北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #39 「湯けむりの旅北海道 38/76」  五厘沢温泉

<<   作成日時 : 2018/09/02 08:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録38湯目は「五厘沢温泉」訪問記です。


今回ご紹介する「五厘沢温泉 ホテル緑館」を語る上で「北海道振興株式会社」の存在を抜きに語る事はできません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%8C%AF%E8%88%88


「北海道振興株式会社」は2003年に経営破綻しますが、札幌すすきの地区に多くの商業ビルを保有し、また全道各地で温泉ホテルも経営していました。

・奥尻湯ノ浜温泉ホテル緑館(奥尻町)
・北湯沢温泉ホテル緑館(伊達市、旧大滝村)
・サロマ湖温泉ホテル緑館(佐呂間町)
・十勝幕別温泉ホテル緑館(幕別町)


江差町にある「五厘沢温泉 ホテル緑館」もその一つでした。



我が家にその当時のパンフレットが残っていました。

画像

画像



本の中で浴槽の様子が紹介されています。

画像
※「湯けむりの旅北海道」より引用


当時を思い起こして見ると、北海道振興の温泉ホテルは「岩風呂」が多かったように思います。


北海道振興破綻後、経営していた温泉ホテルは第三者へ売却となりました。

さて「五厘沢温泉 ホテル緑館」は売却後どうなったかと言えば・・・

画像

画像


はい、大人向けのホテルとして「Twin Reef」として営業しています。

実は、その後の中の状況を確認したかったのですが、利用する機会がないためわかりません。

いつの日か、カミさんの協力を得て内部調査できたらと思っています


ある意味、温泉が残され活用されている事は良い事ですね。




■「五厘沢温泉」はこちらです。 現在「ホテルツインリーフ」として営業中



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #39 「湯けむりの旅北海道 38/76」  五厘沢温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる