北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #54 「湯けむりの旅北海道 53/76」  岩尾別温泉

<<   作成日時 : 2018/09/18 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録53湯目は「岩尾別温泉」訪問記です。


今回ご紹介するのは「岩尾別温泉(ホテル地の涯)」です。
http://iwaobetu.com/



「北海道内で宿泊できる秘境温泉は?」

と聞かれれば「岩尾別温泉(ホテル地の涯)」と答える温泉ファンが多いことと思います。



2015年6月訪問時のホテル正面です。

画像



本の中で紹介されている丸太をくり貫いた露天風呂です。

取材は1985年(S60)6月です。

画像
※「湯けむりの旅北海道」より引用



それではホテル内の温泉へ行ってみたいと思います。

画像




この日は秘境ツアーの団体が入っていました。

画像



こちらが内風呂です。

画像




そしてこちらが混浴の露天風呂(丸太)です。

※男性、女性の内風呂から露天風呂へ出るとここに出ます。

画像



奥に女湯ドアが見えます。

画像


先程の本で紹介されていた露天風呂はここかもしれません。
※私は本で紹介されてる時代に訪ねていませんので定かではありません。


画像


案内看板に従って向かうと混浴の庭園露天風呂があります。

画像



ホテル地の涯にある浴槽も十分大自然を堪能いただけますが、ここへ来たらホテル内の温泉よりも楽しみにされているのがホテル前にあるこちらの無料露天風呂かと思います。

画像



案内看板に従って坂を下ります。

画像



そこには名物「三段の湯(無料)」があります。

画像



三段の湯は上が熱く下が温めです。

お好みの浴槽に入浴します。

画像



あの中国で空前の大ヒット映画『非誠勿擾(邦題:狙った恋の落とし方)』のロケ地としても有名になりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%99%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%81%8B%E3%81%AE%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E6%96%B9%E3%80%82










三段の湯からさらに少し行ったところに「滝見の湯」があります。

画像

画像



滝見の湯も無料です。

それでは失礼して・・・

画像



こんな素晴らしい湯が無料なんて信じられませんね。


しかし!!!!!


私が訪問した2015年の翌年「ホテル地の涯」は突然休業となりました。


ネット上の情報によれば今年(2018年)6月、再開とありましたが、あの三段の湯そして滝見の湯は閉鎖とありました。


岩尾別温泉ホテル地の涯と言えば、どちらかというと外の無料露天風呂が有名だっただけにとても残念に思っています。


やはり温泉は入れる時に入っておく!

これが鉄則ですね。




■「岩尾別温泉(ホテル地の涯)」はこちらです。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見しています。
岩尾別温泉の滝見の湯は2018年の8月に入浴できました。
三段の湯は残念ながら荒れ果てていました。
けぼ
2018/09/18 09:23
>けぼさん、コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。
滝見の湯は健在との情報をネットで拝見しましたが、三段の湯へ行く入口に立入禁止の看板があると拝見しました。
けぼさんが行かれた8月の時、立入禁止の看板は無かったのでしょうか?
温泉マン
2018/09/18 09:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #54 「湯けむりの旅北海道 53/76」  岩尾別温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる