北海道人の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道観光列車モニターツアー乗車記 その18「復路、列車の旅・名寄駅」

<<   作成日時 : 2017/11/21 07:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

美深駅から19分、名寄駅に到着しました。
http://www.panotetsu.com/jr_hokkaido/12_souya/21_nayoro/hq_nayoro_tour/tour.html
停車時間は15分です。

画像



「名寄」と聞いて、皆さんは何を思いかべられるでしょうか?


現在、名寄駅は宗谷本線のみの路線となっていますが、かつては「名寄本線」、「深名線」の分岐駅で大変な賑わいのあった駅です。

昭和41年3月号の道内時刻表を見てみます。

名寄本線の時刻表です。

画像



深名線の時刻表です。

画像



名寄本線の廃止が国鉄民営化(1989年5月1日)の2年1ヶ月後の1989年5月1日であったのに対し、深名線廃止は国鉄分割民営化から6年4ヶ月後の 1995年9月4日でした。


遅れた理由は北母子里駅〜天塩弥生間の代替バスを走行する道道688号名寄遠別線「名寄峠」は冬期間通行止区間であり代替バスを通年運行する事ができなかったのです。


■名母トンネルと旧名寄峠(GoogleMap)
※地図を拡大すると旧道と深名線跡を見る事ができます。




したがって通年で通行可能となるトンネル(名母トンネル)の掘削が行われ、この開通を待って深名線は廃止となりました。

画像


幌加内町は現在上川総合振興局管内となっていますが、2010年(平成22年)3月31日迄は空知支庁(現、空知総合振興局)でした。

空知で生まれ育った私にとって幌加内町は今でも「空知」のイメージが残っています。


深名線跡は今も多くの鉄道ファンから注目を集めています。


その1つとして「旧沼牛駅」が保存されており、年に数回イベントが開催されています。
https://www.facebook.com/okaeri.numaushieki/

雪の重みで倒壊の危機にあった旧沼牛駅の駅舎は地元有志およびクラウドファンディングを活用して新しく蘇りました。
https://readyfor.jp/projects/kamitoshibetsu-numaushi

■修繕前の旧沼牛駅
画像


■修繕後の旧沼牛駅
画像




そして天塩弥生駅も現在旅人の宿として復活しました。
https://www.facebook.com/teya841/

画像



アクセス手段は深名線代替バス、「天塩弥生」バス停です。

画像



※深名線代替バスの時刻はこちらをご参照願います。
http://www.jrhokkaidobus.com/timetable/routebus_fukagawa.html





さて、話しをモニターツアーの戻したいと思います。

改札口付近でゆるキャラのお出迎えです。

画像



駅舎内の様子です。

画像



停車時間は15分間ですので、あまり遠くまで行くことができません。

参加者の皆さんは駅前周辺を散策です。

画像




名寄と言えば鉄道ファンは「キマロキ編成」を上げられる方も多いことと思います。
http://www.city.nayoro.lg.jp/section/museum/vdh2d10000003l32.html

画像


「キマロキ編成」は名寄市北国博物館前(旧国鉄名寄本線の軌道上) にあります。

冬期間はシートに覆われてしまい見ることができませんのでご注意願います。

画像




名寄駅から徒歩15分程ですので、夏のお天気の良い日は散歩に最適です。




駅前を散策していたら停車時間の15分はあっという間に過ぎ、出発の時間が近づいてきました。

画像

画像



ホームでは再びゆるキャラ「なよろう」がお見送りです。

画像


短い時間でしたがお世話になりました。

名寄とはお別れです。

画像



画像

画像

画像



列車が名寄駅を出発して1分、進行方向左手にシートに覆われた「キマロキ編成」がありました。

画像


あの勇姿は来春までお預けです。


次の停車駅は和寒です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

アクセスカウンター

[PR] 広告












ブログ内を検索

Google



温泉マンタオル
(ここで作製しました)

オリジナルタオル専門店タオルショップジェイピー



名言黒板





北海道観光列車モニターツアー乗車記 その18「復路、列車の旅・名寄駅」 北海道人の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる