新天然温泉「ゆころ」

私のお気に入りソフトクリームを食べ国道393号を倶知安町へ向け車を走らせます。

倶知安町界隈の温泉と言えば倶知安町はもとより、京極町真狩村ニセコ町蘭越町と温泉ファンにはたまらない温泉の宝庫です。

この界隈の温泉はほとんど制覇してる温泉マンですが、我が家が北海道全湯巡り後に誕生した温泉には未入浴となっている温泉があります。

今回訪ねる温泉もその一つです。

倶知安町ヒラフ地区ペンションエリアにある温泉です。

しかも源泉100%掛け流しの上、今では数少ない飲泉も可能な温泉です。


その温泉は新天然温泉「ゆころ」です。


国道5号からニセコヒラフスキー場方面へ道道343号蘭越ニセコ倶知安線を走行します。
※国道5号をニセコ方面へ直進した道道631号ニセコ高原比羅夫線からも行けます。

しばらくすると左手電柱看板に「ゆころ」を案内する標識があります。

標識に従って車を走らせます。

ヒラフスキー場の信号交差点を左折します。

駐車場看板
↑【新天然温泉「ゆころ」】

道案内に従って走行すると「ゆころ」駐車場に到着です。





宿の全景
↑【新天然温泉「ゆころ」】

「ゆころ」には宿泊施設もあります。

右手が宿で左手が温泉施設です。






温泉入口拡大
↑【新天然温泉「ゆころ」】

温泉入口へは階段を登ります。





券売機
↑【新天然温泉「ゆころ」】

玄関右手に券売機があります。

入浴料は大人600円です。






フロント
↑【新天然温泉「ゆころ」】

入浴券をフロントへ出します。






女湯のれん
↑【新天然温泉「ゆころ」】

玄関を入り左手が女湯になっています。







男湯のれん
↑【新天然温泉「ゆころ」】

玄関を入って右手が男湯です。







脱衣ロッカー
↑【新天然温泉「ゆころ」】

こちらが男湯の脱衣ロッカーです。




ご承知のようにヒラフ地区にはオーストラリア人の方が多く住んでおられ、スキーシーズンにはオーストラリア本土からも多くのスキーヤーがここヒラフに来られます。

ロッカー使用法英語表記
↑【新天然温泉「ゆころ」】

という事でロッカーの利用法にも英語表記の説明があります。



ゆころの英語説明
↑【新天然温泉「ゆころ」】

そして「ゆころ」の説明も英語で書かれています。






さらに入浴に関する注意については4ケ国語で書かれています。

入浴前の心得・4カ国語表記
↑【新天然温泉「ゆころ」】

日本語、英語、中国語、韓国語で説明されています。






さて、浴室へ行ってみます。

浴室への階段
↑【新天然温泉「ゆころ」】

浴室へは脱衣室横の階段を下へ降りていきます。





内風呂
↑【新天然温泉「ゆころ」】

こちらが内風呂です。源泉が掛け流しされています。





飲泉用の枡
↑【新天然温泉「ゆころ」】

何と飲泉用の枡が置かれていました。

源泉100%掛け流しの湯の中でも飲泉が可能な場所は大変稀です。




それではまず内風呂でゆっくりさせていただきます。

内風呂・温泉マン入浴
↑【新天然温泉「ゆころ」】

何とも良い湯です。


この時は他にお客さんがいらっしゃらなかったので貸切状態で楽しませたいただきました。

次に露天風呂に行ってみます。

露天風呂
↑【新天然温泉「ゆころ」】

こちらは露天風呂です。空気がとても清々しい感じがします。




湯温は41度と長湯に適温です。

露天風呂・温泉マン入浴
↑【新天然温泉「ゆころ」】

しばし外の新鮮な空気を吸いながら温泉を堪能させていただきました。




■ 新天然温泉「ゆころ」 ※動画 ■





脱衣室にあった温泉分析表です。

温泉分析表別表
↑【新天然温泉「ゆころ」】

保健所の確認シールがしっかりと貼られています。



私の記憶ではここヒラフ界隈における源泉100%掛け流しの湯は、ここ「ゆころ」とスキー場にある老舗の「山田温泉」だけだったように思います。


山田温泉
↑【山田温泉 ※冬期休業中】

山田温泉は現在冬期スキーシーズンしか営業していません。




山田温泉は現在冬期間しか営業していないため、夏場に源泉100%掛け流しを楽しめるのはここ「ゆころ」だけかも知れません。


