温泉観光地実地体験の旅 その9 「東京散歩 part2 温泉銭湯」

旧東海道におけるイベント立ち寄りを終えこれから都内の温泉銭湯へと移動します。
実は会場近くに温泉銭湯があるのですが営業時間が15時からですので、後でここへ戻ってくることとしイベント会場から最寄り駅である京急新馬場駅へ向かいます。


画像



この駅を利用するのは初めてになります。

画像



電車を下記のように乗り継ぎます。

新馬場駅(京急)→品川駅(京急)→品川駅(JR)→目黒駅(JR)→目黒駅(東急)→(目黒線)→武蔵小山駅


移動中の写真をあまり撮っていないためとびとびの写真になってしまう事をお許し下さい。


画像


東急目黒線に乗車し武蔵小山駅で下車します。


ここで降りたということは・・・・もう行く温泉はおわかりですね。


はい、武蔵小山温泉「清水の湯」です。
http://www.shimizuyu.com/

画像



この日は土曜日ですので正午から営業しています。

画像




ここ武蔵小山温泉では都内で多く見られる「黒湯」とヨード成分が豊富な「黄金の湯」の2種類を楽しむ事ができます。


温泉をゆっくり堪能した後は武蔵小山名物のアーケード商店街を歩いてみたいと思います。

画像



この商店街は4年前に友人と歩いた事があり大変懐かしい感じです。

そして東京の焼き鳥屋さんには北海道で見られる豚串が売っていない事に気付きました。

画像


東京では当たり前の事かもしてませんが、逆に北海道の焼き鳥屋さんの多くで豚串が売られています。

実は私は豚串が大好きなのですが、東京ではなかなか出会う事が少ないのでちょっぴり残念な気持ちです。




さて、4年前の時もそうですがこの武蔵小山商店街を通り抜けその先にある戸越銀座商店街にも行ってみたいと思います。
http://www.tenjinyu.com/

画像



ユニークな名前のお店があり歩いているだけでもとても楽しめます。

画像




4年前、ここに大分名物鶏の唐揚げのお店があるとの事で立ち寄った事を思い出しました。

画像



「とりあん」というお店だったのですが・・・


現在は違う店名になっていますが、昔同様鶏の唐揚げを売っているようです。

画像



お店前にあったこの看板が気になったので唐揚げと一緒に注文してみました。

画像


画像


お味の方はまずまず美味しかったです。


戸越銀座と言えばここにも「戸越銀座温泉」という温泉銭湯があります。

画像



4年前に来たとき入湯経験があるので今回は通過させていただきます。

画像



それでは次の目的地へ移動したいと思います。

東急池上線「戸越銀座駅」から電車に乗ります。

画像



蒲田方面へ乗車します。

画像




本当は蒲田まで行き温泉銭湯に入る予定でしたが途中で気持ちが変わりました(笑)


旗の台で大井町線に乗り換える事にしました。

画像


画像



大井町駅からバスに乗り、お昼に訪ねていた新馬場の「天神湯」に行きたいと思います。

画像



新馬場でバスを降り天神湯にやってきました。

画像



館内は撮影禁止なので写真はありません。


黒湯を楽しませていただきました。


ここから羽田空港までは新馬場駅から京急線を利用すれば20分少々で到着ですが、飛行機の時間までまだまだ余裕があるので再びバスに乗りJR蒲田駅まで行きたいと思います。



バスに乗ると普段電車では見ることのない地域の生活感を感じる事ができます。


一番感じたのは乗車される方に高齢者の方が多い事です。


高齢者の都民の方はバス乗車に関する優遇措置があるようで、電車に比べ自宅から身近にあるバスが利用しやすいのだと思いました。


新馬場からJR蒲田駅までバスで約50分ほど時間を要しました。
これも貴重な経験です。


本当は蒲田駅近くの黒湯にも立ち寄りたかったのですが、お時間となりましたのでJR蒲田駅から羽田空港までバスで向かいたいと思います。

画像



温泉観光士取得のため今回4泊5日の旅もこれで終了です。

それしても今回は実に新たな出会いが多かった旅でした。

旅でご縁をいただきました皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



■「武蔵小山温泉 清水湯」はこちらです■


■「天神湯」はこちらです■

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント