「一日散歩きっぷ」の旅 #5 長万部温泉立ち寄り

「一日散歩きっぷ」の旅、5回目は長万部温泉立ち寄りをお伝えします。
以前、一日散歩きっぷを利用して長万部を訪ねた際も、乗り換え時間を利用して長万部温泉に立ち寄りしました。

今回立ち寄りする温泉は「丸金旅館」さんです。
http://www.marukinryokan.jp/

s-640-DSC_1757-M.jpg



玄関入って左手の受付で入浴料金500円を支払います。

奥に休憩スペースがあります。

s-640-DSC_1780.jpg


温泉ソムリエ認定証が掲示されていました。

s-640-DSC_1776.jpg



温泉分析書、温泉分析書別表も掲示されています。

s-640-DSC_1768.jpg

s-640-DSC_1771.jpg



加温・加水・循環・塩素殺菌なしが確認されていることを示す温泉分析書別表には保健所銀シールが貼られています。

つまりここは「源泉100%かけ流しの湯」であることが証明されています。


早速暖簾を潜り浴室へと向かいます。

s-640-DSC_1773.jpg



こちらが内風呂です。

s-640-DSC_1760.jpg

s-640-DSC_1762.jpg


そしてこちらが露天風呂です。

s-640-DSC_1761.jpg



この時の客は私一人でしたのでしばし独泉状態でした。

今回持参した温泉マンタオルは五代目のこちらでした。

s-640-DSC_1765.jpg

s-640-温泉マンタオル・全シリーズ_初代-十二代目.jpg



しばしのんびりさせていただき、そろそろ帰りの列車時間が近づいたので駅へ向かいたいと思います。


長万部温泉郷は今回訪れた丸金旅館以外にも日帰り入浴が可能です。
https://www.osyamanbe-kankou.jp/onsenkumiai/

火照った体を冷やしながらのんびりと駅に向かって歩きます。

s-640-DSC_1782.jpg



日頃運動不足の私ですので、たまにはこうして歩くことが健康のためになります。


さて、次回は長万部駅からは山線の列車に乗って小樽へ向かいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント