日帰りの旅【空知・富良野編】その1『中小屋温泉』

先日【特集】としてニセコ周辺の温泉をご紹介しました。
女房と久々の日帰り温泉旅行でした。
「昔取った杵柄」とは良くいったもので、温泉歩きの虫がすっかり呼び戻されました。
先日日曜日再び女房と日帰り温泉の旅に行って来ました。
今回は「空知・富良野編」です。


全10回程の記事になるかと思います。

あらかじめお断りしておきますが今回立ち寄った全ての温泉に入浴した訳ではありません。
北海道全湯巡りをしていた若き頃(約20年前)は1日に5ヶ所位の湯に入るのは平気だったのですが、最近年には勝てず多くの湯に入浴できなくなってきました。

実際に今回入浴した温泉は数少ないので、昔訪問した際の記憶や一部写真そしてHP情報を交えながらの紹介とさせていただきます。


今回最初に「中小屋温泉」を紹介します。

●中小屋温泉(北海道新聞温泉情報より)
http://onsen.hokkaido-np.co.jp/cont/onsendata/1710.php


実は中小屋温泉は当別町にありますので、正確には空知・富良野編には当てはまりませんが、まぁ細かい事は目をお瞑り下さい。

●当別町ホームページ
http://www.town.tobetsu.hokkaido.jp/


当別町には温泉施設が2ヶ所あります。

●当別町ホームページ(町内温泉紹介)
http://www.town.tobetsu.hokkaido.jp/kankou-map06.htm

1ヶ所目は当ブログ過去記事でも紹介しましたふとみ銘泉万葉の湯です。


そしてもう1ヶ所が今回紹介の中小屋温泉です。


札幌方面からですと国道275号を当別町方向へ進みます。

当別の国道直角交差点を右折し約10km走行すると左手に温泉入口を示す標識があります。

実はこの標識よりも、温泉入口直前左手にセブンイレブンがあるので、そちらの方が目印になるかと思います。


国道入口


↑【中小屋温泉 入口標識】
国道275号からここを左折します。


■場所はこちらへ■

中小屋温泉





国道左折アーチ


↑【中小屋温泉 国道入口】
左折すると温泉を示すアーチがあります。



温泉への道


↑【中小屋温泉への道】
温泉は国道から約800m程奥へ入った所にあります。



建物全景


↑【中小屋温泉 建物全景】
温泉建物の全景はこんな感じです。



玄関玄関・90.02.04画像


↑【中小屋温泉 玄関 '07年6月3日】               ↑【中小屋温泉 玄関 '90年2月4日】
温泉玄関です。

過去何度も来ているので、今回は入浴していません。
露天風呂や大浴場、超音波浴場があります。

17年前の冬に訪ねた際の玄関付近の写真がありました。
夏と冬では周りの景色が一変します。



玄関横の木々玄関横木々90.02.04画像


↑【中小屋温泉 建物横の木々 '07年6月3日】         ↑【中小屋温泉 建物横の木々'90年2月4日 】

綺麗な木々が建物横にあります。

冬は白一色の銀世界になります。



●日帰り利用
・営業時間 9:00~21:00
・入浴料金 大人400円  小人200円
・泉質    硫化水素泉
・効用    神経衰弱・創傷・ヤケド・慢性リウマチ・皮膚病・神経炎







ここで番外編で近くにあるJRの駅を紹介します。

駅名はJR北海道「本中小屋(もとなかごや)駅」です。

国道入口付近にその駅はあります。
(温泉までは駅から約800mあります)

JR学園都市線(正式名:札沼線)にある駅です。

当然ながら無人駅です。
北海道の場合、都市部及びその近郊には有人駅が存在しますが、それ以外ではほとんど無人駅の場合が多くなっています。


駅全景


↑【JR本中小屋駅】
貨車を改良した駅舎です。
北海道にはこのタイプの無人駅が多くあります。



駅舎内部


↑【JR本中小屋駅】
駅舎の内部です。




時刻表運賃表


↑【JR本中小屋駅 列車時刻表】                  ↑【JR本中小屋駅 運賃表】
駅舎内部に「列車時刻表」と「運賃表」がありました。

想像するに利用者はそれほど多くないと思います。

私的にはこのようなローカル列車の旅が大好きなのです。



駅名標


↑【JR本中小屋駅】
駅名標です。



下り月形方面ホーム上り札幌方面ホーム


↑【JR本中小屋駅 下り(月形・浦臼方面)】           ↑【JR本中小屋駅 上り(当別・札幌方面)】
左手が下り方向で、月形、浦臼そしてこの路線の終着駅である新十津川方面です。

右手が上り方向で、当別、札幌方面となっています。


もし列車でこの周辺を旅されたい方は、平成19年11月25日までの土・日・祝日と
平成19年7月14日~8月12日の毎日発売されているJR北海道の「一日散歩きっぷ(道央圏用)」はいかがでしょうか。

大人2040円(小人1020円)で一日、道央圏の普通、快速列車が乗り放題です。
(乗降可能区間は下記サイトでご確認下さい。)

詳しくはこちへ
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/t4_e.html


たまにはお一人で、または親子ご夫婦でのんびりとローカル列車の旅はいかがでしょうか。




【鉄道ミニクイズ】
通常列車に乗る場合、最低乗車券の購入が必要です。
さらに特急、急行列車に乗車する場合、特急券、急行券が別途必要になります。

しかし、JR北海道路線内で特例として乗車券のみで特急、急行列車に乗車できる区間があります。

さてそこはどこでしょうか?

今回ご紹介の「一日散歩きっぷ」でもその区間に限り、別途特急券、急行券を購入する事なく利用する事ができます。

回答はコメントでお願いします。





本日ご紹介の行程は次の通りです。

中小屋温泉行程図






それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック