我が家一押しの温泉銭湯

私は自宅の風呂に1ヶ月1~2回程度しか入りません。それ以外は温泉銭湯に行くからです。今までも何回か当ブログでその温泉銭湯の名前が登場していましたが、昨日写真撮影してきましたので詳細を紹介させていただきます。
今では我が家のお風呂変わりになっている温泉銭湯です。

その名は「北のたまゆら」です。

●天然温泉やすらぎの湯「北のたまゆら」ホームページ
http://tamayura.ftw.jp/

札幌市内に下記の3店舗があります。
店舗右側に我が家から車での所要時間を表記します。

1.桑園店(20分)
2.東苗穂店(25分)
3.厚別店(35分) ※高速利用の場合25分

温泉銭湯の名の通り入浴料金は銭湯と同じです。

現在大人390円です。

開業は次の順です。
1号店は桑園店、2004年4月14日オープン。
2号店は東苗穂店、2005年9月7日オープン。
3号店は厚別店、2005年12月8日オープン。

経営母体は札幌のクリーンリバーというマンションメーカーです。

3店舗とも行ったことがありますがいつも大変多くの利用者で賑わっています。

我が家では3店舗のうち距離的な関係から東苗穂店桑園店に行く機会が一番多いです。

両店舗は浴槽種類や施設構造が若干違っており我が家ではその時の気分で行く先を決めています。


そのうち「東苗穂店」がお気に入りなので今回紹介させていただきます。


場所はこちらです。






我が家がなぜ気に入っているのかについては館内写真紹介の中でご説明していきます。

※本日の写真も携帯電話カメラのため一部画像が不鮮明のものがありますのでご了承願います。


01建物全景02駐車場


↑【北のたまゆら東苗穂店】                      ↑【駐車場】
昨日は月曜日という事もありやや空いていました。

駐車場はここ以外にもあり、まず満車になる事はほとんどありません。
(今まで数十回訪問していますが満車になった事はありません)


☆大駐車場完備は車で訪問する際のポイントです。
これはVery good!です。



03営業時間04名前由来


↑【営業時間】                              ↑【名前の由来】
深夜1時迄の営業は嬉しい限りです。

「北のたまゆら」名前の由来が書かれています。

☆深夜遅くまでの営業は気になるポイントです。
これもVery good!です。




05入浴料金06下足箱


↑【入浴料金】                              ↑【下足箱】
玄関左手に入浴料金の書いた紙が張ってありました。

下足箱は100円硬貨式です。100円は使用後戻ります。




07入って正面08券売機


↑【玄関を入った所】                           ↑【入浴券売機】
正面にフロント(受付)が見えます。

フロント手前に入浴券の券売機があります。

タオル販売バスタオルレンタルも行っており、手ぶらでの立ち寄りでもOKです。

☆タオル販売は当たり前ですが、バスタオルレンタルはポイントです。
これもVery good!です。




スタンプサービスが実施されています。
平日大人1回の入浴に付き、1個スタンプを押してもらえます。
10個溜まると平日1回の入浴無料もしくは北のたまゆらオリジナルフェイスタオル等がもらえる特典があります。



画像


↑【フロント】
いつも明るい笑顔でお客様を出迎えてくれます。



09のれん10脱衣室


↑【入口のれん】                             ↑【脱衣室】
ここで男女別に分かれます。

入ると広い脱衣室があります。



11上がり湯


↑【上がり湯】
内風呂入口左手に「上がり湯」があります。




20洗い場全景20洗い場拡大


↑【洗い場(全景)】                           ↑【洗い場(拡大)】
洗い場も大変広いです。

洗い場の数も多くあり、混雑時でも困る事はありません。
銭湯タイプの温泉でカラン(洗い場)が多いことは大切な要素です。

何よりシャワーの出がとても強いのです。
我が家で行く温泉銭湯の中でTOPクラスです。

シャワーの出が弱い所は何となく行く気が引けてしまいます。


☆洗い場の数もシャワーの強さもポイントです。
これもVery good!です。



内風呂は4つの浴槽があります。

1つ目は天然温泉の浴槽です。(茶褐色の湯)

2つ目はブラックシリカの湯。(無色の湯)


23電気風呂25ミストサウナ


↑【電気風呂】                                       ↑【ミストサウナ】
3つ目の浴槽は電気風呂です。

4つ目は水風呂ですが、写真を撮り忘れました。

ミストサウナもあります。
私はこのミストサウナが好きです。



35サウナ室


↑【高温サウナ室(ブラックシリカ使用)】
高温サウナもあります。

私はあまり高温サウナが好きではないので、今まで1回しか利用した事がありません。




30露天入口31露天全景


↑【露天風呂入口】                           ↑【露天風呂全体】
内風呂から露天風呂へ行ってみます。

露天の全体的感じはこのようになっています。



32露天・天然温泉


↑【露天風呂(天然温泉)】
天然温泉の浴槽があります。
窓越しにサウナ室が見えます。

その隣にジェット風呂があります。




34寝湯


↑【寝湯】
さらに隣に寝湯があります。
これは私もお気に入りで良く利用します。

足下からお湯がジェット噴射されており心地よくうたた寝できます。


☆浴槽の種類も清潔感もポイントです。
これもVery good!です。




11化粧台12持参ドライヤー


↑【化粧台】                                ↑【持参ドライヤー使用可】
いつも清潔に保たれている化粧台です。

通常は備え付けのドライヤーだけの利用が普通ですが、ここには持ち込みドライヤーが利用できる専用コンセントがあります。

ちょっとした気遣いが何とも嬉しいです。
やはりマンションメーカーさんの心配りなのでしょうか。


それと清掃の方が頻繁に脱衣室や洗い場を巡回し清潔さを保っています。
これも我が家が行く温泉銭湯の中ではTOPレベルです。

☆お客様への気配り、清潔感もポイントです。
これもVery good!です。



60マッサージ機自動販売機


↑【マッサージ機】                            ↑【自動販売機】
風呂上がりにマッサージも良いでしょう。

あと、手もみの足つぼマッサージもあります。
20分コース1500円(40分コース3000円)と大変リーズナブルな料金で利用できます。
私も良く利用します。
入浴前に予約しておくこともできます。

自動販売機台数も多くお好みの飲み物を飲むことができます。

ちなみに牛乳(コーヒー、フルーツあり)の自販機(メグミルク)は脱衣室にあります。




レストラン全景


↑【レストラン全景】
レストランも併設されています。

受付を通らずに利用できますので、入浴しない方も食事だけの利用ができます。




ねぎとろ丼とそばミニ天丼とそば


↑【ねぎとろ丼ともりそば)】                      ↑【ミニ天丼とかけそば】
たくさんメニューがあるのですが我が家で良く食べる2品を紹介します。

ねぎとろ丼とそば定食ミニ天丼とそば定食です。

そばはもり(冷)かけ(温)のどちらかを選択できます。

価格は500円とワンコイン。本当に安くて美味しいのです。
その他ワンコインで食べられるメニューも充実しています。

営業時間も夜11時までやっています。


☆メニュー、価格、営業時間もポイントです。
これもVery good!です。





喫煙室


↑【喫煙室】
私のような愛煙家はこちらへ。

喫煙室が用意されています。



1000カット案内画像


↑【1000円の床屋さん】
今流行の1000円で利用できる散髪屋さんです。

髪をカットしたあとは温泉へ直行。
これも最高です。
私も良く利用しています。



こうして見てみると行くことを否定する要因が見あたりません。

もし温泉銭湯満足度評価をするとすれば最高の「★★★★★」です。

隅々にまで利用するお客様の立場にたった気配りが随所に見られます。



私如きがいうのは失礼ですが 「あっぱれ!」 の一言に尽きます。


これからも大いに利用させていただきます。

それでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • nikumaru

    「たまゆら」はいつも混んでいて入ったことがありません・・。
    なのでnikumaruの入浴難易度は★☆☆☆☆です。(笑)

    シャワーの強さと洗い場は重要です。
    後ろの人のシブキが掛かるのは嫌なのです。
    2007年02月20日 21:10
  • 温泉マン

    只今、「たまゆら東苗穂」から帰って来ました。
    さすがにこの時間帯は空いていました。

    シャワーもギンギンに強かったですが、周りに誰もいなかったのでシブキを掛けることもありませんでした。

    明日から岩内へ出張です。
    ホテルで少しExcelを勉強しないといけません(笑)


    それでは。
    2007年02月21日 00:44

この記事へのトラックバック