北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道観光列車モニターツアー乗車記 その7「日本最北の温泉」

<<   作成日時 : 2017/11/08 07:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旭川駅を出発して約7時間、バスは稚内市中心部に到着しました。
ツアー参加者は宿泊先ホテルへと入ります。
宿泊先ホテルにて滞在中及び翌日の朝食などについて簡単な説明があり各自ルームキーを受け取りチェックインとなりました。
今回のモニターツアーでは夕食が付いていませんので各自夕食をとる事になります。


私を含め今回ご一緒いただいた4名は全員温泉大好きなメンバーですので先ずは温泉入浴したいと思います。

実は今回宿泊する「ドーミーイン稚内」には天然温泉施設があります。
http://www.hotespa.net/hotels/wakkanai/


しかし、今回同行いただいたメンバーはそれでは満足できません(^^;)


日本全国を旅していると「日本一のXX」という場所がります。

今回訪れた稚内市にはいくつかの日本一が存在します。
その中で温泉大好き人間の私にとってここ稚内市には「日本一最北の温泉」があります。


その温泉は稚内温泉「童夢」です。
http://onsen-domu.com/


その緯度は「北緯45度25分10秒」です。


※ちなみにドーミーイン稚内にある「天北の湯」は「北緯45度25分6秒」で稚内温泉「童夢」よりは僅かながら南に位置しています。




稚内市内から稚内温泉「童夢」までは路線バスも運行していますが、今回は時間が合いませんのでタクシーを利用します。
※路線バス(宗谷バス)の時間はこちらを参照願います。
http://onsen-domu.com/access/#bus

ドーミーイン稚内から稚内温泉「童夢」までのタクシー料金は2400円ほどです。


温泉からの帰りもバス時間が合いませんので、行きのタクシー運転手さんに帰りも温泉に来ていただく約束をしました。



温泉到着時、辺りはすっり暗くなっており、入口の写真を撮り忘れたので4年前に訪問した際のもので一部代用させていただきます。


こちらが温泉入口です。

画像



入口に歓迎のマットが敷かれています。

画像



入口を入ると左手に券売機があります。

画像


大人600円です。

入浴券を右手にある受付へ渡します。


受付では「稚内温泉入湯証明書」を1枚100円で販売しています。

デザインは3種類あります。

画像



日付も押していただけます。

画像


入湯証明書はラミネートされているため、その上から日付印を押すと、乾くまでしばし時間を要します。

したがって入湯証明書を購入し日付印を希望される方は入浴受付時に購入し押印いただき、帰りに受け取る事が可能です。


受付横には路線バス時刻の案内が掲示されています。

画像


これは嬉しいですね。



さて、温泉に入りたいと思います。


浴室は2階にあります。

画像



浴室内は撮影禁止となっていますので写真がありません。


1時間弱ゆっくりと温泉を堪能させていただき再びタクシーに乗り中心部へ戻り夕食にしたいと思います。


今回ご一緒いただいた美肌の方が受付時に「入湯証明書」を購入され日付押印を頼まれたので帰りにそれを受け取られました。

とっても嬉しそうなご様子でした。

画像





さて、今回ご一緒いただいたメンバーで日本最北温泉到達記念撮影です。

画像



今回はご同行ありがとうございました。


温泉に入りお腹も空いたのでタクシーで市内中心部のお店で夕食にしたいと思います。



■ドーミーイン稚内と稚内温泉「童夢」の経路はこちらです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道観光列車モニターツアー乗車記 その7「日本最北の温泉」  北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる