雪のない東京が羨ましい

毎年1月下旬は仕事関係のイベントが東京で開催されるため出かけていたのですが、昨年からそのイベントがなくなってしまいました。
昨年はイベント開催はありませんでしたが全国にいる仲間が東京へ集結し土木施設の見学会等を実施し互いの友好関係を深めたのでした。
今年はそれもなく何となく寂しさを感じている私です。


さてここ最近の大雪で悩まされている者にとって、テレビニュースで雪のない東京を見ると正直とても羨ましく感じてしまいます。


こんな時こそ雪のない東京でのんびりと都内見物でもしてみたい気分になります。


今年はいつものイベント開催はありませんが、東京から仕事関係のお客様が札幌へいらっしゃいますので、そのお手伝いをさせていただく予定でいます。



先月東北新幹線が新青森駅まで全線開通しましたが、早く道都札幌駅まで来て欲しいと願っています。

新幹線


東京駅で乗車し札幌駅のホームに降り立つ・・・・鉄道ファンならずとも道民悲願の思いです。

きっと生きているうちに開通する事はないと最近諦めムードになっている私です。




さて、今回札幌へお越しになるお客様は新幹線ではなく羽田空港から新千歳空港まで飛行機で来られます。

羽田




雪のない羽田から飛行すること1時間30分、新千歳空港は辺り一面の雪景色となります。

新千歳



それでも新千歳空港から札幌中心部にかけては驚く程の積雪量とは感じないかも知れません。



しかし、札幌より北部の町では異常な降雪量を記録しています。

除雪作業中の事故で骨折や打撲、そして不幸にもお亡くなりになった方まで出ている状況です。

本当に今年の雪はまさに災害と言うに相応しい状況です。


ここ最近、公共事業費の極端な減少により建設業の倒産や廃業が目立っています。

こうした除排雪には地場建設業が大きな戦力となるのですが、建設業者数減少に伴い除雪用重機や排雪に欠かせないダンプトラックの絶対数が不足しています。

排雪
排雪の遅れは公共交通機関であるバスの定時運行もままならず、朝夕の通勤・通学に多大な影響を及ぼします。
さらに緊急車両も走行できず、火災による消火活動や救急搬送もできません。



以前から言われてきたことですが、建設業を一般産業と同様に市場原理主義に基づき放置し続けるならば今以上市民生活にとって惨状が待っている気がしてなりません。

これはこの時期の雪害ばかりでなくここ最近の気象異常に伴う災害全般に言えることと思います。




さて除雪に疲れた市民にとってささやかな癒しは温泉かもしれません。

たまゆら桑園


しかし最近の温泉の混み様は異常といって良いかもしれません。


勝手な想像ですがそれだけ除雪作業に疲れきった方が多いという事でしょうか。



今月末、東京から来られる方もこの雪を見てさぞかし驚かれる事と思います。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 和友

    こんにちは~
    今年は全国的に雪が多いみたいですね~
    雪が降ってないのは東京近郊ぐらいのようです
    ボクの故郷もご存知のように雪が多いところですが
    屋根の雪おろしや毎日の雪はねって大変ですよね~
    東京は雪がないのはいいのですが今年はとても寒いです
    家の構造や暖房のせいもあるんでしょうが
    なんだか北海道のほうが暖かい感じがします
    東京のこの時期は連日晴天が続き真っ白な富士山がハッキリと見えます♪
    2011年01月19日 12:44
  • 温泉マン

    ●和友さん
    これだけ雪に苦労してもみんな北海道が大好きなんです。
    もちろん私も含めてですが・・・(笑)
    2011年01月19日 22:19
  • 北のテッチャン

    新幹線開業後の併行在来線問題も気になりますな~
    2011年01月19日 22:34
  • 温泉マン

    ●北のテッチャンさん
    たしかに在来線の問題が気になりますね。
    2011年01月20日 09:46

この記事へのトラックバック