浜里パーキングシェルターとオトンルイ風力発電(幌延町)

日本最北の温泉、「稚内温泉童夢」を後にして、道道106号稚内天塩線を南下します。
この路線は内陸部を走る国道40号と違い北海道の大地を実感できる風景を楽しむ事ができます。
この路線は常時強風が吹くところで、冬期間は吹雪のため通行止になることもしばしばです。




道道を南下していると前方にシェルターが見えてきます。

画像




ここは「浜里パーキングシェルター」です。

画像



単なるシェルターではなく「パーキングシェルター」と名前が付けられています。



そうなんです、この区間は冬期間を除き一見穏やかな風景ですが地吹雪になるとその視界はゼロになることも珍しくありません。




※うまく動画が再生できない方は下記サイトを参照願います。
 ↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=nl76emCt9cw



こうした異常気象に遭遇した場合の待避先として用意されているのが「パーキングシェルター」です。

内部はこんな感じです。

画像



確かに道路上には障害物になる物がないので、吹雪いたら視界がなくなるのは当然のことですね。

画像




さらに道路を南下すると強風を活かした風力発電所があります。

画像





幌延町の「オトンルイ風力発電所」です。

http://www.town.horonobe.hokkaido.jp/www4/section/soumu/le009f0000001a4l.html#s2




全長3.1km、全28基の風力発電は何とも壮大です。



この日も風が強く風車が勢いよく回転していました。



※うまく動画が再生できない方は下記サイトを参照願います。
 ↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=NHJ9PFQIZQU





北海道のお住まいの人にはもしかするさほど珍しくもないかもしれませんが、道外の方にとっては北海道の大自然を感じていただける光景かと思います。


さてさて、さらに自宅へ向け南下を続けます。


途中にある名湯を思い出したのでちょっと立ち寄って行く事にします(^o^)




■「浜里パーキングシェルター」はこちらです■

大きな地図で見る



■「オトンルイ風力発電所」はこちらです■

大きな地図で見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック