マイカーの旅 #28 「長湯温泉(ながゆおんせん)」

湯平温泉では私の事前調査不足から思わぬ体力消費をしてしまいました。 車に戻った時は汗だくで、水筒の冷水を飲みしばらく座席に横たわっていました。 本当は湯平温泉では1ヶ所ぐらい外湯に入浴予定だったのですが、ここも次回の楽しみにとっておきたいと思います。 さて、気を取り直して次の目的地「長湯温泉」に向かいます。 長湯温泉所在地は大分県竹田市直入町長湯です。 湯平温泉からは広域農…

続きを読む

マイカーの旅 #27 「湯平温泉(ゆのひらおんせん)」

湯布院を通過し次の目的地である「湯平温泉」へやってきました。 もちろん初めて訪れる場所です。 北海道出発時にネットで温泉地の様子を確認してきましたが、実際現地に来てみると道路幅員やその高低差が想像以上のものがありました。 私の性格として「湯布院」のような人が多い温泉は苦手です。 湯布院からわずか15km程離れた山間の湯治場であるここ湯平温泉はまさに私お気に入りの温泉風情です。…

続きを読む

マイカーの旅 #26 「湯布院」

今回は湯布院を紹介します。 以前も書きましたが、現在湯布院という行政区は存在しません。 今の行政区は「由布市」です。 しかし長年皆さんに親しまれているのは「湯布院」かもしれません。 私も今回初めて湯布院を訪問します。 ↑【湯布院市街】 湯布院には由布院温泉があります。 10数年前、家族で北海道全湯巡りをした頃は1日に5ヶ所以上入浴した事もありまし…

続きを読む

マイカーの旅 #25 「塚原温泉」

今回の旅計画にあたり旅行ガイドブックを数冊購入しました。 そのガイドブックを見ていて気になる温泉を発見しました。 「塚原温泉 火口乃泉」(つかはらおんせん かこうのいずみ)です。 特に気になったのはここの泉質です。 私はそれを見て今回の旅で必ず立ち寄ろうと決めていました。 前回紹介の「十文字原展望台」から国道500号を約5kmほど走行したのち、県道616号塚原天間線へ入ります。…

続きを読む

マイカーの旅 #24 「別府から湯布院へ」

別府にはまだまだ入浴したい温泉がたくさんあるのですが予定もありますので次の目的地に向かう事にします。 (近い将来また訪ねてみようと思っています) 九州横断道路(国道500号)を湯布院へ向け車を走らせます。 ↑【九州横断道路(国道500号)を別府から湯布院へ】 この日は前日とうって変わり最高の天気となりました。 ↑【九州横断道路(国道500号)を別府から湯布院…

続きを読む

マイカーの旅 #23 「別府競輪場」

日出温泉「ウェルサンピア大分日出」を出発し別府市内へ向かいます。 昨日は雨模様でしたが今朝は最高の天気となりました。 快適に車を走らせます。 国鉄が民営化されJRグループとなり各地域会社のコーポレートカラーが設定されました。 JR北海道は「■萌黄色」です。 ↑【日出温泉から別府市内へ】 ここ大分ではJR九州カラーである「■赤」の電車でした。 ↑【…

続きを読む

マイカーの旅 #22 「日出温泉(ひじおんせん)」

雨が降ったり止んだりの別府を一旦後にし、今宵の宿へ向かう事にします。 今宵の宿は別府市内ではありません。 温泉ホテルの場合、一人宿泊料金がかなり割高になるため今回は隣町である日出町(ひじまち)にある公共の宿を予約しました。 泊まる宿は「ウェルサンピア大分日出」で厚生年金関連の公共の宿です。 一応「日出温泉」という温泉ホテルです。 1泊2食で8500円とリーズナブルな料金…

続きを読む

マイカーの旅 #21 「別府地獄巡り 龍巻地獄」

さて、別府地獄巡りも最後となりました。 今回は「龍巻地獄」の紹介です。 ここの地獄は間欠泉が目玉です。 ↑【龍巻地獄】 龍巻地獄側にも駐車場があります。 お隣の血の池地獄から近いのでそちらの駐車場に停めて歩いて来られます。 私は血の池地獄駐車場に停めて歩いて来ました。 ↑【龍巻地獄】 こちらが入口になります。 ↑【龍巻地獄】 …

続きを読む

マイカーの旅 #20 「別府地獄巡り 血の池地獄」

別府地獄巡りも残り2ヶ所となりました。 今回は「血の池地獄」を紹介します。 血の池地獄は前回まで紹介した6ヶ所の地獄から車で5分程離れた場所に存在します。 地獄巡りの道案内標識は実に親切丁寧ですので、迷う事なくここへ辿り着く事ができました。 雨も少し小止みになってきました。 ↑【血の池地獄】 血の池地獄駐車場入口はこちらです。 ↑…

続きを読む

マイカーの旅 #19 「別府地獄巡り 白池地獄」

地獄めぐり6ヶ所目は「白池地獄」です。 ここまでず~っと地獄巡りをしてきましたが少し飽きてきました。 それぞれの地獄における噴煙は凄いのですが、何か興味を引きつける特徴がないと見ていてもつまらない感じです。 ともかく8ヶ所の共通観覧券を購入しているので、早々に全部を回りたいと思います。 ↑【白池地獄】 白池地獄は鬼山地獄から少し坂を下った場所に存在します。 …

続きを読む

マイカーの旅 #18 「別府地獄巡り 鬼山地獄」

地獄めぐり5ヶ所目は「鬼山地獄」です。 ここも他の地獄同様温泉の噴煙が上がっていますが、実はこの熱を利用してワニ園になっています。 ↑【鬼山地獄】 こちらが入口です。 ↑【鬼山地獄】 鬼山地獄の説明が書かれています。 ↑【鬼山地獄】 雨模様だったので人影もまばらです。 ↑【鬼山地獄】 他…

続きを読む

マイカーの旅 #17 「別府地獄巡り かまど地獄」

別府地獄めぐり4ヶ所目は「かまど地獄」です。 ここ「かまど地獄」は他の地獄と違い、訪問者が利用できる施設がいくつかあります。 通常利用できる施設と言えば足湯が多いのですが、それだけではありません。 ↑【かまど地獄 入口】 こちらが入口です。 かまど地獄の入口はちょっとユニークです。 ↑【かまど地獄 入口】 こちらから中へ入ります。 …

続きを読む

マイカーの旅 #16 「別府地獄巡り 山地獄」

さて今回の温泉マン、マイカーの旅行程を今一度ご説明させていただきます。 北海道小樽港を7/14(月)夜出航し舞鶴港に向かう事から旅はスタートしました。 帰りは7/23(水)舞鶴港0:45に出航し小樽港へ戻る9泊10日(うち船中泊2日)の旅です。 現在ご紹介している別府地獄めぐりは旅4日目(7/17)の様子です。 この旅記事最終回には全走行距離やガソリン給油…

続きを読む

マイカーの旅 #15 「別府地獄巡り 鬼石坊主地獄」

別府地獄めぐり、2ヶ所目は「鬼石坊主地獄」です。 岩の間から湯煙が唸り声をあげています。 また、高温の湯が沸き上がっている場所でもあります。 前回紹介の海地獄のすぐそばにあります。 「鬼石の湯」という温泉もありますが、今回は入浴しませんでした。 ↑【鬼石坊主地獄】 「海地獄」観覧の際に共通観覧券を購入したので、それで入場します。 ↑【鬼石坊主地獄…

続きを読む

マイカーの旅 #14 「別府地獄めぐり 海地獄」

別府温泉に来たら多くの方が訪ねる場所があります。 それは別府地獄めぐりと言われる場所です。 雨模様で天気が思わしくありませんが、私もめぐってみたいと思います。 「地獄」とは古き昔より青、赤、白などの様々な泉色を呈する温泉や、間欠泉などの特色のある温泉が点在しており、温泉の熱を利用して飼育・育成した動植物を展示する施設を併設したものです。 入浴が目的ではなく、観覧を主な目的とし…

続きを読む

マイカーの旅 #13 「いちのいで会館」

あこがれの別府に到着です。 温泉ファンにとって別府はまさに天国の場所です。 短い滞在期間ですがゆっくりと楽しませていただきたいと思います。 さて、別府には別府八湯と呼ばれる温泉群があります。 1.別府温泉(べっぷおんせん) 2.観海寺温泉(かんかいじおんせん) 3.浜脇温泉(はまわきおんせん) 4.堀田温泉(ほりたおんせん) 5.明礬温泉(みょうばんおんせん) 6.鉄輪…

続きを読む

マイカーの旅 #12 「九州上陸」

愛媛県三崎港から70分。 大分県佐賀関港に到着です。 心地よい風にあたっているうちにあっという間に着いた感じです。 初めて車で訪れる大分県。 20年ほど前一度空路福岡経由で訪ねています。 それはCOARA(BBS)視察のためです。 この頃北海道のとある教育関連団体がBBSを開設する事になり、当時全国の先駆者であったCOARAを視察のため大分を訪問したのです。 正…

続きを読む

マイカーの旅 #11 「国道九四フェリー」

東京ラブストーリーロケ地であった梅津寺駅に立ち寄り、ひととき昔の余韻に浸ることができました。 さあ現実に戻り、ここ四国を離れ九州へ向かいます。 しまなみ街道経由で陸路からも行けますが、走行距離が長く時間も多く要しますのでフェリーを利用することにします。 四国と九州を結ぶフェリー航路は実に多彩です。 私はその中でも一番乗船時間の短い三崎港(愛媛県)と佐賀関港(大分県)を結ぶ国道…

続きを読む