占冠から穂別へ

さて時間も遅くなってきたのでそろそろ帰る事にします。
来た時は日高町を経由し国道237号を北上してきましたが、帰りは道道136号夕張新得線、道道610号占冠穂別線を経由して戻ります。

この2本の道道は昨年10月開通した道東自動車道トマムIC開業に合わせ整備されました。

トマムICと十勝清水ICが結ばれた事により、道央と道東を結ぶ難所「日勝峠」を通らずに帯広・釧路方面へ行くことができるようになりました。


特に冬期間の日勝峠は大型車による事故も多発ししばしば通行止なる例も多くありました。

今回の道道を経由しトマムICから道東自動車道を利用する事により峠通過を回避することができるため通年安全通行が可能となりました。


道道へはトマム方向から来た場合、道の駅のある交差点を右折します。

占冠交差点
↑【国道237号・道道136号夕張新得線交差点】






右折後も整備された舗装路が続いています。

国道分岐直後
↑【道道136号夕張新得線】

ここは道道136号夕張新得線です。






大型車走行・左カーブ
↑【道道136号夕張新得線】

写真のアングルがちょっと悪いですね。

以前と違い大型車の通行が目立ちます。





広い道路・右カーブ
↑【道道136号夕張新得線】

大変快適な走行ができます。






平成23年度の開通を目指し道東自動車道の工事が行われています。

占冠側
↑【道東自動車道 占冠~穂別間工事中】

こちらは占冠方面です。






穂別側
↑【道東自動車道 占冠~穂別間工事中】

こちらは穂別方面の占冠トンネル工事風景です。





道道136号夕張新得線は途中から道道610号占冠穂別線へ入ります。

画像
↑【道道610号占冠穂別線】

以前は幅員の狭い砂利道でしたが、国道274号へと短絡路として整備されました。





道央と道東が高速道路で結ばれる日もそれほど遠くなくなりました。

物流や観光そして地域医療に対し大きな期待が寄せられています。



●「道東自動車道開通予定」 ※NEXCO東日本ホームページより
http://www.e-nexco.co.jp/open_schedule/hokkaido/hokkaido02.html



■「道道610号占冠穂別線と国道274号交差点」はこちらです。










それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

  • MALICE

    こんばんは。トマムICと十勝清水ICが結ばれた事によって「日勝峠」を通らずに行けるんですよね。帯広等は年に1回しか行かないので、まだ通ってませんが。

    日勝、狩勝は霧が凄いですよね。明後日頃から峠は雪になるみたいなので気をつけないと。
    2008年10月10日 22:58
  • 温泉マン

    ●MALICEさん
    昨年開通した道東道トマムICと十勝清水IC間開通は効果が大きいようですね。
    特に冬期間の「日勝峠」は事故多発で通行止となる機会が多かったので大型車の運転手さんも安心して走行できるようになりましたね。
    道東道の全通が待ち望まれます。
    2008年10月11日 05:43

この記事へのトラックバック