北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉と私 #32 「湯けむりの旅北海道 31/76」  見市温泉

<<   作成日時 : 2018/08/26 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズでお伝えしている、温泉研究家、松田忠徳氏が1987年に新聞連載記事を単行本にした「湯けむりの旅北海道(76湯)」備忘録31湯目は「見市温泉」訪問記です。


今回ご紹介するのは「見市(けんいち)温泉」です。
http://www.kenichi-spa.com/

画像


場所は旧熊石町、現在は八雲町となっています。

開湯は1868年、まさに江戸時代最後の慶応4年です。

前回紹介させていただいた臼別温同様、北海道にあって150年の歴史ある温泉です。


泉質は「ナトリウム−塩化物泉」「源泉掛け流し」の湯です。


北海道と命名されてから150年。

その歴史を共に歩いてきた名湯です。



今でこそ舗装された国道277号を通り、熊石側からは5km、車で7分程で訪ねる事ができます。

画像

画像



国道入口案内看板から少し坂を下った所に温泉があります。

画像




かつては、ニシン場として栄えた熊石から見市川を人一人通る事ができる道を6km程さかのぼらなければ辿り着けない秘境でした。

そんな苦労をしてまでやって来たのはそれだけ温泉の効能があったという事に他なりません。

まさに「湯」「治す」「湯治」でした。


こちらが玄関になります。

画像



入ると「受付」があります。

画像




浴室案内です。

画像



浴室入口の暖簾です。

画像



こちらが内風呂(男湯)です。

画像




そして露天風呂(男湯)は私の大好きな、川のせせらぎを聞きながら入る事ができます。

画像




見市川が眺められる休憩スペースです。

画像

画像



舗装された道路があるとはいえ、その環境は今も秘湯感一杯です。

宿泊して「熊石産アワビのフルコース」を堪能するのも良いですね。
http://www.kenichi-spa.com/#s4





■「見市温泉」はこちらです。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター





ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー






温泉と私 #32 「湯けむりの旅北海道 31/76」  見市温泉 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる