北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道観光列車モニターツアー乗車記 その19「復路、列車の旅・和寒駅」

<<   作成日時 : 2017/11/22 09:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

名寄駅を出発して46分、列車は和寒駅に到着しました。
ここでの停車時間は51分間です。
事前に送られてきたツアー行程にはお隣の塩狩駅停車の記載はありましたが和寒駅は無く、旭川出発時にいただいた行程表に記載があったので急遽ここへの立ち寄りが決まったものと思います。


和寒駅でも跨線橋を渡り駅舎へと向かいます。

画像



跨線橋から停車中の列車を撮ってみました。

画像



ツアー参加者は駅から徒歩2分程にある「和寒町交流施設ひだまり」へと向かいます。
http://www.town.wassamu.hokkaido.jp/affairs/city-building/guest-house-hidamari/

画像




画像



「かぼちゃ」などの農産物販売がありました。

画像



ご当地入場券もここで臨時販売されていました。

画像



そして最近「ダムカード」と並び密かに人気上昇中の「マンホールカード」も無料配布されていました。
http://www.gk-p.jp/mhcard.html


画像



カードのデザインになっているマンホールが実際どこにあるのか配布されていた方にお聞きすると役場前にあるとのことでした。

時間があるので是非行ってみたいと申し出ると「それではご案内しましょう」と言っていただき現地に連れて行っていただきました。

ご案内いただいた方は役場職員の方です。



画像



私以外にもツアー参加者の方お二人もご一緒に向かいました。

画像




「こちらです!」

と指された場所がこちらです。

マンホールカードと並べて撮影してみました。

画像



駅へ戻る途中、役場近くに和寒町商工会の建物があり、その2階部分に面白いものがありました。

画像



それは、玉入れ競技に使う「かご」です。

画像



不思議に思いネットで調べてみると・・・

http://www.town.wassamu.hokkaido.jp/industrial-development/commerce-tourism/event/put-ball-championship/

ナント、全日本玉入れ選手権が和寒町で開催されていて和寒町は「玉入れの聖地」になっているのですね。


いつもは車で国道を通過することの多い和寒町ですが、こうしてぶらぶら街歩きするのも楽しいですね。

これも列車の旅ならではかと思います。


さぁ、そろそろ列車に戻りたいと思います。

画像



他の参加者の皆さんも列車の方へ移動しています。

画像



さて、次の停車駅は10分で「塩狩駅」です。

画像



停車時間は56分間と長くなっています。


どんな出会いが待っているのでしょうか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道観光列車モニターツアー乗車記 その19「復路、列車の旅・和寒駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる