北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #51 「湯けむりの旅北海道 50/76」  旭温泉

<<   作成日時 : 2018/09/15 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録50湯目は「旭温泉」訪問記です。



旭温泉は国道232号から6km程山中へ入った行き止まりにあります。
http://asahi-onsen.cocolog-nifty.com/

画像



こちらが温泉建物です。

開業は1978年(S53)です。

こちらの写真は2005年にリニューアル後のものです。

画像



本の取材時はこんな感じの建物でした。
※我が家が最初に訪ねた時はこの時代です。

画像
※「湯けむりの旅北海道」より引用




それでは建物の中へ入ってみたいと思います。

画像



営業時間は「8:00〜22:00(受付は21:30まで)」となっています。
※定休日は基本的にありません。

画像



こちらの券売機で入浴券を購入します。

大人500円、小人250円です。

画像



男湯の暖簾です。

画像



今は2種類の泉質を楽しむ事ができます。

浴室は「和風」「洋風」があり、それぞれ日替わりで男女が入れ替わります。

画像



この日、男湯は「和風」でした。


内風呂(和風)「旭の湯」です。

泉質は
「ナトリウム−塩化物泉」です。

画像



露天風呂(和風)「富士見の湯」です。

泉質は「ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉」です。

画像



和風と洋風は朝に入れ替わるので宿泊すると両方に入浴することができます。


かつて国道232号沿いに「羽幌線」がありましたが1987年(S62)3月30日廃止となりました。

国道沿線に当時の遺構が所々残っています。



旭温泉入口付近にもその遺構が残されています。

画像



鉄道(廃線)ファンの方には興味深い路線かと思います。




■「旭温泉」はこちらです。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #51 「湯けむりの旅北海道 50/76」  旭温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる