ハート&ハート編

「そらち湯めぐりバスツアー」、3ヶ所目は「なんぽろ温泉ハート&ハート」です。 http://nanporo-onsen.ambix.biz/ えべおつ温泉からは約83kmあります。 途中滝川IC~江別東ICまで道央道を利用し1時間10分ほどで到着です。 到着後はお決まりの集合写真撮影です。 通常日帰り入浴は日帰り専用の入口から入りますが今回は宿泊客専用のホテ…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #6 「そらち湯めぐりバスツアー」えべおつ温泉編

「そらち湯めぐりバスツアー」、2ヶ所目の立ち寄り先は「えべおつ温泉」です。 http://onsen.secumaint.com/ 妹背牛温泉ペペルを出発し約30分程で到着です。 到着してまずは集合写真撮影です。 集合写真撮影を終え温泉ソムリエ一行は館内へと入ります。 入るなり早速撮影モード全開です(笑) 貴重品…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #5 「そらち湯めぐりバスツアー」妹背牛温泉ペペル編

5月は4月ほどではありませんが講座の仕事が多忙を極めブログ更新が滞ってしまいました。 前回4/18に滝川ふれ愛の里で開催された「温泉ソムリエ認定セミナーinそらち(滝川)」に関しセミナー状況や懇親会の様子をお伝えしました。 特に松尾ジンギスカン本店での懇親会は道外から多くの温泉ソムリエの方に参加いただき大変な盛り上がりとなりました。 特にふれ愛の里コテージ宿泊組は2次会終了時は午前様となり…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #4 「滝川ふれ愛の里コテージと赤平がんがん鍋」

4/18(土)滝川ふれ愛の里にて開催された「温泉ソムリエ認定セミナー」にはゆるキャラ含め70名の方に参加いただきました。 またその後の松尾ジンギスカン本店で開催された懇親会には道内は元より遠く鹿児島県を含め多くの道外の方に参加いただき温泉ソムリエの輪を広げていただきました。 抽選会では多くの協賛をいただき参加者全員がハズレ無しの当たりとなり、さらに景品があったため抽選会が2巡するという盛況ぶ…

続きを読む

温泉ソムリエin北海道 #3 「松尾ジンギスカン本店 大懇親会」

先日、4/17~4/19まで北海道空知地方で温泉ソムリエin北海道と題して温泉ソムリエ公式イベントが開催され、前回4/18開催の「温泉ソムリエ認定セミナー」開催の模様をお伝えしました。 当初募集予定人員50名を大きく上回る70名の方に参加いただき関係者として心より御礼申し上げます。 その後会場を味付ジンギスカン発祥の地である「松尾ジンギスカン本店」に移し全国から来られた温泉ソムリエの方も交え…

続きを読む

温泉ソムリエ仲間と一献

先日、温泉ソムリエ仲間である埼玉県からKさん親娘が北海道へスキーにやって来られるとのことで、札幌の夜をご一緒させていただくこととなりました。 なんと娘さんもお酒がいける口との事前情報により一緒に杯を傾けさせていただきます。 私とお会いする前の日は北海道の海鮮ものを食べられたとのことで、この日はそれ以外のものを考えさせていただきました。 Kさん親娘はこの日手稲でスキーを楽しみ、その後…

続きを読む

今、北海道の地方が熱い!

世界自然遺産登録地である「羅臼町」を訪れた方も多いことと思います。 温泉ファン、特に秘湯ファンにとって羅臼は魅力的な場所であります。 「熊の湯」、「セセキ温泉」、「相泊温泉」に入浴目的で羅臼を訪れる温泉マニアも多いことと思います。 私も最初に羅臼を訪れたのも羅臼にある秘湯に惹かれてのことでした。 過去に何度か訪れた羅臼ですが、昨年から今年にかけ再びご縁をいただきました。 それは…

続きを読む

地元の観光資源を訪ねて 「石狩編」 その3 浜益区

石狩市、地元の観光資源を訪ねて最終回は「浜益区」についてお伝えします。 石狩市浜益区も前回ご紹介しました「厚田区」同様、2005年10月に旧浜益村が合併し石狩市浜益区となった場所です。 石狩市には天然温泉施設が2ヶ所存在します。 1ヶ所は石狩温泉「番屋の湯」ですが、現在休館中で今月再開されるとの情報があります。 もう1ヶ所は浜益区にあります「浜益温泉」…

続きを読む

地元の観光資源を訪ねて 「石狩編」 その2 厚田区

前回に続き私の住んでいる石狩市の観光資源探訪についてお伝えします。 今回は2005年10月に合併した石狩市厚田区(旧厚田村)を歩いてみました。 厚田区も日本海に面しており海の幸も多く産出される港町でもあります。 厚田区最初の訪問地は「厚田フロンティア乗馬クラブ」です。 http://www.jouba.jrao.ne.jp/club/hokkaido/1000.html …

続きを読む

地元の観光資源を訪ねて 「石狩編」 その1 旧石狩市地域

皆さんは自分の住んでいる町の観光資源をどの程度ご存じでしょうか? ここ数年地域活性化や観光振興に関した活動をしていて、ふと我が身に問いかけてみました。 実際、名前は知っていても直接現地に赴いた事のない場所も多いことと思います。 私は現在石狩市に住んでいます。 http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/ 石狩市にやってきたのは昭和48年(1973)12月ですの…