さて、次回は私の大好きな山中牧場ソフトクリームと甲乙付けがたい美味しいソフトクリームを食べに行きたいと思います。




住所は
北海道虻田郡倶知安町山田163-53

日帰り入浴利用時間:(定休日 火曜日)
 ・4月~11月  平  日:17:00~21:00
            土日祝日:14:00~21:00
(※12月から3月の営業時間は違うようですので事前にご確認願います。)
TEL 0136-23-3434

入浴料 600円


■新天然温泉「ゆころ」はこちらです。


より大きな地図で ゆころ を表示









それでは。

この記事へのコメント

  • ジェベリスト777

    ニセコ比羅夫ですか!

    学生の頃、何回か山田温泉ホテルにスキーで泊まりました。
    まだ営業していたのですね!
    スキーシーズンだけとは・・・少し残念です(++;
    2009年05月31日 14:48
  • 温泉マン

    ●ジェベリスト777さん
    久し振りに比羅夫を訪問しました。

    昔、比羅夫スキー場の温泉と言えば山田温泉でした。
    最近は周辺に温泉ホテルが急増したので冬期限定で営業しているようですね。
    2009年05月31日 17:02
  • ゆぅ&かん

    こんばんは~(^^)

    お久しぶりです‥(--;)
    ご無沙汰しておりました‥(-。-;)

    『ゆころ』源泉100%の良い温泉ですね‥!!!
    ニセコはけっこう行ってるんですけど知りません
    でした‥(^^;)
    今度行ってみますね、でも平日は、PM17時から
    ですか‥(--;)
    平日行く事が多いので‥(^^;)
    2009年06月02日 21:14
  • 温泉マン

    ●ゆぅ&かんさん
    お久しぶりです。
    ブログ拝見してますよ~。
    随分と遠方まで探索の旅お疲れ様です。

    「ゆころ」は私が滞在中の時間、他にお客様がいなく貸切状態で利用できました。
    久し振りに正真正銘の源泉を堪能させていただきました。

    是非お出掛け下さい。
    私も近いうちにもう一度訪問したいと思っています。
    2009年06月02日 22:07
  • 温泉マンさん こんにちは。
    ゆころ は 土・日は2時から営業なのですが平日は5時から・・・と 遅いのが私にとってネックです。立ち寄りたくても時間が合わないのですよ~
    画像を拝見すると 良い湯ですね!
    玄関前の湯槽?いつ見ても涎が出てしまいます(汗)
    2009年06月04日 09:01
  • 温泉マン

    ●☆さん
    おはようございます。

    時間的に入浴が難しい方も多いかもしれませんね。
    久々に本物の温泉に入浴した感じがしています。
    ☆さんも是非どうぞ、良い湯ですよ!

    玄関前の湯槽・・・入浴したくなる気持ち、わからなくはないです。(笑)
    2009年06月04日 09:09
  • 温泉大好き

    [天然温泉ゆころ]は確かに良い温泉です。
    しかし番人のおじさんのあいその無い事はなはだしい。
    しゃべってて腹がたちました。
    二度と行く気はありません。
    2013年08月18日 16:30
  • 温泉マン

    >温泉大好きさん、コメントありがとうございます。それはちょっぴり残念でしたね。
    北海道の人って歓迎の気持ちを表現しにくい方が多いのも事実です。
    また良い湯を見つけてお訪ね下さい。
    2013年08月20日 00:49

この記事へのトラックバック

黄金温泉(こがねおんせん)
Excerpt: 一昨日関西からお客様が来られました。 今回私が企画させていただいた勉強会における発表者の一人として遠路北海道まで来ていただきました。 実は4月中旬にも北海道へ来ていただたのですが、その時予定してい..
Weblog: 北海道人の独り言
Tracked: 2012-06-08 14:07