札幌市内の銭湯 #4 『伏見温泉』

札幌市内銭湯シリーズ4回目です。
今回は中央区にある「伏見温泉」を紹介します。
温泉マンの私としては最近遠くの温泉に行く体力がありませんので、しばらくは札幌市内の銭湯巡りがライフワークになりそうです。


ここ「伏見温泉」、名前に”温泉”の文字がありますが、天然温泉ではありません。

銭湯周辺はマンション等が立ち並ぶ住宅街です。


建物正面

↑【伏見温泉】

こちらが銭湯正面です。

建物前が駐車場になっています。



下足箱玄関から番台方向

↑【下足箱】                              ↑【玄関から番台方向】

入口入って右側に下足箱があります。

玄関から番台方向を見てみます。



番台のご主人

↑【番台のご主人】

銭湯のご主人はどなたも明るい笑顔でお客様を迎えてくれます。

本当に気持ちがいいですね。




飲物クーラー・自販機男湯のれん

↑【飲み物クーラ】                           ↑【男湯のれん】

銭湯ではこのように飲物がクーラー内にあり、支払いを番台でするタイプが多いようです。

さて、男湯ののれんをくぐり中へ入ります。




脱衣室

↑【脱衣室】

100円硬貨式(使用後返却)のロッカーと脱衣かごがあります。




体重計

↑【伏見温泉】

最近すっかり見かけなくなった体重計です。

小学校の身体測定を思い出してしまいました。



脱衣室から浴場方向

↑【脱衣室から浴室方向】

どこの銭湯でも本当に隅々まで清掃が行き届いており、清潔感が溢れています。




洗い場全景

↑【浴室 洗い場】

通常の銭湯の洗い場パターンと同じです。




主浴槽

↑【伏見温泉 主浴槽】

こちらが主浴槽です。




他の浴槽全景

↑【伏見温泉 その他浴槽】

主浴槽以外に薬湯湯がありました。




宝寿湯説明本日の湯ワインイヴタス説明

↑【伏見温泉 湯の説明】

薬湯に関しての説明が書かれてありました。




よいこのやくそく

↑【伏見温泉 よいこのやいくそく】

前回の記事でも書きましたが、子供の入浴マナーのためのもここに書いてある事は守らせたいですね。




入浴心得

↑【伏見温泉 入浴心得】

大人も子供も入浴マナーを守ってお互い気持ちよく入浴したいものです。




風呂イスの整頓状況

↑【風呂イスの整頓】

どこの銭湯でもそうですが、必ず風呂イスや風呂桶はきちんと整理整頓されています。

お客様も入浴後きちんと元の位置に戻しています。
大型の入浴施設ではこのようなマナーは見られません。





帰りがけ番台のご主人に、私が札幌市内の銭湯巡りをしているとお話しすると

ご主人:「札幌の銭湯マップ持ってますか?」

私:「いや、持ってません」

ご主人:「以前はここにも置いてあったんだけど今なくなっちゃってねぇ~。なんだったら組合寄ってもらっていったらいいよ」

とアドバイスいただき、組合の住所を教えていただきました。

まぁ、これからどれだけ回れるかわかりませんが、あると便利な資料なので組合に立ち寄ってみる事にしました。

組合は中央区大通西16丁目にあります。


北海道浴場会館

↑【北海道浴場会館】

ここが組合がある場所です。

ビル2階に事務所があり、札幌銭湯マップをいただきました。


銭湯マップゲット

↑【銭湯マップをゲット】

今後の良い資料になりそうです。

マップを見るとホームページのURLが記載されていました。

●北海道公衆浴場業生活衛生同業組合ホームページ
http://www.kita-no-sento.com/toppage.html

今のいままでこんなHPがあるなんて全く知りませんでした。(驚)




ふと、マップをめくると・・・・・

いま札幌の銭湯がおもしろいの言葉。

そして、そこにバスタオルを巻いた美女の姿が・・・・・・

俄然力が湧いてきました。
さぁ、頑張って全部回るぞ!!



■いま札幌の銭湯がおもしろい

いま札幌の銭湯がおもしろい




いただいたマップには94ヶ所銭湯が記載されています。

今回で4ヶ所目の紹介、以前手稲区にある「あけぼの湯」も紹介したので合計5ヶ所です。
あと89ヶ所・・・・・頑張ります!



「伏見温泉」、住所は札幌市中央区南17条西17丁目3-24

営業時間は14:00~22:30で、毎週月曜日が定休日です。


■「伏見温泉」はこちらです。








それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • かりん

    コンパクトながら色々な種類が楽しめる温泉ですね。
    主人さんも人柄がよさそうな人で。
    温泉マンさん写すのが旨いですよね。
    男性の皆さんにとってはこの感じのマップ案内(写真)って嬉しいのかな?
    89ヶ所めぐりが終えた頃には、温泉マンさんが一回りも二まわりの小さくなっていたりして。
    温泉情報を楽しみにしています。
    2007年09月22日 08:05
  • 温泉マン

    ●かりんさん
    お褒めいただきありがとうございます。
    札幌銭湯巡りは冬用のネタ対策です。
    夏以上に遠出できなくなりますので、冬に備えています。(笑)

    パンフレットの女性は構図が気にいったのです。(爆)
    正直これから仕事が忙しくなるので、ブログ記事も飛び飛びになるかもしれません。(私は記事を溜め置きしない性格なので・・・)
    出張の際はいつもの「仕事ついでの温泉巡り」を書きたいと思います。
    2007年09月22日 09:48
  • もぐら

    本日仕事上広島のカプセルホテルに泊まっています。
    温泉では無いにしてもゆっくりとお風呂に入ることはうれしいものですね。
    今備え付けのPCで書き込んでいますが、こんなに早く寝る準備ができるのはうれしいものです。

    あの子供向けの注意事項ですが、子供に言っているふりして大人にも言っていることと私は思います。

    楽しい時を作る温泉はマナー良くですね。
    2007年09月22日 23:40
  • 温泉マン

    ●もぐらさん
    今日はカプセルホテルにお泊まりとの事、お仕事ご苦労様です。

    そうですね、銭湯の注意書きは間接的に大人にも言っていますね。
    最近、大人のマナーも乱れてきていますので、お互い気持ち良く入浴したいものですね。

    ところで、今のカプセルホテルってPCが備え付けなんですか?
    ここ10年くらいカプセルホテルに泊まった事がないので最新設備状況がわかりません。(笑)

    でもこんなに早く床に入っても寝られないのではないでしょうか。
    カプセルホテルがある周辺って繁華街なんですよね。
    無理して寝ようとする方が良くないのでは・・・・(爆)
    2007年09月22日 23:59
  • 砂漠のメロン

    伏見湯味がありますねー 今度行ってみます
    2007年12月03日 17:21
  • 温泉マン

    ●砂漠のメロンさん
    初めまして。ようこそ当ブログにお立ち寄り下さいました。

    ここはいい味してますよ。
    そしてご主人の人柄もいいんですよ。
    是非お訪ね下さい。
    2007年12月03日 17:32

この記事へのトラックバック