続きを読む

幌加内そば 「せい一」閉店

今や北海道のそばを語るとき必ずと言って良いほど名前が出てくるのが「幌加内」かと思います。 そばの生産量日本一であり、町内でその美味しいそばを食べる事ができます。 http://www.horokanai-kankou.com/eatery.php その中にあって「せい一」さんは多くのファンを持つ人気店ですが、残念ながら本日(2014年10月26日)の営業をもって閉店となります。 http:/…

続きを読む

敬老の日、夫婦癒し旅 その2 のぼりべつ牛乳とカルルス温泉鈴木旅館他

萩野荘で久し振りに濃厚な温泉を堪能し車に乗ってもなかなか汗がひきません。 もう一ヶ所くらい温泉に入っていこうと思っていますが少しどこかで冷却タイムを持ちたいと思います。 ということで登別方面へ来たら時々立ち寄るこちらへやって来ました。 のぼりべつ酪農館です。 http://www.rakunoukan.com/ ここは札内小中学校跡を再利用しています。 …

続きを読む

北の観光まちづくりリーダー養成セミナー(7期生)

6年前頃からでしょうか、何か里心がついて自分の故郷の事を今まで以上に強く思うようになりました。 私の生まれ故郷は北海道空知管内妹背牛町で高校を卒業する昭和48年(1973)まで住んでいました。 その頃の人口は8000人近かったと記憶していますが今では3500人程度と半分以下に減少しています。 我が家先祖の墓が妹背牛にあり毎年数回は必ず妹背牛を訪ねています。 しかし、そんな…

続きを読む

地域再生フォーラムIX(岩見沢)

投稿がすっかり遅くなってしまいましたが、先週9/2(火)午後2時から、まなみーる岩見沢市民文化センター中ホールで、空知建設業協会主催「地域再生フォーラムIX」が開催されました。 「地域再生フォーラム」とは、地域力向上に向けた情報発信のあり方や、空知地域の魅力・可能性を、地域の方々と考える場として、一般社団法人空知建設業協会が毎年実施しているもので今年で9回目を迎えました。 …

続きを読む

三角市場(小樽市)

夏の北海道へ来たら新鮮な海鮮丼を食べてみたいと思われる方も多いと思います。 全道各地で美味しい海鮮丼を食べていただけますが、できれば港町でより新鮮なものを食べたいと思うのが人情かと思います。 そんな希望を叶えてくれるの場所の一つに「三角市場」があります。 小樽駅を出て左手徒歩1分の場所にあります。 市場横には駐車場がありますので車での来訪でも便利です。 …

続きを読む

山川牧場自然牛乳

学校も夏休みに入り里帰りや観光で道内を観光される方も多いことと思います。 美味しい物がいっぱいある北海道ですが牛肉や牛乳もその一つです。 牛乳と聞くと道東を思い浮かべる方も多いと思いますが、北海道各地で新鮮な牛乳を飲む事ができます。 できれば牧場直営のお店で新鮮な牛乳が飲めたら最高ですね。 ということで今回ご紹介させていただくのは道南、七飯町にある山川牧場直営のお店です。 …

続きを読む

大船下の湯

先日の3連休、やはり自宅でじっとしていることはできず温泉に出掛けることとしました。 私は硫黄泉が大好きなのでいつもなら蘭越町にある雪秩父へ向かうのですが、雪秩父は現在日帰り専用の入浴施設として工事中なので思い切って道南まで足を延ばす事にしました。 向かった先は函館市南茅部にある「大船下の湯」です。 自宅からの走行距離は約270kmです。 わざわざ270kmもの距離を走ってこの…

続きを読む

「道北一日散歩きっぷ」の旅 その7 妹背牛町探訪&妹背牛温泉ペペル

生まれ故郷である妹背牛駅に降り立ちました。 列車でここに降り立つのは高校時代の汽車通以来かも知れません。 先ずは駅前通を町の中心部へ向かって歩きます。 今回の目的は町自慢の温泉「妹背牛温泉ペペル」です。 http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/hotnews/hotnews_view.html?id=73 駅前通りを進むと右手に空知を代表す…

続きを読む

「道北一日散歩きっぷ」の旅 その5 富良野駅から滝川駅へ

富良野駅界隈の散策を終え富良野駅に戻ります。富良野駅発13:08発の滝川行普通列車に乗車します。乗車時間は1時間と7分です。 富良野駅は改札口を出た所に1番線がありますが実際ホームはなく欠番になっており乗車ホームはすべて跨線橋を渡った2番線から5番線で乗車する事になります。 今回の滝川行きは2番線からの発車になります。 富良野駅は夏はラベンダーにメロン、冬はスキーで知られる…

続きを読む

「道北一日散歩きっぷ」の旅 その4 富良野駅界隈散策と滝川へ

富良野駅には定刻の12:40に到着です。その後富良野から13:08発の滝川行普通列車に乗り換えます。28分間ありますので少し富良野駅前周辺を散策したいと思います。 富良野と言えば「北海へそおどり」 http://www.furano.ne.jp/hesomatsuri/ 「へそまつり」キャラクターである「へそ丸くん」が駅前に鎮座しています。 駅を出て左手に…

続きを読む