出張旅行記 #9 土木遺産

今回箱根の旅を計画した際、私のブログ仲間であるクマさん「箱根に行くなら立ち寄ったら良い場所がありますよ」と教えていただきました。
その場所とは2005年土木学会選奨土木遺産となった箱根地区国道1号施設群です。


●箱根地区国道1号の橋梁・洞門(旭橋、千歳橋、函嶺洞門)
http://www.jsce.or.jp/branch/kanto/04_isan/h17/h17_1.html


箱根登山鉄道「塔ノ沢駅」で下車した私は国道1号に向かって坂道を下ります。

一の湯案内

私は今回の箱根の旅でこの写真に写っている案内看板にある「一の湯」を宿泊候補に挙げていました。


一の湯の経営改革は多くのマスコミ等に取り上げられ温泉ファンの間でも今注目されている温泉旅館の一つかと思います。

元々は箱根の高級旅館だったのですが、現在はリーズナブルな料金で最高のもてなしをいただける宿として大変人気のある庶民的旅館に変貌を遂げています。



今回はブログ記事で紹介させていただいた通り強羅温泉にある文部科学省共済組合保養所「強羅静雲荘」に宿泊しました。
次回箱根訪問時は是非宿泊してみたいと思っています。




さてさらに坂を下ります。


坂の途中から国道1号が見えてきました。

函嶺洞門が見える


千歳橋が見える



塔ノ沢駅から下りて来た道もいよいよ最後の階段となりました。

下を走る道路は国道1号です。

国道1号が見えた


皆さんご存じのように、ここ国道1号は毎年正月恒例の箱根駅伝が行われるコースです。
※往路5区、復路6区となる区間です。


さて今回こちらの土木遺産見学を推奨してくれた前述の”クマさん”はマラソンを趣味とされている方です。


全国各地で開催される種々様々な大会に参加され、私の地元北海道で開催される北海道マラソンにも毎年来られている方です。

しかも年齢が50代後半にも関わらず昨年の北海道マラソンでは4時間を切って完走されています。

ただただそのパワーにいつの圧倒されています。



私はそのような走りはできませんがメタボ解消のため歩く事はできます。(笑)

ということで国道1号を箱根湯本駅方面へ向かって歩いて行く事にします。



まず最初に「千歳橋」があります。

千歳橋


橋の諸元は
竣工年:昭和8年
構造形式等:鉄筋コンクリート下路式タイドアーチ橋
橋長 25.5m 幅員 9.0m 

となっています。




千歳橋から100mほど歩くと「函嶺洞門」があります。

函嶺洞門入口


函嶺洞門全景


諸元は
竣工年:昭和6年
構造形式等:RC 長さ 100.9m、幅員 6.3m

となっています。






「函嶺洞門」から250mほど歩くと「旭橋」があります。

旭橋


旭橋-2


橋の諸元は
竣工年:昭和8年
構造形式等:鉄筋コンクリート下路式タイドアーチ橋
橋長 39.5m 幅員 10.0m 斜度 10度


以上の土木遺産の管理者は神奈川県となっています。

と言うか、この国道1号は国土交通省が管理しているのではなく神奈川県土整備部小田原土木事務所が所管しているのですね。

北海道では国道は全て国土交通省北海道開発局が所管しているので、この辺りが全国の地方整備局との違いなのでしょうか。






■「千歳橋」はこちらです。








■「函嶺洞門」はこちらです。









■「旭橋」はこちらです。

















それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • クマ

    走るのが好きな市民ランナーにとって、この路は、なんとしても走りたい路なんです。
    何年か前に、東京丸の内から1泊2日でタスキを継がずに箱根駅伝を走破したことを思い出しました。
    2010年02月05日 12:34
  • 温泉マン

    ●クマさん
    今回は大変有意義な場所をご紹介いただき誠にありがとうございました。
    私はクマさんと違って歩くことしかできませんがこの日は天候も良く大変楽しくメタボ対策に相応しいウォーキングとなりました。(笑)
    この付近の風景は私も好きになりました。


    >何年か前に、東京丸の内から1泊2日でタスキを継がずに箱根駅伝を走破した
    >ことを思い出しました。
    そんなイベント(?)があったのですか??
    2010年02月05日 18:25
  • クマ

    24時間テレビの坂本さんが企画したもので、丸の内に集合、5~6人の時差スタート、荷物は宿泊先(大磯プリンスH)まで搬送。
    翌朝は、大磯から芦ノ湖まで。ゴール後に温泉も用意されていました。
    2010年02月06日 15:14
  • 温泉マン

    ●クマさん
    へぇ~、そんな企画があったのですね。
    それにしても全区間走られた事はとても凄い事ですね。
    とにかくクマさんの想像を絶するパワーには脱帽です。(笑)
    2010年02月06日 17:58

この記事へのトラックバック