北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #56 「湯けむりの旅北海道 55/76」  知床温泉

<<   作成日時 : 2018/09/20 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録55湯目は「知床温泉」訪問記です。


知床と聞くと、オホーツク管内「斜里町ウトロ」と根室館内「羅臼町」を思い出されるかと思います。

しかし当時の知床はどちらかというと「ウトロ」側の方が著名で多くの方が訪れていました。


知床横断道路(国道334号)の全線開通は1980年(S55)で、北海道にある国道(海上国道2路線除く)36路線のうち、冬期間通行止となるのは唯一この知床横断道路のみです。

知床横断道路開通によりウトロ地区と羅臼地区が最短で往来可能となり、貴重な観光ルートとなっています。


そして、2005年(H17)7月17日、知床は「世界自然遺産」に登録されました。
http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/isan/


国道334号からウトロ地区を眺望してみます。

画像



本の中で紹介しているのは「知床温泉(知床第一ホテル)」です。
https://shiretoko-1.com/




本の取材が行われた1986年(S61)2月の浴槽写真が紹介されています。

画像
※「湯けむりの旅北海道」より引用



最近、知床第一ホテルを有名にしたのは、テレビCMで流れている夕食バイキング「マルスコイ」かと思います。
https://shiretoko-1.com/meal/

これを見た特に子供は両親やおじいちゃん、おばあちゃんに「行きた〜い!!」とおねだりするかもしれませんね。

もちろん大人が行っても楽しめますね。


建物が高台にあるので、お風呂からの眺望もすばらしいです。
https://shiretoko-1.com/spa/


知床第一ホテルはお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、ご家族連れでお楽しみいただけるホテルです。

その魅力を紹介した動画ありますのでご覧下さい。







ウトロに来たら大きなホテルも良いですが、一人旅や温泉仲間と訪れるのであればこじんまりとした温泉への立ち寄りがおススメです。

こちらは「国民宿舎 桂田」です。
http://shiretoko-hotel.jp/


ホームページを開き、この画像が目に飛び込んで来たら多くの方は感動の声を挙げずにはいられないことと思います。

画像
※「国民宿舎桂田HP」より引用

何と素敵な絶景でしょうか!

この景色に遭遇できただけでもこの温泉を訪ねた価値がありますね。




以下、我が家が2009年訪問時の写真で紹介させていただきます。

道路入口の案内看板です。

画像



こちらが宿正面です。

画像



道外ナンバーも多くなっています。

画像



小さいながらも源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。

画像




そして道の駅「うとろ・シリエトク」にも立ち寄りたいですね。
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2884/

画像

画像







■「知床温泉(知床第一ホテル)」はこちらです。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #56 「湯けむりの旅北海道 55/76」  知床温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる